CMや家電量販店の店頭など、さまざまな場所でよく見かけるようになったWiMAX。

「WiMAXってそもそも何?」
「WiMAXはWi-Fiと何が違うの?」

WiMAXが気になってはいるけれど一体どんなサービスなのかよくわからず、手を出せずにいる方も多いでしょう。

今回はそんな方のために、WiMAXの基礎知識やメリット・デメリット、初心者の方にもおすすめのWiMAX端末などをご紹介していきます。

この記事を読むことで、WiMAXを理解できるので、ぜひ参考にしてくださいね。

WiMAXとは「どこでもネットが使えるWi-Fi回線」のこと!

WiMAXのルーター

KDDI系列のUQコミュニケーションズ株式会社が提供しているWiMAX(ワイマックス)。

家でも外でも場所を選ばず、どこでもインターネットが使えるデータ通信サービスのことです。

モバイルルーターを使って電子機器にWi-Fiの電波を飛ばし、インターネットに接続します。

※モバイルルーターとは、「持ち運びができる小さなサイズの通信端末」のこと。

スマホ、ノートパソコン、タブレットなどネットワーク接続に対応した電子機器であればなんでも接続することができます。

WiMAXと「Wi-Fi」の違いって何?

WiMAXとWi-Fiの違い

WiMAXはWi-Fiと似通った仕組みのため、「どっちも同じなの?」と疑問を抱く人もいるでしょう。

しかし下記の表をみて分かるように、WiMAXとWi-Fiはそれぞれ特徴が異なります。

特徴
Wi-Fi
  • 限られた範囲にWi-Fiを飛ばす
  • NTT光などの固定回線
  • 基本的に無制限
WiMAX
  • どこでも機器にWi-Fiを飛ばせる
  • WiMAXの独自回線
  • 通信制限あり

このように、どちらも無線通信という点は共通していますが特徴は多少異なります。

自分のライフスタイルに合った通信方法を選ぶと良いでしょう。

WiMAXと「ポケットWi-Fi」は同じ?

WiMAXとポケットWi-Fiの違い

WiMAXとポケットWi-Fi、どちらもモバイルルーターを使う通信サービスですが、提供する会社やサービスの容に違いがあります。

こちらの表にまとめたのでご覧ください。

ポケットWi-Fi WiMAX
提供する会社 Ymobile!提供 UQコミュニケーションズ
提供
特徴 どこでもWi-Fiが使える
回線 softbank(ソフトバンク)回線 LTE/WiMAXの回線
通信速度
繋がりやすさ

このように2種類の大きな違いは、回線の種類になります。

WiMAXは独自回線とLTE回線の両方を介してWi-Fiを飛ばしているので、その通信速度も速いのが特徴です。

その一方ポケットWi-Fiは、ソフトバンク回線を使用しているため広い領域で使用できます。

使わなきゃ損!WiMAXを導入する6つのメリット

実際にWiMAXを導入すると、私達のインターネット環境にどのような変化が訪れるのでしょうか?

ここではWiMAXを導入すると得られる6つのメリットを解説します。

1. 工事不要ですぐにインターネットを使える

WiMAXは工事不要

WiMAXは、配線なしで買ったその日からインターネットが楽しめます。

面倒な配線工事をする必要がないため、工事費もかかりません。

また固定回線のように、ケーブルやモデムのコードがルーター周辺に絡まることもなく利用できます。

2. プランによっては通信制限を気にせず使える

WiMAXのギガ放題プラン

WiMAXが提供するプランの中に、「ギガ放題」というものがあります。

こちらは月間データ量の上限がなしでネットを使えるプラン。

3日で10GBまで高速インターネットが使用できるので、ゲームや動画も十分に楽しめます。

実際に、10GBはどれくらい使用できるのか気になる人は、以下のページも合わせて確認してみてくださいね。

【初心者必見】WiMAXの10GB制限はどれくらい使えるのか徹底検証!

3. 複数機器に対して同時にWi-Fiを飛ばせる

複数機器へWiMAXを飛ばす

WiMAXは1台あれば、

  • パソコンやタブレット
  • スマホ
  • ゲーム機
  • 音楽プレーヤー

など、複数の電子機器へ同時にWi-Fiを飛ばし、インターネットに接続できます。

ルーターの機種によって多少違いはありますが、1つのルーターにつき、同時に使える電子機器の数は10台前後。

外出先で友達とスマホゲームを楽しむときも、複数のスマホにWi-Fiを飛ばせます。

4. 宅内専用ルーターも完備

WiMAXの宅内ルーター

「外で使える」というイメージが強いWiMAXですが、宅内専用ルーターも完備しています。

こちらはモバイルルーターより電波が強く、階や部屋をまたいでも支障なく使えます。

またバッテリーではなくコンセントに接続して使用するため、固定回線のかわりとして充分に使えるでしょう。

5. auスマホ・ケータイの割引制度が充実

auスマホ・ケータイ割引制度

WiMAXには、auスマホ・ケータイの割引制度が充実しています。

その名も「auスマートバリューmine」。

WiMAXのWi-Fiルーターと、auのスマホやケータイをセットで使用することで、毎月の利用料金から最大1,000円割り引いてもらえるというサービスです。

割引額は加入しているauスマホの料金プランで多少違いはありますが、無料で加入でき、毎月の費用もかかりません。

6. 通信速度が速い!

WiMAXの通信速度

モバイルルーターの中では群を抜いた速度を誇るWiMAX。

通信速度を以下の表にまとめました。

上り(送信) 下り(受信)
意味 ネット上にファイルを転送する ネット上のファイルをダウンロードする
最大速度 10Mbps 758Mbps

通信速度は、上り(送信)よりも下り(受信)の方が速くなるように設定されています。

これは、ほとんどの利用者は、受信する機会の方が多いためです。

上り最高速度である10Mbpsは一般的な通信速度なので、動画、ネットサーフィンをする分には、まったく支障ありません。

一方、下り最高速度の758Mbpsは超高速のため、高画質の動画視聴や大容量の写真受信など大きいデータの通信もストレスなく行えるでしょう。

WiMAX導入前に確認すべき4つのデメリット

WiMAXには、メリットだけでなく、デメリットや注意点もいくつかあります。

知らずに購入すると、後悔する可能性もあるでしょう。

ここでは、WiMAX導入前に確認したい4つのデメリットをご紹介します。

1. 障害物があると通信障害を受けやすい

WiMAXの通信障害

WiMAXは電波の性質上、壁などの障害物があると通信障害を受けやすい傾向にあります。

地下室や防音ルーム、窓がない部屋や高いビルに囲まれた場所など、周りに障害物が多い場所で使う際は用心しましょう。

しかしWiMAX端末に搭載されている「ハイスピードプラスエリアモード」に切り替えることで、LTE回線を利用可能。

こちらのモードに切り替えることで、ビルなどの障害物があっても安定した速度を維持できます。

詳しくは、後述する「各種プランに適用されるLTEオプション」をご覧ください。

2. 3日に10GBの制限がある

WiMAXの3日に10G制限

前述のとおり、固定回線を通してWi-Fiを飛ばす場合などは通信容量の制限はありません。

一方WiMAXは回線混雑を避けるために、データ通信無制限プランでも3日に10GB以上使用すると制限がかかります。

そのため、実質無制限でWi-Fiを使うことはできないのです。

実際10GBを越えると、翌日18時~2時までの約8時間は1Mbps程度の通信速度に。

この1Mbpsでは、SNS閲覧やYouTube標準動画などの範囲内であれば問題なく利用できるでしょう。

しかし高画質動画の視聴やオンラインゲームなどは、厳しいでしょう。

3. 機器の充電が必要

WiMAXの充電

WiMAXのモバイルルーターは充電しなければ使えません。

充電するためのケーブルやACアダプターは、ほとんどの場合ルーターと別売りされています。

そのため買い忘れがないように気をつけましょう。

4. 契約期間の縛りがある

WiMAXの契約期間

WiMAXには、2~4年の契約期間が設けられています。

契約期間内に解約すると、最大約20,000円もの違約金を支払わなければいけません。

契約満了後、一か月以内の解約であれば違約金は発生しませんが、契約者側から解約を申し出ないと同じ契約期間で自動的に更新されてしまいます。

WiMAXが提供する2種類の料金プラン

WiMAXには、通信制限の内容や月額料金が異なる「通常プラン」と「ギガ放題プラン」の2種類のプランがあることをご存知ですか?

ここでは、それぞれのプランの内容や特徴を解説していきます。

月間7Gまでの「通常プラン」

契約年数 2年 3年 4年
月額 3,696円
通信量 月間 7G
LTEオプション 1,005円/月 無料

通常プランはお手頃な価格ですが、月間データ通信量には上限が設定されており、これを超えるとストレスを感じるほど遅い速度に制限されてしまいます。

そのため以下のような人におすすめです。

通常プランをおすすめしたい人
  • 料金を抑えたい
  • 自宅は固定回線がメインで、WiMAXは補助的に使用する
  • ネットはウェブサイトの閲覧程度

低価格な一方、1ヵ月7GBという通信容量の中でネットを使う必要があります。

実際に7GBはどの程度使用できるのか?目安を確認してみましょう。

7GBで出来ること

7GBの具体的な通信量は以下の通りです。

WEB閲覧 約 7,200ページ
音楽ダウンロード 約 255曲
YouTube(高画質) 約 7時間半

このようにネットサーフィン程度であれば、問題なく利用できる容量です。

しかしYouTubeなどの動画サービスで、高画質モードによる長時間の使用には不向きと言えます。

そのためメインとして使用するのではなく、サブの回線としての使用がおすすめでしょう。

月間上限なしの「ギガ放題プラン」

契約年数 2年 3年
月額 4,380円
通信量 月間 上限なし(3日で10GB制限あり)
LTEオプション 月間 7G(1,005円)
※使用した月のみ料金発生
月間 7G(無料)

通常プランよりは少々高くなりますが、データ通信量の上限がなく、高速通信のインターネットを使い放題できる「ギガ放題プラン」。

こちらは、以下のタイプにおすすめのプランです。

ギガ放題プランをおすすめしたい人
  • 動画をよく視聴する
  • 通信量を気にせずに、インターネットを使いたい
  • WiMAXがメイン回線

はじめの3ヵ月は、通常プランと同様3,696円で利用できます。

もし10GB通信容量を持て余してしまう場合は、通常プランに戻すことも可能です。

10GBで出来ること

10GBと言われても、実際どのくらい使用できるのか気になりますよね。

その目安となる使用量も合わせてみていきましょう。

WEB閲覧 約 30,000ページ
音楽ダウンロード 約 2,000曲
YouTube(高画質) 約 13時間

このようにファイルのダウンロードや動画の視聴も、安定した速度で問題なく楽しめます。

そのため固定回線の代わりとしても利用できるでしょう。

 

「LTEオプション」はどこでも安定した通信環境を維持できる!

WiMAXのLTEオプション

WiMAXの料金プランに必ず導入されている「LTEオプション」。

このLTEオプションとは、WiMAX端末に搭載されているハイスピードプラスエリアモード機能を指します。

上記のモードに切り替えることで、auの4GLTE回線を利用できる優れもの。

auのスマホ・ケイタイと同じ回線を使えるので、WiMAX回線より対応エリアが広く、通信状況も安定しているのがポイントです。

WiMAXの回線が不安定なときに対応できるので、便利なサービスと言えるでしょう。

プラン内容によってはLTEオプションを利用すると別途料金が発生しますが、快適なネット環境を求める人にとっては欠かせないサービスでしょう。

また契約年数によっては無料で利用できるので、ぜひ検討してみてくださいね。

提供するプロバイダで料金が変わる?代表的な6社を徹底比較

料金の比較

WiMAXを提供するプロバイダは、UQコミュニケーションズの他にも20社以上が存在します。

各社によってその料金プランも異なるため、「ギガ放題・契約3年」のプラン内容で代表的な6社を比較していきましょう。

端末代 月額 総額 キャンペーン
JP WiMAX 0円 2,800円~ 約 131,100円 amazonギフト
17,000円
son-net 0円 3,620円~ 約 138,725‬‬円 なし
BIGLOG 0円 3,145円~ 約 143,110円 キャッシュバック
150,000円
とくとくBB 0円 3,609円~ 約 144,942円 キャッシュバック
最大 36,150円
(※端末代の返金)
UQ WiMAX 3,800円~ 3,696円~ 約 146,288‬円 キャッシュバック
130,000円
broad WiMAX 0円 2,726円~ 約 158,725‬円 初期費用0円
(※18,857円が無料)
※2019年5月更新

こうしてみると、最安値のJPWiMAXがいいのかな?と感じますよね。

しかし価格が安い分、

  • 端末の種類が少ない
  • WiMAXのプラン内容が限られている
  • サポート体制が弱い

といったデメリットもあげられます。

料金プランだけに注目すると、契約後に不便さを感じることもあるので注意しましょう。

またプロパイダによっては違約金が高額であったり、キャンペーンの申し込みの行程が複雑で特典を受けられないことも。

まずはサービス内容もよく確認して、自分にあったプロパイダを見つけることが大切です。

初心者におすすめのプロバイダは「UQ WiMAX」

UQ WiMAX

これまで比較した6社の中でも、初心者向けのプロバイダ会社として注目したいのが「UQ WiMAX」。

料金プランだけ見ると、他社のほうが安いように感じますよね。

しかし本家大元のUQ WiMAXでは、初心者でも安心できる以下4つのポイントがあげられます。

UQ WiMAXを初心者におすすめしたい4つの理由
  1. キャッシュバックが受け取りやすい
  2. 店舗が充実している
  3. 公衆無線LANを無料で利用OK
  4. サポート受付時間が長く、無料で利用できる

UQ WiMAXは徹底したサービス体制を設けているため、何かわかないことがあったときもすぐ対応できます。

本家大元だからこそ信頼できる、といった利点もあげられますね。

さらに下記のボタンから申込手続きを行うと、今だけ最大13,000円のキャッシュバックキャンペーンも実施中。

このチャンスを逃さないためにも、UQ WiMAXが気になっている方は確認してみましょう。

WiMAXの端末は種類も豊富!選び方のポイント3つをチェック

一口にWiMAXといっても、端末の種類が豊富に用意されています。

そのため種類によっても大きく特徴が異なることも。

ここでは自分のニーズに合わせた端末を選ぶためにも、WiMAXを選ぶときに知っておきたい3つのポイントを紹介していきます。

1. 端末の回線速度

WiMAXは、その端末機種によって回線速度が異なります。

その違いが出てくる主な点は、上り(送信)・下り(受信)の通信速度です。

写真や動画の投稿などを楽しむ場合は、上りと下りの両方に注目して選ぶのがおすすめ。

もしネット閲覧だけであれば、通信速度をやや落とした価格の安いものを選んで問題ないでしょう。

このように、自分のニーズに合った回線速度の機種を選んでみてください。

2.  LTEに対応しているかどうか

WiMAX端末は、LTEに対応しているものを選びましょう。

LTEモードは、WiMAX回線が通っていない山間部や校外エリアに訪れた際に重宝します。

また電波をさえぎる障害物の多いマンションや高層ビルでも、LTEモードだと快適にインターネットを使うことが出来ます。

どこでも快適なネット環境を求める場合は、必ずLTE対応かどうか確認しておきましょう。

3. デザイン性

機種によってデザインやカラーが大きく異なるWiMAX端末。

デザイン性や携帯性も、端末を選ぶ上では重要なポイントです。

毎日使うものなので、自分の好みに合うデザインを選ぶと愛着がわき、大事に使えるようになりますよ。

また、大きすぎると持ち運びに苦労することもあるため、厚みやサイズは購入前に確認しておきましょう。

【初心者必見!】WiMAXのおすすめ端末3選

ここでは、以下の3つの観点から、初心者でも安心して利用できるWiMAX端末をご紹介します。

  • 初心者でも安心できるサポートが充実
  • 安くスマホを利用できる
  • どこでも問題なくネットを利用できる

種類がたくさんあって、どの端末を選べばよいのか悩んでいるという方は、ぜひ参考にしてみてください。

Speed Wi-Fi NEXT W06

Speed Wi-Fi NEXT W06

2019年1月にリリースされた最新ルーター「Speed Wi-Fi NEXT W06」。

LTE利用時867Mbps、通常時でも558Mbpsという他機種よりも頭1つ抜きでた通信速度を誇り、快適なインターネットを楽しめます。

LTE対応、ハイモードアンテナ搭載、連続通信時間約11.4時間という大容量バッテリーなど、全ての機能を備え、現行機種の中では、文句なしのNo.1。

WiMAX初心者の方にはもちろん、モバイルルーターを使う全ての方にぜひ選んでいただきたい端末です。

Speed Wi-Fi NEXT WX05

Speed Wi-Fi NEXT WX05

NECが開発した、安心の国産ルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX05」。

最高連続通信時間約14時間という、現行モバイルルーターの中で最も長いバッテリー持ちが特徴です。

電波が入りにくい屋内でも速度を20%改善させる「WiMAXハイパワー」など、通信の安定性をアップさせること細かな機能が充実していることも嬉しいポイント。

「モバイルルーターは、バッテリーの持ちが大事!」という方にはぴったりの端末といえるでしょう。

Speed Wi-Fi NEXT W05

Speed Wi-Fi NEXT W05

万人受けする優れたデザインが魅力的な「Speed Wi-Fi NEXT W05」。

ここ1年で発売された機種の中では一番厚さが薄く、持ち運びもらくらく。

その上、電波の入りが良い場所での通信速度は最新機種とほとんど変わらずデータ通信も快適です。

機能面はもちろん、オシャレさもゆずれないという方にぜひ使っていただきたい端末です。

あなたはWiMAXに向いてる?おすすめしたい人・できない人

YouTubeとスマホ

ここまでのWiMAXに関する基礎知識やメリット・デメリットのご紹介で、理解は深まったでしょうか?

実際WiMAXはどんな人が向いていてどんな人が向いていないのか、それぞれの特徴をあげながらご説明します。

WiMAXをおすすめしたい人

WiMAXをおすすめしたい人の特徴は以下の5つです。

  • どこでもスムーズにネットをしたい
  • スマホの通信制限が気にないる
  • 引っ越しが多い
  • 1人暮らしの人や、一般的な家族
  • コストを抑えたい

上記の特徴に当てはまる方は、ぜひWiMAXの導入を検討してみてください。

それぞれのライフスタイルに合わせて利用できるので、より快適なインターネットを楽しむことができるでしょう。

WiMAXをおすすめできない人

WiMAXをおすすめできない人の特徴は以下の4つです。

  • サービス対象エリア外で利用することがある
  • 外出先でインターネットをあまり使用しない
  • 固定回線と同等の通信速度を求める
  • 上り(送信)回線を頻繁に使う

WiMAXの醍醐味は、いつでも・どこでもネットを利用できること。

そのため基本的に自宅でネットを利用することが多い人は、KDDIの光回線など固定回線がおすすめでしょう。

まとめ

今回はWiMAXの基本知識やメリット・デメリット、初めての方にもおすすめの端末などをご紹介しました。

最後にもう一度、今記事の要点を確認しましょう。

  • WiMAXは「どこでも」Wi-Fiを利用できる
  • モバイル回線の中で最速の通信速度
  • スマホや固定回線に比べると電波受信が障害物に弱い

など、上記3つのポイントがあげられます。

「家でも外でも快適にネットを使いたい」
「自分に合ったWiMAX端末を見つけたい」

と思っている方は、この記事を参考に、自分に合ったWiMAXを見つけてくださいね。