冬デートの定番といえばイルミネーションデート。外は寒くても、美しくきらめくイルミネーションを見ながらふたりで歩けば、ロマンティックであたたかい気持ちになりますよね。

すでにお付き合いしているふたりはもちろん、気になる彼との恋を進展させたい!そんな風に思っている女性にもイルミネーションデートはピッタリ。夜、期間限定のイベント、美しい光の演出が重なって、恋を進展させるムードを盛り上げてくれるんです。

そんなイルミネーションデートにおすすめのプランと、失敗しないためのポイントをご紹介!冬限定のロマンティックなムードを味方につけて、彼とのデートを成功させましょう♪

おすすめのイルミネーションデートプランお教えします!

気になるイルミネーションスポットやイルミネーションイベントを見つけても、普通のデートとはちょっと違うのが「夜、暗くなってからこそ楽しめる場所」ということ。そして外歩きが多くなるデートだということを考えて、プランを立てるのがポイントです。

イルミネーションデートがますます楽しくなるような、デートプランで気をつけたいポイントについてまとめてご紹介します。

まず集合時間に気を付けよう

イルミネーションデートの本番は夜、暗くなってからです。イルミネーションまで距離があるような場所で待ち合わせするなら、夕暮れくらいからの待ち合わせもOK。日暮れのロマンチックな雰囲気も、ふたりの仲を後押ししてくれますよ。

近い場所にあるなら、暗くなってからの待ち合わせでもよいでしょう。デートする日の天気や気温にあわせて、念のため日没時間をチェックしておくとよいかもしれません。

イルミネーション前のデートも楽しむなら、彼と仲良くなってからがオススメ。初めてのデートや告白前の彼をデートに誘うのに、イルミネーション前のお昼からあちこち連れ回してしまうと、イルミネーションを楽しむ前に疲れてしまって、最悪の場合イルミネーションが点灯する前に解散…ということもあり得るかも。

気心が知れたふたりなら、イルミネーション前に映画やショッピング、遅めのランチなどを楽しむデートプランでも、気疲れすることなくデートを楽しむことができますよ。

ご飯の前or後どちらがベスト?

イルミネーションデートとディナーを一緒に考えているなら、早めのディナーを食べてからゆっくり歩きましょう。イルミネーションのあとに飲食店に移動しようとすると、予約時間や閉店時間を気にしながらのイルミネーション鑑賞になってしまいますし、19時~20時くらいに夕食を食べる場合、夕食後すぐに解散となってしまうことも考えられます。

ふたりがいつもどんな時間帯に夕食を食べているかにもよりますが、できればイルミネーションを見て歩く前に食べ終えて、イルミネーションは時間を気にせずゆっくり見て歩けると、よりロマンチックな雰囲気を楽しめます。

特にイルミネーションを見たあとに告白を考えているなら、絶対に食事後を選んだほうがよいでしょう。イルミネーションを見ながら告白して、万が一気まずい雰囲気になってしまったら、そのあとはディナーどころではなくなってしまいます。

もしもイルミネーション前になにかお腹に入れておきたいときは、カフェやスイーツ店などでお茶したり、軽食を食べる程度にとどめておきましょう。外歩きをすることを考えて、ドリンクはあたたかいものを選んでくださいね。

長時間の歩きは禁物

イルミネーションをじっくり見るのはとても楽しいものですが、季節は冬、そして夜の屋外を歩くことになります。あまり長時間歩くと体が冷えてしまいますし、同じ場所でずっと見ているというのも飽きてしまいます。

のんびり歩きながらでも飽きずにイルミネーションを見られるコースや、高台のような場所から景色を楽しんだあとに冷えた体を温められるような場所があるかどうか、事前にチェックしておくとよいでしょう。

公園のような場所でおこなわれるイルミネーションなら、公園の通路をぐるっと回るとすべてのイルミネーションが楽しめるように設計されていることがほとんどです。こうした場所のイルミネーションを見に行くなら、通路や順路に沿って歩くようにして、自分が見たいからといってあちこちてきとうに歩いたり、道を逆順に歩いてほかの人の邪魔にならないようにすることも大切です。

気持ちのこもったプレゼントでステキなデートを演出

イルミネーションデートのよいところでもあるのが、デート自体にお金がほとんどかからないということです。

道路沿いのイルミネーションならタダで見ることができますし、公園のような場所だとしても入園料は比較的安価。デートそのものにお金をかけたくない人だけでなく、デート以外にお金をかけたいという人にも向いています。

お金の問題だけじゃなく、ふたりでロマンティックな雰囲気を楽しみたい!というときは、彼にちょっとしたプレゼントをしてあげるのがオススメです。

プレゼントを選ぶときには、彼にプレゼントを渡してから歩くこと、自分が持ち歩くことなどを考えて、重たいものやサイズが大きいものは避けて、持ち歩きが苦にならないくらいのものにしてくださいね。その場でプレゼントを開けてほしいなら、ラッピングはかわいくてかんたんなものにするとGOOD!

女性は身だしなみも大事。どんなコーデが最適なの?

イルミネーションデートのプランが整ったら、今度は自分自身の身だしなみについても考えます。デートだからとかわいさだけを重視していると、思わぬ落とし穴にはまってしまう可能性も。外を歩く時間の長さを考えて、防寒と歩きやすさを重視したコーディネートがオススメです。

イルミネーションデートのときに注意したいコーディネートのポイントを抑えて、自分のせいでデートを台無しにしてしまった!なんていうことがないように備えましょう。

歩く場合を考えヒールは控えめに

イルミネーションは1カ所から見るだけではありません。道路沿いのイルミネーションを歩きながら見たり、点在しているイルミネーションを見るために移動したりすることもありますよね。イルミネーションデートは、たとえ街中だとしてもよく歩くことも多いのです。

靴やブーツを選ぶなら、たくさん歩くかもしれないことを考えて、ピンヒールや高すぎるヒールは避けましょう。そしておろしたての靴も、靴ずれの可能性が高くなるので×。歩きやすくはき慣れた靴を選びましょう。

露出は禁物。暖かい服装を

冬場で外歩きになるイルミネーションデートの服装は、かわいくてもとにかく「あたたかい」ことも大きなポイントです。露出の多い服装や薄着で外を歩き続けたら、寒くてイルミネーションどころではありません。

イルミネーションデートでは露出は抑えて、外歩きに備えたあたたかい服装を選びます。着ぶくれが心配なら、防寒ができる機能性インナーやタイツがオススメ。自分に似合う色合いや冬らしい素材を選んで、防寒しながらかわいらしさを演出してみてください。

トップスや小物はフワッと可愛く!

あたたかさとかわいらしさを両立したいなら、フワフワ素材のトップスや小物がオススメ!モヘアやフェイクファーなど、冬らしい素材を使った服や小物は、冬のかわいらしさを演出するのにピッタリ。その時期ならではのコーディネートを楽しみましょう。

防寒を重視しつつかわいさを演出するなら、マフラーやスヌード、ニット系の帽子もオススメ。色が暗くなりがちな冬のコーデに、明るめカラーや差し色でコーデに彩りを添えることもできます。

デートのプラン上、彼と一緒にいるときにアウターを脱ぐことがないなら、ボトムスや小物で冬っぽさを演出して。

持ち物チェック!バックの中身は何が必要?

服装だけでなく、持ち物もしっかりチェックしましょう。自分用の身だしなみアイテムだけでなく、何かあったときにサッと取り出して、彼に「気が利くな」と思われるアイテムを持ち歩けば、彼との距離がグッと縮まったり、彼からの好感度もグッとアップするかもしれません。

準備不足で彼をがっかりさせないためにも、いつものデート以上に気をつけておきたいポイントをご紹介します。

使い捨てカイロ

寒さ対策に欠かせないのが使い捨てカイロです。デートで歩き始めたときはそれほど寒くなくても、夜になっていくとどんどん気温が下がってしまうこともあるので、小型のタイプを彼の分とあわせて2つくらいバッグに忍ばせておくとよさそう。大きめのタイプを彼と一緒に使うのもオススメ。

小さなお菓子

寒い外を歩き続けていると、意外と体力を消費します。食事後でもイルミネーションを見て歩いていると、口寂しくなることが考えられるので、軽く食べることができる小さいパックのお菓子やキャンディ、ミントなどを持ち歩くのもオススメです。

ティッシュ

女性なら普段から持ち歩いて当然という人も多いでしょうが、寒い中を歩き続けていると、気をつけていても鼻水が出やすかったり、涙目になったりしてしまうことがあります。また普段使わない駅のトイレにティッシュがなかった!ということも考えられるので、ティッシュはいつもより少し多めに持ち歩くとよいでしょう。

折り畳み傘

特に天気予報で雨や雪が出ているときは、万が一を考えて折り畳み傘の用意を。サラサラ雪なら服や頭についても手で払うことができますが、湿気の多いべた雪や気温が高めで雨になってしまったら、デートも早く切り上げようか…ということになってしまうかも。

ハンドクリーム

冬場は外の空気が乾燥しているだけでなく、暖房などで室内も乾燥しています。デート中、手をつないだり手と手が触れあったりしたときに、指先がガサガサになっていたら、彼はがっかりしてしまうかもしれません。トイレに行ったときなど、指先や手にサッと保湿ができるよう、小さめのハンドクリームも用意しましょう。髪の毛先につければ、静電気対策にもなりますよ。

その他の注意点もおさえよう

デートプランや身だしなみ、持ち物がカンペキでも、うっかり出てしまう失敗もあります。イルミネーションデートでありがちな失敗を防ぐために、ちょっとしたことにも気をつけておきたいものです。

特にデートのあとに告白を考えているという人は、デートで失敗してしまったら告白にたどり着くことすらできないかもしれません。そうならないために、ありがちな失敗をチェックしておいてくださいね。

写真の撮りすぎはドン引き…

イルミネーションといえば、SNS映えする写真スポットでもあります。だからといって、彼をほったらかしにして写真を撮りまくっていては、彼もドン引きしてしまうかも。

写真を撮るなら、メインのイルミネーションや自分が本当にきれいだなと思った場所など、ある程度タイミングを絞って撮影するようにしましょう。少しこだわって撮影したいなら、あらかじめ彼に「写真撮ってもいい?」と断りを入れておくとベター。ただし、寒い中待たされる彼のことも考えて、ごく短時間で済ませるようにしてください。

彼とのツーショットを撮りたいときにも、自撮り棒の多用は彼が引いてしまうかもしれないだけでなく、周りの人に迷惑をかけてしまうことがあります。誰かに撮影をお願いするか、自撮り棒などを使うときもやはり短時間で済ませるようにしましょう。

混雑時間は必ず調べよう

イルミネーションの本番となる夜暗くなってからの時間帯は、同じようにイルミネーションデートを楽しむカップルや家族連れなどで混み合う可能性があります。道沿いのイルミネーションなら、会社や学校からの帰り道となって、帰宅ラッシュ時にはさらに混み合うことも。

見に行く場所を決めたら、混雑しやすい時間帯があるのかどうかを事前に調べておきましょう。人によっては人混みが苦手で、人混みの中にいるだけで苦痛を感じてしまうこともあります。デートを嫌な思い出にさせないために、混み合う時間は食事やお茶をして避けたり、曜日をずらしたりして、人混みが苦手な彼への配慮ができるとよいですね。

周辺のお店は混雑する。予約が吉◎

イルミネーション点灯期間は、それだけで人出が多くなります。つまり、イルミネーションがある周辺のお店や飲食店も、いつも以上に混雑している可能性が高くなるのです。

特に飲食店は、イルミネーションデートを楽しむカップルで満席ということも考えられるので、イルミネーションを見ながらディナーを楽しみたいと考えているなら、デートの日取りを決めてすぐに予約しておくとよいでしょう。

すでにイルミネーション周辺のお店がいっぱいになっていたとしたら、1駅くらい離れた場所での食事を考えてみるのもオススメ。1駅くらいならイルミネーションを見たほんわかした雰囲気のまま歩くことができますし、電車や地下鉄での移動も苦になりません。

マイナスワードはぐっと我慢

寒い中でイルミネーションを見ていると、うっかり口走ってしまいそうなNGワードがあります。せっかくの楽しい雰囲気を台無しにしてしまわないよう、デート中はネガティブなマイナスワードをガマンするようにしましょう。

  • 「寒い」「疲れた」を連発 …寒いのはみんな同じ、そんなあなたを連れている彼はもっと疲れているかも
  • 「混んでるね」と不機嫌 …混んでるのはわかってて来たはず
  • 周りを見て「みんな暇なのかな」 …人のことは言えません
  • 「楽しんでる?」彼の感情を確認 …「楽しくない」とは言いにくい、楽しさを強制しないように
  • 「来年も一緒に見られるかな」 …すこし重い

マイナスワードが出そうになったら、一呼吸おいてガマンするか、彼にかわいく甘えるように言えるとGOOD。寒いときには「寒いからもう少しくっついてもいい?」、疲れたら「ちょっと座っておしゃべりしない?」と、かわいいお願いをしましょうね。

まとめ

ふたりの距離をグッと近づけることができるか、告白もできずそのままフェードアウトになってしまうかは、デートプランやあなたの準備次第。お天気や混雑時間など最低限のチェックはもちろん、彼にあわせて歩く時間を調節したり、飲食店のジャンルを選んだりするとよいですね。

冬場で夜、そしてイルミネーションという特殊な状況が揃っている「今」だからこそできるデートを充実させて、彼に思いっきり甘えられる最高の雰囲気を楽しんでください!