それほど高くない結婚率を上げるためのポイントについて紹介!

かなり若いうちに結婚したカップルの中には、大学生カップルとして付き合い、そのままゴールインする方もいます。

ですが、大学生で恋人がいるけれどこの人と結婚できるのかな…と不安に思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで気になる大学生カップルの結婚率についてご紹介します。

結婚率をアップさせるにはどうすれば良いのかについてもご紹介するので、できるだけ早く結婚したいと思っている方も参考にしてみてくださいね。

大学生カップルの結婚率

大学生カップルの結婚率はズバリどれくらいなのか?というと、正確な数字はわかりませんが決して高いとはいえません。多くても3割以下だといえるでしょう。

このことを考えると、現在大学生で付き合っている恋人と結婚したい!と思っている方は何らかの対策を取っておかなければなりません。

そもそも、大学時代にラブラブでも結婚までたどり着けないのはなぜなのでしょうか。

大学生カップルが別れる理由

そもそも結婚する気がない

大学時代に付き合っている恋人との結婚を望むのは、特に女性側が多いようです。

できるだけ若いうちに結婚をして子供も産みたい!と思っている場合、今付き合っている彼氏との出会いを大切にしますよね。

一方で、男性側はあくまで今一緒にいたいから付き合っているといった考えの方が多く、結婚まで真面目に考えていない方もたくさんいます。

もちろん、男性側が結婚を強く希望するケースもありますが、そうでないケースも多いのです。

社会人になって生活が変わる

大学を卒業して就職し、毎日忙しく働くようになるとどうしてもすれ違いが生まれがちです。

それでもうまくいくカップルもいますが、お互いに違う職場で働くようになった場合にはそれぞれ別の交友関係が広がっていくことでしょう。

大学時代は毎日顔を合わせて話をしていたのに、そういった時間も取れなくなり、気づいた時には気持ちにすれ違いが…という方々も多いので、社会人になったあとはどのようにしてコミュニケーションをとるのかしっかりと考えておきたいですね。

職場で大人と接することが増える

どの職場でも先輩はいます。大学生の頃はまだまだ子供のような感覚ではしゃいでいたとしても、社会に出れば大人の一員として生活していかなければなりません。

そんな中で知り合った先輩の大人っぽさと恋人の子どもっぽさを比較してしまう方がいるようです。

自分自身は周りと恋人を比べないように注意していたとしても、恋人も同じように考えてくれているとは限りませんよね。

こういった細かいすれ違いが発生するのも大学生カップルが別れやすい大きな理由です。

大学生カップルが結婚まで進むには?


大学生カップルの結婚率はそれほど高くないとご紹介しましたが、それでも今付き合っている恋人と絶対に結婚したい!と考えている方も多いはず。

では、そのためにどのような対策をとれば良いのでしょうか。

結婚の意志について確認しておく

結婚は2人の同意がなければできないものなので、どちらか一方が結婚を強く望んでいたとしても、相手がそれに応じてくれなければ話になりません。

ただ単に今が楽しいから一緒にいてくれるだけかもしれないので、このあたりは一度話し合いをしておきたいですね。

また、相手が結婚に対して前向きだった場合、具体的にいつまでに結婚を考えているのかも確認しておきたいところ。

この点が曖昧だと、ただ単にその場の雰囲気を悪くしないための嘘をつかれている可能性もあります。

あまり結婚について急かさない

結婚の意志について早期の段階で確認しておくのもおすすめではありますが、だからといってあまりにも急かしてしまうのはNGです。

特に卒業間近の時期はいろいろと勉強しなければならないことや就職活動もありますし、実際に就職してからは仕事を覚えたり、職場に慣れるので大変な日々が続きます。

このような大変な時に結婚の話を出されたりすると気持ちが冷めてしまう可能性もあるでしょう。

焦って結婚をしてもうまくいくものではありません。この点は気を付けておきたいですね。

お互いに言いたいことをしっかり言い合える仲になる

お互いに遠慮をしているような付き合い方では結婚までたどり着くことはできません。

特に、どちらか一方が憧れて告白し、付き合い始めたようなケースでは相手に嫌われないように自分を取りつくろうようなこともあるでしょう。

しかし、結婚をするとなれば更に近い関係になるわけなので、不満や要望があってもそれを伝えられないようなカップルだとうまくいきません。

共通の趣味を一つでも多く作る

大学を卒業して働き始めると学生の頃のように共通の時間が取れない日も多いです。

相手をデートに誘いたいけれど疲れているかも…と遠慮して声をかけられないこともあるでしょう。

実際に、大学を卒業してからは相手に連絡をしにくい心境になり、気づいた時には関係が冷めていた方もいます。

そこで、共通の趣味を作っておくのもおすすめ。

共通の趣味があれば、それを理由にデートに誘いやすいですよね。

心に余裕を持つ

大学を卒業して就職すれば今までとは生活環境が大きく異なります。自分の周りにいる人も変われば、恋人の周りにいる人も変わっていくでしょう。

その中でよくありがちなのが、新しい環境で知り合った人間との浮気を疑うケース。

これが濡れ衣だった場合、疑われた方は面白くありません。

それまでと環境が変わって不安になるのは仕方がない事ではありますが、相手のことを信じ、心に余裕を持って接することが重要です。

学生結婚について

就職をし、生活が落ち着いてから結婚しようと考えている方もいれば、学生結婚を検討している方もいるはず。しかし、学生結婚は楽しいことばかりではありません。

大学に通いながら働いて十分な収入を得るのは非常に大変なことなので在学中に結婚をすると経済的な負担が大きくなる可能性があります。

就職活動にも影響あり

結婚をしていると就職活動する際に不利になることもあるのです。この点を十分理解し、本当に学生結婚をするのかについて考えておきたいですね。

卒業後の環境の変化

大学を卒業して社会に出ると世界は大きく広がります。大学の中には今の恋人以上に自分にぴったりの人がいない!と思っていたとしても、世界が広がればどうなるのかわかりませんよね。

実際に大学生時代に結婚したものの、就職した職場でもっと理想的な人が見つかり、結婚を早まった…と後悔している方も少なくないのです。

結婚のみにとらわれないようにしよう


今の恋人と一緒にいたいというよりも、「とにかくすぐに結婚したい」と思っていると、前が見えなくなる可能性があります。

それが相手にとって精神的な負担をかけ、結果的にうまくいかなくなることもあるので、結婚のみにとらわれるのではなく、心に余裕をもって結婚について考えていきましょう。

実際に結婚をすればお互いの生活に関する価値観の違いや、認められないポイントも出てくるかもしれません。

あまり焦り過ぎるのではなく、同棲などもした上で本当にその人が自分にとって理想的。

この人とならばやっていけると判断できるまでは焦って結婚しないようにしましょう。

大学時代に知り合った人と結婚ができれば、長くその人と一緒にいられます。

その一方でご紹介したようなデメリットもあるので、お互いの将来についてよく考えた上で付き合っていきたいですね。