別れてしまったけれどどうしても忘れられない元彼。バレンタイン近くになると、チョコをあげてもいいものか悩みますよね。

「元カノからチョコをもらっても迷惑かな?」
「バレンタイン用きっかけに復縁したい!」

そういった女性のために、別れたケースごとに復縁の可能性と、復縁を成功させるためのポイントなどについてご紹介します。

この記事を読むことによって自分は元彼にバレンタインチョコを渡して成功するかどうかが分かるので、参考にしてみてくださいね。

バレンタインの復縁の可能性を別れた状況別にチェック

バレンタインをきっかけに復縁に成功したというカップルは少なくありません。

2月14日が近づくと街中のバレンタイン色に彩られ、別れた元カノの事を思い出す男性も多いです。

ただ、復縁が期待できるかどうかは別れ方によっても変わってきます。

5つの別れた状況別にバレンタインデーでの復縁の可能性を確認してみましょう。

彼の浮気が原因で別れた

彼の浮気が大きな原因となってわかれてしまったようなケースでは、今現在彼の気持ちがどこにあるのかが重要になってきます。

軽い気持ちで特に好きではない相手と浮気をしてしまい、彼女と別れたようなケースだと、彼自身も復縁のきっかけを探していることが期待できるでしょう。

ですが、本当に好きな女性ができ、その人と浮気をしていたような場合は厳しくなってきます。

バレンタインチョコを渡すことを考える前に彼が浮気相手とどうなっているのか確認しておきたいですね。

自分の浮気が原因で別れた

自分の方が浮気をしてしまい、彼から振られて別れたのなら、彼が自分を許してくれるのかどうか考える必要が出てきます。

もし、彼が全く許していないような場合は、突然バレンタインにチョコを渡して「やっぱり好きだからやり直したい」と伝えても受け入れてもらえません。

まずは自分の印象を回復することから始めたいですね。

くだらないことでケンカ別れした

双方に本気で別れるつもりはなかったけれど、くだらない言い争いから別れに発展してしまうこともあります。

こちらの場合は、まだ元彼に気持ちが残っていることが期待できるので、バレンタインでの復縁の可能性もゼロとはいえません。

特に、別れてからまだそれほど時間が経っていないような場合は、仲直りのきっかけにもつなげられます。

すれ違いが原因で別れた

お互いに忙しい日が続いて会えなかったりすると、好きでも別れるという選択肢をとることがありますよね。

すれ違いが原因で別れてしまったのなら、その原因を取り除けていれば復縁の可能性も高くなってきます。

もし、その原因自体が解決できていないのなら、復縁できてもまたすれ違ってしまうこともあるので注意しておきましょう。

自然消滅で別れた

自然消滅でいつの間にか別れてしまったけれど、やっぱり気になる彼。そんな元彼との復縁にもバレンタインデーが役立ちます。

元彼が連絡先を変えていたりすると復縁の可能性は低くなってしまいますが、そうでなければ連絡を取るきっかけにバレンタインを役立ててみてはどうでしょうか。

自然消滅してからあまりにも時間が経っていると成功率が低くなるので、早めに連絡したいですね。

チョコを渡すのはやめておいたほうが良いケース

「別れた元彼と復縁したいから絶対にチョコを渡す!」とは考えないようにしましょう。

チョコを渡して復縁したいというのは、あくまで自分の気持ちであって、それを彼に強要することはできません。

彼の気持ちがすでに離れていて修復できない状態である場合、迷惑がられることも考えておかなければならないでしょう。

例えば、次に該当するような場合に本命としてチョコを渡すのはおすすめできません。

  • 別れた元彼にすでに新しい彼女がいる
  • 関係がまったく修復できていない
  • 彼は友達として接したいと考えている

復縁が難しそうな場合は復縁に向けてさらに努力をするか、新しい恋を探すことについても考えてみましょう。

バレンタインに向けた復縁作戦

バレンタインにチョコを渡したい、できれば復縁もしたいということであれば、そのための準備をしましょう。

別れた彼女が2月14日に突然チョコを持って現れるというのは唐突すぎますし、人によっては気味が悪いと感じてしまうので注意が必要です。

復縁に向けてのポイントを5つご紹介するので参考にしてみてくださいね。

まずは適度に距離を詰めよう

大切なのはある程度距離を詰めておくということ。

バレンタインに照準を合わせるのなら極端に仲良くなっておく必要はありませんが、LINEの連絡が取れるくらいまでには距離を縮めておかなければなりません。

別れた元カノとしてではなく、友達として接してもらえるくらいの距離にしておきましょう。

バレンタイン当日に突然連絡をしたり、彼を待ち伏せしてチョコを渡しても受け取ってもらえる可能性は低いです。

手作りチョコはNG

元彼に本気の想いを伝えるには気合を入れた手作りチョコが一番!と考える方もいますが、これはやめておいたほうが無難です。

元彼も100%あなたのことを好きで復縁を臨んでいるような場合は手作りもなしではありませんが、自信がない場合は友チョコとして贈ったほうが良いでしょう。

というのも、手作りチョコといえば本命チョコですよね。それを贈って断られてしまった場合、せっかく友達にレベルまで築けていた関係が一気に崩れてしまいます。

友チョコとして贈っておけば、元彼がすぐに復縁を考えられる状態でなくても、少しずつ距離を詰めていくことができるでしょう。

軽いノリのほうが受け取りやすい

日本人の場合は「バレンタインデーでチョコを渡す=告白」というイメージが大きいですよね。しかし、本命チョコとして渡すと彼もその場でいろいろ考えなければなりません。

チョコを受け取るということは復縁するという意味にも取れるので、復縁を考えていなかったり、悩んでいる段階にある場合は警戒されてしまうのです。

また、バレンタインチョコを受け取るとホワイトデーについても考えなければなりません。

「お返しは別にいいからね」と軽いノリで渡せるチョコなら、受け取ってもらえる可能性も高くなるでしょう。

失敗する可能性も考えておく

彼とある程度距離を詰めることに成功し、バレンタインデーのチョコを渡す準備もできたら、次にしておきたいのが心の準備です。

復縁を成功させるために準備を進めていると、良い方向にばかり考えてしまいがちではないでしょうか。

ですが、チョコの受け取りを拒否されてしまったりすると大きなショックを受けてその場をうまくやり過ごせなくなることがあります。

復縁できると信じていたからこそショックが大きく、気持ちが高ぶって彼にひどい言葉をかけてしまったという方もいるので、断られた時のシミュレーションもしておくと余裕が持てるはずです。

遠距離の相手にはどのように贈れば良い?

遠距離相手の場合は直接届けに行くのが難しいため、宅配便や宅急便でチョコを送りましょう。

ただ、別れた彼女から突然お届け物が来ると少し怖いので、事前にチョコを送って良いか確認しておいた方が良いです。

メッセージカードを同封するのも効果的なので試してみてはどうでしょうか。

まとめ

いかがだったでしょうか。

バレンタインに別れた元彼へチョコを送っても良いのかなどについてご紹介しました。

記事内で解説した内容のうち、特におさえておきたいのは次の3点です。

  • 別れた原因によってバレンタインの復縁成功率は異なる
  • チョコを渡す前に友達レベルまでは関係を修復させておく
  • 彼の気持ちについてもよく考えることが大切

「バレンタインをきっかけに元カレと復縁したい」と考えている方は、この記事を参考にして復縁のための準備を進めてみてくださいね。