何事も考えすぎてしまうタイプの場合、行き過ぎた行動を取ってしまうことがありますよね。

例えば、彼のちょっとした行動のせいで彼のことが信じられなくなってありもしないことを問い詰めたり、メールを送り過ぎるなどの自爆が別れに繋がってしまうこともあります。

「自爆で別れた彼との関係を修復することはできるの?」
「自爆しないように対策をとりたい」

そう考えている女性のために、自爆が原因で別れて失恋してしまった時の復縁対策や今後自爆による別れを避けるためコツなどについてご紹介します。

この記事を読むことにより、自分の行動を見直すためのポイントがわかり、自爆を避けることができるようになるので参考にしてみてくださいね。

自爆からの失恋を避けるための7つのコツ

普段から衝動的に彼に想いをぶつけてしまったり、それが原因で彼を困らせたりすることがある方は、自爆からの失恋に繋がってしまうことがあります。

これを避けるための7つのコツからみていきましょう。

感情を落ち着かせる方法を考える

何より重要なのは、自分の気持ちを落ち着かせることだといえるでしょう。

つい自爆してしまう方の多くが、感情に任せて行動しています。

例えば、次の2点で思い当たることはないでしょうか。

  • 彼の浮気が心配になって必要以上にメールを送ってしまった
  • 喧嘩で頭にきて勢いに任せて彼を罵倒し、傷付けてしまった

もし、思い当たることがあるのなら、まずは自分の気持ちをコントロールする手だてを身に付けてみるとトラブル回避に効果的です。

彼と喧嘩をすることが多い場合は、「少し頭を冷やすね」と言って一度その場を離れるのもおすすめの方法だといえます。

他にも、彼にメールを連打しそうになったらお茶を飲んでゆっくりするなど、自分に合ったリラックス方法を実践しましょう。

気持ちが落ち着いてから彼と向き合うようにすれば、感情的になって不要な発言をしてしまうトラブルも避けられます。

立て続けに連絡しない

よくある自爆の一つに、必要以上に彼に連絡をしてしまうというものがあります。

彼が友達との飲み会に出かけてなかなか帰ってこなかった時に

「まだ帰らないの?」
「何時に帰るの?」
「本当に男友達だけ?」

というように、自分の感情だけでメッセージを送ってしまうとそれを受け取った彼は重い女と感じてしまうでしょう。

何か連絡をする際には、彼からの返信を確認した上で再度連絡をした方が良いです。

相手を信じる気持ちを持つ

自爆を繰り返してしまう女性は、彼を信じる気持ちが足りていないともいえます。

信じていないからこそ不要な心配をし、それが爆発してしまうわけです。

彼の事が大好きなら、信じる気持ちを持ちましょう。

相手から信じられていないというのは、薄々気づくものです。

反対に、彼女から信頼されているとしっかり実感できれば、その気持ちを裏切らないように注意してくれるでしょう。

自爆が多い人の特徴として、ありもしないことを想像して勝手に「もしかして…」と不安な気持ちにつなげることがあります。

これも相手を信じていない場合に多いので、このように考えることが多い方は彼のことをもっと信じてみましょう。

普段からよく会話をする

いろいろ心配事などがあってその不満が自爆に繋がってしまうのなら、できるだけ彼とコミュニケーションを取ることが重要になります。

コミュニケーションや会話が少ないと相手の気持ちがうまくつかめず、誤解を招いてしまうことがありますよね。

たくさん会話をしてお互いの理解を深めることは自爆を防ぐための大切なポイントです。

自分に自信を持つ

いつも余計なことまで考えすぎて気持ちが不安定になる方は、自分に自信を持つようにしましょう。

自信がないと、

「私より魅力的な誰かと浮気しているかもしれない」
「他にすてきな人が現れたら振られてしまうかもしれない」

というように考えすぎてしまい、これがストレスや不満に繋がって結果的に感情を爆発させることにもなってしまいます。

きちんと自分自身を認めてあげましょう。

この難しい場合は、自信をつけるために自分磨きをするのもおすすめです。

我慢をしすぎない

言いたいことを言わなかったり、彼の気持ちを優先して我慢をし過ぎると、いつか気持ちが爆発します。

彼自身は、あなたの我慢に気づいていない可能性もあるので、気持ちを抑え込み過ぎるのではなく、適度に発散していきましょう。

自分が不安に感じていることや不満に感じていることがあれば、彼にそれを伝えて理解してもらうことが大切です。

すべて彼に合わせようと考えるとストレスにもつながるので気をつけてみてくださいね。

相手を試すようなことはしない

あとから後悔する自爆の代表格ともいえるのが、本当は別れるつもりなんてないのに「別れよう」と発言してしまうケースです。

彼が引き止めてくれることを期待していたのにすんなり受け入れられてしまい、別れる結果になると、後悔しか残りません。

相手の気持ちを試すような行動は自爆に繋がりやすいので十分注意しておきたいですね。

自爆で別れた失恋を復縁させるために

自爆が原因の失恋をしたけれど、まだ元彼のことが忘れられない…ということなら、復縁のための努力をしましょう。

効果的な方法を5つご紹介します。

落ち着いたころに連絡する

自爆が原因で別れることになったとしても、すぐに復縁を迫るのはやめておいた方が良いです。

軽い女と感じてしまう男性もいます。

また、彼自身も復縁したいと感じていたとしても、すぐにOKをするのはカッコ悪いと考える男性もいるのです。

別れ方やそれぞれの性格によっても最適な冷却期間は変わってきますが、1ヶ月は様子を見たいですね。

素直に謝る

復縁を望むのなら、素直に誤って、もう一度復縁したい気持ちを彼に伝えましょう。

「あなたも悪いけどね」というように、自分のプライドを守るための言葉を使ってしまうと失敗しやすいです。

好きな気持ちを伝える

復縁を望んでいるということは、まだ彼の事が好きなわけですよね。

この気持ちをきちんと伝えられなかったために復縁に失敗する方もいます。

ただ単に「彼氏が欲しい」のではなく、「あなたの事が好きだから復縁したい」という気持ちを伝えましょう。

友達から復縁を目指すのも有り

すぐに復縁できるような状況ではないケースもあるでしょう。

この場合は無理に復縁を迫ると彼との距離が開いてしまう恐れがあります。

例えば、別れてすぐに彼が他の彼女を作ってしまったようなケースでは、まずは友達の関係からやり直してみてくださいね。

良い女を目指す

彼の方が別れたことを後悔するようなイイ女を目指してみてはどうでしょうか。

久しぶりに再会した時に「やっぱりこの子が一番だな」と感じてもらえるようだと復縁も近いです。

まとめ

いかがでしたか?

自爆が原因で別れや失恋に繋がりやすいと悩んでいる方のために、対策や復縁などについてご紹介しました。

記事内のポイントをまとめると次の3つです。

  • 彼のことを信じる気持ちを持つ
  • 感情的になりそうな時は一度落ち着く
  • 少し時間を越えてから素直に気持ちを伝えると復縁に結びつきやすい

「自爆しないための方法をおさえた上で別れた彼との復縁を成功させたい」と考えている方は、この記事を参考にしながら彼との向き合い方について検討してみてくださいね。