付き合っている彼から「好きだけど別れよう」、または「好きだからこそ別れたい」と言われてしまうと、混乱してしまいますよね。

「どうして好きなのに別れないといけないの?」
「引き止められずに別れたけど、復縁したい」

そういった女性のために、好きなのに別れるという決断をする男性の心理や、復縁の可能性などについてご紹介します。

この記事を読むことにより、彼の心の内側がわかり、復縁のための対策について考えることができるので参考にしてみてくださいね。

好きなのに別れる男性の理由・心理10選

「好きだから結婚しよう」ならわかりますが、「別れる」という選択肢の心理が理解できずに悩んでいる女性のために、考えられる理由を10個ピックアップしてみました。

該当しそうなものをチェックしてみてください。

実は気持ちが離れている

穏便に別れたいための一つの言い訳として「好きだけど」という表現を使う男性もいます。

「嫌いになったから別れたい」というと、なかなか穏便には別れられませんよね。

もし彼女から「ダメなところは直すから言って!」とすがられてしまった時にも大変です。

「君は悪くないけれど」という前提で別れ話を出すことにより、できるだけスムーズに別れたいという気持ちの表れとも考えられます。

更に好きな人ができた

「好きだけど(もっと好きな人ができたから)別れよう」ということです。

今付き合っている彼女がダメなわけではないけれど、更に上を行く女性と知り合った可能性はないでしょうか。

「彼女のことは好きで100点だけど、120点の人が見つかったから乗り換えたい」状況ともいえます。

仕事が忙しすぎる

あまりにも仕事が忙し過ぎると、気持ちに余裕が持てなくなってしまいます。

その中で彼女に八つ当たりしてしまったり、デートの時間が取れずに悲しい想いをさせていたりすると、「今の自分といても彼女を悲しませるだけ」と判断し、別れるという決断をすることもあるのです。

傷つけずに離れたい

例え彼女の事が嫌いになったとしても言葉では「好きだけど」という男性がいます。

これは、彼なりの優しさの一つともいえるでしょう。

あれこれ文句を並べた上で嫌いだから別れようと言われるより、彼女も傷つかなくて済むはずです。

お金がかかる

彼女の性格や見た目が好きだけれど、一緒にいるととにかくお金がかかる…。

このようなケースでもこれ以上お金に余裕がなくないから、好きだけど別れようという選択肢をとることがあります。

彼女がブランド好きなど極端な場合ではなくても、限られたバイト代の中で毎回デート代を彼氏が負担しているようなケースではお金が続かなくなってしまう可能性も十分に考えられます。

結婚はできないと感じた

「彼女の見た目は好き、だけど家事も料理もできないし結婚相手としては考えられない」という意味も隠れているケースがあります。

「彼女」としては好きだけど「結婚相手」ではなかった可能性はないでしょうか。

親が認めてくれない

とにかく親が彼女と付き合うことを反対したために、自分は好きだけどこれ以上関係を続けられないと諦めることもあります。

例えば、彼氏が高学歴であるがゆえに彼女の学歴を親が認めてくれなかったなど。このあたりも一緒にいられなくなる原因の一つです。

遠距離に耐えられなくなった

遠距離でも付き合いをしていると、どれだけ愛し合っていたとしても頻繁には会えません。

この点で辛さを感じてしまい、これ以上は限界と判断する男性もいます。

彼女を支えられないと感じた

自分では彼女の幸せに生きないという理由でそばを離れる決断をする方もいます。

給料が少なくてデートもろくにできない、自分に自信がなくて彼女と前向きにさせないなど。

「彼女はもっと自分を幸せにしてくれる男性を探すべき」と身を引く人もいます。

好きすぎてツラい

あまりに彼女の事が好きすぎて仕事が手につかないなど、愛情が生活に支障をきたすこともあります。

このままではまずいと、距離を置くために「好きだけど別れたい」という結論を出す男性もいるのです。

復縁できるケースもある

好きなのに別れるというのは、大喧嘩してお互いに大嫌いになって別れたケースに比べると復縁しやすいといえます。

特に復縁に結びつきやすいポイントを3つご紹介しましょう。

彼が気にしていたポイントを直す

例えば、彼女とのデートではどうしてもお金がかかってしまい、関係を続けられなくなったために別れたカップルの場合、彼女ができるだけお金のかからないデートを提案するなど対策が取れれば問題は解決します。

彼がどのような理由から「好きだけど別れたい」という結論を出したのかがわかれば改善点も把握しやすいですね。

この点について実際に別れる前にしっかり話し合いができていると理想的です。

実は試されていたケース

彼自身はほんとは別れるつもりがなく、彼女が引き止めてくれると期待していたケースがあります。

こちらの場合、彼女から復縁を持ちかければすぐにでも元の関係に戻れる可能性も高いです。

彼の状況が変わった

彼の仕事が忙しくて彼女と一緒にいられないから別れを決断したようなケースでは、彼の仕事が落ち着くなど状況が変わればまた一緒にいられるようになる可能性もあります。

別れたほうがいい場合もある

嫌いになったわけではないのなら別れる必要はないと考える女性もいますが、場合によっては思い切って彼と別れることを検討したほうが幸せに繋がることもあります。

特に、次の3つのうちに当てはまるものが1つでもあれば新しい恋を探すことを考えた方が良いでしょう。

相手が既婚者

不倫関係ではどうしても幸せにはなれません。

相手や自分、または両方が既婚者だった場合にはいつまでその関係を続けるのかについて考える必要があります。

彼に他に本命がいる

彼が誰か別の女性を好きになってしまった場合、無理に引き止めてもうまくいかないことが多いです。

彼がもう他の女性しか考えられなくなってしまったようなケースでは無理に彼との仲を修繕するよりも、自分を本当に愛してくれる男性を探しましょう。

結婚できない、または難しい相手

結婚できない相手といえば近親者が代表的ですが、他にも世間体が気になる立場・関係にある相手など。

将来的に彼との結婚が実現しないようなケースでも、思い切って彼の言う通り別れを検討したほうが幸せになれる可能性があります。

別れたその後はどうなる?

別れた後にどうなるかはその人次第です。

どうしても好きだった人のことが忘れられずに何年も引きずってしまう方もいれば、すぐに元カレ以上にすてきな人が現れて幸せになれるケースも。

大好きな人と別れてしまうとこの世の終わりのような気持ちになることもありますが、新しい恋を見つけて前向きに生活できている方もたくさんいます。

気持ちの整理がつくまでには時間がかかりますが、少し落ち着いたら別れた元彼よりもいい男を探してみるのも良いですね。

もちろん、復縁について考えてみるのも一つの方法です。

まとめ

いかがだったでしょうか。

好きなのに別れるという決断をした彼の心理や復縁の可能性などについてご紹介しました。

おさらいするとポイントは次の3つです。

  • 彼女を傷付けたくない気持ちから「好きだけど」と言う男性もいる
  • お互いに気持ちが残っているなら復縁の可能性もある
  • 既婚者や結婚できない相手、彼の気持ちが離れているなら別れたほうが良い

「彼の心理が理解できない」
「復縁の可能性があるか探りたい」

そう考えている方はこの記事を参考にして彼の気持ちを理解するのに役立ててみてくださいね。