似た者同士が惹かれ合うのはなぜ?気になる理由について紹介!

よく昔から類は友を呼ぶとか似た者同士は惹かれ合うと言われますが、果たしてこれは本当なのでしょうか。

実際に結婚している方の中にも、お互い似ているところがあると感じている方は多いようです。ここで気になるのが、なぜ似た者同士だと惹かれ合うのか?ということですよね。

その理由について考えてみましょう。

似た者同士が惹かれ合うのは本当

そもそも、似た者同士で惹かれ合うというのは本当なのか?というと、答えはYESです。お互いに似ているところがあると感じている夫婦が多いことからも相性が良いことがわかりますよね。

似た者同士で惹かれ合ったからこそ夫婦やカップルになったといえるでしょう。ただ、似た者同士といっても何がどのように似ているのか?若くによって違いがあるようです。

顔が似た者同士

顔が似ていると気持ち的に楽だと感じる方も多いはず。例えば、周りから見てあまりにもイケメンの彼氏ができた場合、常に浮気のことを心配する方もいるでしょう。

「こんなにかっこいいんだから絶対にモテるはず…」、「私よりかわいい子が近づいてきたら乗り換えられてしまうのでは…」といったことばかりを考えていると気が気ではありません。

カップルの中でもどちらかが極端に顔が良いと一方の不安や嫉妬が原因で別れに繋がる恐れもありますが、顔が似た者同士だとこういった心配も起こりにくくなります。

お金の価値感が似た者同士

いくら性格の点で惹かれ合うことがあったとしても、あまりにもお金の感覚が違うようだと長続きするのは難しいです。例えば、「ランチは500円まで」と考えている人と「おいしいのならランチでも10,000円までならOK」と考えている人ならばどこかですれ違いが生じることもあるでしょう。

「将来のためにできるだけ節約をして貯金しなければ…」と思っているのに、金銭感覚の違う恋人が借金をしてまで遊んでいたりするとさすがにこの人とは無理…と思うこともあるかもしれません。

お嬢様やお坊ちゃんと呼ばれるような人と付き合うと様々なところで金銭感覚のズレを感じてしまう方が多いようです。相手が良いものを持っているから自分も合わせなければならない、自分にとっては値段がかなり高いと感じるお店に誘われてしまったけれど断るわけにはいかない…といった積み重ねが別れを招いてしまうことも。

そうではなく、同じようなお金の感覚を持っている人が相手ならば背伸びをすることなく付き合えますね。

価値観の問題は非常に大きいです。結婚したあともお互いの価値感が違うから…といった理由で別れる夫婦はたくさんいるので、価値観の合う人を探したいですね。

性格が似た者同士

世の中のカップルが別れている最大の理由ともいえるのが、性格の不一致によるものです。「どうしてわかってくれないの!?」と思うことが増えれば増えるほど2人の溝は深まるでしょう。

そうではなく、性格が似た者同士ならばお互いに考え方も似ているので自然に惹かれ合うはずです。性格が似ているということは考え方も似ているため、お互いにストレスなく過ごせるのが大きな魅力だといえるでしょう。

性格が全く違うとこちらが言いたいことがうまく伝わらなかったり、擦れ違いを感じてしまうこともあるかもしれません。

また、几帳面な人もいればそうでない方もいますよね。5分の遅刻が許せない方もいれば30分くらいまでなら文句なく待てる方もいるはず。他にも、部屋が少し散らかっていた程度では片付けない人もいれば常に整理整頓された部屋でなければ落ち着かない方も…。

こういった性格の違いがある人と付き合うとささいな不満を積み重ねることになります。似た者同士の性格の方ならばこのようなストレスを感じずに済むでしょう。

似た者同士がうまく行く理由

似た者同士のカップルがうまくいく最大の理由ともいえるのが、お互いの気持ちを理解する力が強いということ。恋人が別れる理由は人それぞれではありますが、特に多いのは相手の気持ちがよくわからなかったり、自分の気持ちを理解してもらえなかったために不安や不満を感じることです。

ここから小さなすれ違いが発生し、関係が破綻してしまうカップルは少なくありません。ですが、似た者同士は自分も相手と同じように感じるところが多いため、何をされたら嫌なのか、何をすれば喜んでくれるのかなどが自然に想像できます。

これをやったら相手が嫌がるはず、不安に思うはず、といったことも想像しやすくなるため、自然と衝突の機会も少なくなるでしょう。

つまり、似た者同士はお互いに理解できることが多いだけでなく、ストレスなく付き合える存在でもあるのです。こういったカップルが長続きしやすいのは頷けますよね。

私はこう思っているのになぜ理解してくれないのだろう…といった小さな不満が積み重なり、それが別れに繋がることもありますが、似た者同士のカップルであればこのような衝突も少なくなります。

「似た者同士」といわれる中でも特に重要になってくるのが価値観の問題です。お互いに育ってきた環境が違うわけなので、全く性格や価値感が一致する人はいません。ですが、あまりにも違いがあるとお互いに負担やストレスに繋がるでしょう。

また、性格や考え方などが合わないと必ずどちらかが妥協する必要が出てきますが、似た者同士であればそういった必要も少なくなるため、お互いに不満を抱えることが少ないのも魅力です。妥協するポイントが少なくなることも意味しているので、似た者同士は惹かれ合うだけでなく、長続きしやすいわけですね。

似ていないとうまくいかない?

似た者同士が引かれ合う理由などについてご紹介しましたが、必ずしも自分と似ている人を探さなければうまくいかないとは限りません。

自分とは全く性格が違う人だからこそ憧れる、気になるという方も多いでしょう。

自分ができないことを簡単にやってのけたり、ささいなことで腹を立ててしまう方はおおらかな性格の方に惹かれることもあるはず。こういったことを考えると、お互いに尊重したり、尊敬したりできる部分が見つかれば性格が全く違っていたとしてもうまくいく可能性はあります。

今付き合っている人がいるけれどその人と自分は似た者同士とは思えない、そのうち破綻してしまうのでは…と心配に感じている方もいるかもしれませんが、あまり気にしすぎないようにしたいですね。

また、実際に長く一緒にいたために似た者同士になっていくケースもあります。夫婦は長く一緒に暮らしていると顔が似てくると言われることがありますが、これもそういったことの一つでしょう。

お互いを理解するために共通の趣味を作り、趣味を通じて似た者同士になれた方もいるようなので、似た者同士でなければうまくいかないわけではありません。

気になる人との共通点を探そう

考え方や性格、趣味、我慢強さ、几帳面さなどがすべて同じ人はいません。似た者同士だと思って付き合っていたものの実は違うのではないか…と不安になる方もいるかもしれませんが、気にしすぎる必要はないでしょう。

気になっている人やすでに付き合っている人がいる場合は、その人と自分との中で共通点を探してみるのもおすすめです。いろいろ話をする中で相手とここが似ていると感じる部分が出てくるはず。そういった部分が見つかれば話を広げるきっかけにもなりますし、相手の事もより深く理解できるようになるでしょう。