日本からの観光客が多く、非常に人気のある台湾。

ですが、快適に旅行楽しむために気をつけておかなければならないのが、スマホやタブレットなどでのインターネットの利用に関することです。

「台湾でwifiは使えないの?」
「フリーで使えるwifiやおすすめのレンタルwifiがあれば知りたい」

そういった方のために台湾でのwifi事情などについてご紹介します。

この記事を読むことによってレンタルwifiを用意しておいた方が良いのか、人気のサービスは何なのかなどが分かるので参考にしてみてくださいね。

台湾旅行、wifiは必要?

結論からいうとwifiはあった方が良いです。

アナログの地図で観光地を調べたり、翻訳機を使ったりする方法もありますが、スマホやタブレットがインターネットに繋がっていればそういったこともまとめて行えますよね。

近年は旅行に行った先で撮影した写真をSNSにアップする人も増えていますが、たくさん写真をアップしようとしたらかなりパケット代がかさむことになるので、wifiを用意しておくと安心です。

日本にいるときも普段からほとんどスマホをさわらない方や、アナログで調べ物をするのが得意な方なら必須ではありません。

ですが、手軽に情報を収集したいと考えた時にも自由にインターネットが使えると便利なので、快適な旅行のためにもwifiを用意しておきましょう。

海外でwifiを使うには

海外でwifiを使うには、次の2つの方法があります。

  • 海外で使用できるwifiをレンタルする
  • 台湾の中でフリーのwifiスポットを見つけて使う

一時的な旅行などでwifiを検討しているのなら、現地で契約するのではなく、期間限定で使用できるレンタルwifiを契約するのがおすすめ。

プランによって料金は異なりますが、1日当たりいくらという形で料金が発生し、携帯会社の海外パケット定額などを利用するに比べると安く済むのが魅力です。

また、日本と同じように海外でも無料でインターネットが利用できるフリーのwifiスポットがあるので、そういったものを活用するのも良いでしょう。

台湾旅行におすすめ!人気のレンタルwifi 5選

海外用のwifiレンタルサービスには様々な種類があり、それぞれ選択できるwifiルーターの機種や料金、サービスなどが違うのでよく比較して選ばなければなりません。

ここでは、次の3つの観点からおすすめのレンタルwifiについてご紹介していきます。

  • 台湾で快適にインターネットが使える
  • 料金やサービスが明確でわかりやすい
  • 1GB・無制限など大容量プランに対応

レンタルwifiサービス選びで苦戦している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

なお、掲載している料金/日は非課税です。

Funwifi

通信方式 容量/日 料金/日
4G LTE 無制限 680円

台湾の桃園空港にカウンターを持っている台湾wifi専門の会社で、安定した通信が可能となっています。

スマホやパソコンから予約をし、主要空港や台北桃園空港カウンターのほか、自宅まで郵送で届けてもらうことも可能。

料金を抑えたい方でも納得できるでしょう。
無制限なので、容量を気にすることなくインターネットを活用したいと考えている方から選ばれています。

おすすめポイント
  • 台湾現地での受け取りも選択できる
  • 一日680円でレンタルが可能
  • 一度の充電で8~9時間も使える

台湾データ

通信方式 容量/日 料金/日
4G LTE 無制限 590円

創業13周年を迎えるグローバルモバイルが提供している台湾専用ポケットwifiルーターです。

台湾最大手である通信会社「中華電信」の最新wifiルーターのレンタルが可能で、無制限でありながら一日590円と格安で利用できるのが魅力。

一般的には有料となることが多い配送料が無料となっているので、宅配で製品を受け取りたい方にも向いているでしょう。

おすすめポイント
  • 往復宅配送料完全無料
  • 前日まで申し込み可能で土日祝日も発送OK
  • 高速な4G LTEが使える

Wi-Ho!(ワイホー)

通信方式 容量/日 料金/日
4G LTE 300MB 590円
500MB 890円
1GB 1,090円
無制限 1,590円

※1カ国用プラン
国際モバイルのパイオニアとして様々な事業を行っている株式会社テレコムスクエアが提供しているwifiレンタルサービスです。

様々なプランが用意されているので、容量に合わせて最適なプランを選択することが可能です。

また、別途540円(税込/件)がかかりますが、予約の30分後にはカウンターで受け取れる直前予約サービスも行っています。

wifiをレンタルするの忘れていた、急いで受け取りたいという方にもぴったりです。

おすすめポイント
  • 現地の通信回線を利用しているから安定接続
  • 24時間365日サポート対応
  • 直前予約が可能

グローバルWiFi

通信方式 容量/日 料金/日
4G LTE 300MB 1,170円(970円)
600MB 1,370円(1,170円)
1.1GB 1,570円(1,370円)
無制限 1,770円(1,570円)
3G 300MB 870円(670円)
600MB 1,170円(970円)

※1カ国用プラン
※()内は早割適用時の料金
世界30以上もの通信会社と連携している株式会社ビジョンが提供しているwifiレンタルサービスです。

早割に対応していて、WEB規定申込期限内(受け取り方法によって異なる)の申し込みで料金が安くなります。

国内16空港、2営業所で受取・返却が可能なのですが、これは他社のサービスに比べると多いです。

そのため、空港で簡単に受取・返却したいと考えている方に特に向いているでしょう。

おすすめポイント
  • 200国以上に対応しているプランもあり
  • 3つのプランから最適なものを選択可能
  • 早割でお得に利用できる

イモトのWiFi

通信方式 容量/日 料金/日
4G LTE 500MB 1,080円(860円~)
1GB 1,580円(1,260円~)
3G 500MB 680円(540円~)
1GB 980円(780円~)

※1カ国用プラン
※()内は早割適用時の料金
モバイル通信サービスをメインに行っているエクスコムグローバル株式会社が提供しているwifiレンタルサービスです。

台湾だけでなく、200以上の国と地域で利用できます。

頻繁にキャンペーンを行っているのも特徴で、うまく活用すると格安でレンタルが可能です。

早割で最大20%オフになるので、早めに申し込んで料金を抑えましょう。

30日プランも用意されているので、台湾に長期滞在予定の方からも人気のサービスです。

おすすめポイント
  • 24時間サポートがあるから安心
  • 30日プランも用意
  • 早割・キャンペーンでお得

無料で利用できる台湾のwifiフリースポット

台湾では空港やデパート、カフェなど様々な場所でフリーのwifiを利用することができます。

無料で利用できるので、うまく活用してみましょう。

以前はTaipei Free(台北フリー)というサービスに登録すれば台北エリアで無料のwifiを利用できたのですが、現在は台湾の電話番号登録が必要となっているので旅行者は利用できません。

iTaiwan(愛台湾)

それに変わり、「iTaiwan」というサービスがあるので、こちらを役立てましょう。

現地のカウンターでお願いすればすべて手続きしてもらえるので便利です。

また、事前に日本で設定を済ませていくこともできます。

レンタルwifiがおすすめ

iTaiwanも便利ではありますが、利用できるはずのスポットでなかなか繋がらなかったり、不安定になることも珍しくありません。

また、利用できる場所も限られていて、そこから少し離れてしまうとすぐに繋がらなくなります。

移動しながら好きな場所でwifiを使いたいのなら、レンタルwifiのほうが向いているでしょう。

ストレスなくインターネットが利用できるようになるので、検討してみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

台湾のwifi事情やwifiのレンタルでおすすめのサービスなどについてご紹介しました。

記事内の内容をまとめると、ポイントは次の3つです。

  • 台湾に旅行に行くならwifiがあった方が良い
  • 無料で利用できるwifiサービスもある
  • 安定してインターネットを楽しみたいならwifiレンタルの方が便利

「台湾旅行に向けて人気のwifiルーターサービスを知りたい」という方は、自分にぴったりのサービスを選ぶためにこの記事を役立ててみてくださいね。