ハワイといえば、日本人にとって非常に高い観光地です。

ですが、ハワイ旅行に行く際に気になるのが、スマホなどでのインターネット回線の利用に関することです。

「日本ではWiFiを使っているけれど、ハワイではどうしたらいいの?」
「ハワイに行くのにWiFiは必要?」

といった疑問を持っている方のためにハワイ旅行でWiFiは必要なのか、利用するならどうしたら良いのかなどについてご紹介します。

この記事を読むことによってWiFiの必要性と選び方のポイントが分かるので、参考にしてみてくださいね。

海外でスマホを使う際の注意点

スマホはただ電話機能を利用するためだけのアイテムではなく、人気のお店を調べたり、観光地に足を運ぶ際にナビを利用するなど、様々な用途で活躍してくれます。

特に海外旅行の際には非常に役立つでしょう。

普段は家で契約しているプロバイダのWiFiを使っている方が多いですが、海外では普段のWiFiを利用することはできません。

また、海外でインターネット接続をする際にはデータローミングと呼ばれる通信方法を用いるのですが、この方法には国内のパケット定額サービスが適用されないため注意が必要です。

また、ローミングを利用した場合には、一日当たり3,000円程度の費用がかかるのでこの点も気を付けなければなりません。

スマホを使わなくてもパケット代が発生

「地図などはアナログのものを使うし、特にスマホで調べ物をする予定もないからWiFiがなくても問題ないはず」と考えている方もいるのではないでしょうか。

しかし、スマホの電源が入っているだけでもアプリが最新のデータを確認するための通信を自動的に行ってしまうことがあります。

海外でインターネットを利用すると、通信した分だけのパケット通信量が課金されることになるので気をつけておかなければなりません。

ハワイ旅行に行くならレンタルWiFiがおすすめ

現地でも思いっきりインターネットを活用して楽しみたいと考えている方に向いているのが、レンタルWiFiです。

海外でも使えるWiFiを旅行期間中のみレンタルし、使用した日数分の費用を支払うシステムとなっています。

日本国内でレンタルし、返却も日本で行えば良いので「ハワイでレンタルする時のやりとりが大変そう」といった心配もいりません。

主要空港で受け取りの窓口が用意されているサービスもありますし、宅配が利用できるものもあります。

海外用WiFiのレンタル料金はどれくらい?

気になる料金についてですが、選択するレンタルWiFiの端末と契約する容量によって変わってきます。

それほど使う予定がないのなら、1日500円前後で使えるプランや、大容量で1日1,000円を超えるプランなど様々です。

ポイントは、1台のWiFiで複数人が利用できるということ。

例えば、3人でハワイ旅行に行こうと考えているのなら、WiFiのレンタルに一日1,000円かかったとしても3人で支払えば良いのでそれほど大きな出費にはなりません。

レンタルWiFiを利用する際の注意点

基本的に海外で利用できるレンタルWiFiのサービスは、1日で利用できるデータ容量に制限があります。

ある程度の容量のプランを契約しておけばそれほど心配はいりませんが、複数人で大容量のやりとりをしたりすると引っかかってしまうことがあるので気をつけましょう。

容量の制限に引っかかってしまった場合には速度制限の対象になり、翌日のインターネットが快適に利用できなくなることもあります。

高評価!ハワイで使えるレンタルWiFi4選

WiFiのレンタルを契約している方のために、チェックして欲しい人気のサービスについて4つご紹介します。

なお、通信料に関してはいずれも課税対象外です。

Wi-Ho!(ワイホー)

様々なキャンペーンなども開催されている人気のレンタルWiFiです。

空港のカウンターは、宅配便で受け取ることができて返却も空港または宅配で可能。

様々なプランが用意されているので、自分にぴったりのものが選べます。

4Gで1ヶ国専用のWiFiルーターが用意されていて、ハワイの場合、利用料金は次の通りです。

容量/日 利用料/日
300MB 750円
500MB 1,050円
1GB 1,250円
無制限 1,850円
※商品手配手数料:1件につき540円(税込)

グローバルWiFi


WiFiの料金が割引になるキャンペーンなども行っていて、海外レンタルWiFiの中ではトップクラスともいえる対応国の多さが魅力。

世界200ヶ国以上で使える定額制なのが特徴です。

現地の通信会社の回線を利用することもあり、現地に住んでいる方と同じエリア・品質で通信をすることができます。

4G LTEプランで1ヶ国への渡航の場合、料金は次の通りです。

容量/日 通常利用料/日 早割利用料/日
300MB 1,170円 970円
600MB 1,470円 1,270円
1.1GB 1,670円 1,470円
※商品手配手数料:1件につき500円(税別)

アロハデータ


どこでも安心定額通信となるハワイ専用のポケットWiFiルーターです。高速な4G LTEに対応しているので、快適にインターネットを楽しむことができるでしょう。

無制限プランも登場しているので、インターネットをたくさん活用したいと考えている方にも向いています。

また、10台まで接続OKなので、このあたりも魅力です。

ハワイで利用する場合の料金についてみていきましょう。

プラン 容量/日 通常利用料/日
アロハデータBIG 700MB 690円
アロハデータbasic 700MB 780円
スーパーアロハデータ 無制限 930円
※受取手数料:無料/羽田空港受取のみ手数料500円(税別)/1台が必要
※早割(出発1か月以上前の申し込み)適用で10%OFF

イモトのWiFi


28秒に1件の申し込みがあるほど人気のサービスです。

年間では100万人以上の方が利用しているので、実績豊富なWiFiのサービスを利用したいと考えている方でも満足できるのではないでしょうか。

早割を活用すれば最大で20%オフになるほか、豊富なキャンペーンも随時開催されています。

こういったものもうまく役立ててお得にWiFiをレンタルしてみてはどうでしょうか。

お得な30日パックもあります。

1ヶ国のところプランに関して料金は次の通りです。

容量/日 通常利用料/日
4G/LTE WiFi (高速) 500MB 1,580円
1GB 1,880円
3G WiFi (中速) 500MB 980円
1GB 1,280円
※商品手配手数料:1件につき500円(税別)
※早割適用で10~20%OFF

無料でWiFiが使えるフリースポットを利用する方法もある

日本国内でもカフェやコンビニなど、無料で利用できるWiFiスポットがありますよね。

ハワイにもこういったものがあるので、うまく活用してみましょう。

特にハワイであまりインターネットを使わない方はフリースポットを利用すれば足りるケースも多いので、自分はどちらが向いているのか考えてみてくださいね。

例えば、次の5つのようなフリースポットがあります。

  • ホノルル国際空港
  • ホールフーズマーケット
  • アラモアナセンター
  • アップルストア
  • インターナショナルマーケットプレイス

マクドナルド&スターバックスが便利

マクドナルドとスターバックスはハワイにも店舗があり、WiFiの無料サービスを提供しています。

日本人にとってもなじみのあるお店なので、入りやすいのではないでしょうか。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ハワイに旅行に出かける前におさえておきたいWiFi事情などについてご紹介しました。

記事内のポイントをまとめると、重要なのは次の3点です。

  • 海外でインターネットを活用するならレンタルWiFiがおすすめ
  • レンタルWiFiサービスによって料金や容量が異なる
  • WiFiフリースポットもうまく活用する

「ハワイ旅行前にWiFiについてよく調べておきたい」という方は、この記事を参考にしながら気になるサービスについて検討してみてはどうでしょうか。