女性が男性に冷める瞬間は人それぞれではありますが、「男らしくない」と感じる一面を見てしまうと、それも原因になりますよね。例えば、「デート代を割り勘にして欲しい」と言われ、冷めた…といった経験はないでしょうか。

ここではデート代は女性も払うべき?女性はどういった場面ではおごるべき?などについてご紹介します。

デート代を割り勘にする男性の心理

「デートにかかる費用はすべて男性が持つべきだ、女性に払わせるなんて格好悪い!」と考える男性もいます。こういった男性にムリにお金を渡そうとするとかえって機嫌を損ねてしまったり、馬鹿にされていると感じられる可能性もあるため素直に甘えて良いでしょう。

しかし!すべての男性はそう考えているわけではありません!

「デート代は男が出すものだから財布は置いて行ってもいいよね~!」なんて考えていると嫌われてしまうかも…。

実際に「デート代は割り勘にして欲しい」と考えている男性もたくさんいるんです…。そういった男性の心理はどのようになっているのでしょうか?

例えば、男女平等を考えている男性は彼女と割り勘にしたがる傾向にあります。特にお互いに似たような収入だったり、彼女の方が収入が多い場合には割り勘を希望する男性も多いみたいですよ~。

反対に彼女が年上だった場合、甘えているのかも。割り勘ならまだいいですが、「悪いんだけど今回出してくれる?」というケースが毎回続く場合は要注意ですね…。いつの間にかおごるのが当たり前になっちゃうかも?

急に割り勘になったら冷めたサイン?

「今までは彼が思ってくれていたのに、急に割り勘にして欲しいと言われた、もしかして私への気持ちが冷めた!?」と考える女性もいるようです。

特にそれまで当たり前のようにおごってもらっていた女性からすれば、冷めたと思っても仕方ないかもしれませんが、もしかしたらただ単に金銭的に厳しいだけかも…

今までは男らしく何とか頑張りたいと思って払っていたものの、何らかの理由でそれが難しくなってしまった可能性もありますよね。実際に彼女にいいところを見せたくて貯金を切り崩しながら豪華なデートを提供していたものの、継続するのが困難になってしまうようなケースもあるようです。

それよりも少し割り勘にしてデートの回数を増やしてみてはどうでしょうか?毎回お金が彼持ちだと「デートはお金がかかるから回数を減らそう…」と思われてしまう可能性もありますよ…!

アメリカ人のデート代は割り勘が当たり前?

日本の場合はどちらかというとデート代は男性が払うものといったイメージが強いかもしれません。でも、アメリカ人の場合は違うんです!なんとほとんどのカップルは割り勘が基本となっているとのこと。

これはアメリカだけの話ではありません。多くの国ではデートは割り勘なんです!

…と聞くと驚く方もいるかもしれませんが、外国の男性と付き合っている方や、付き合いたいと思っている方はチェックしておきたいポイントですね!

アメリカの場合、付き合う前は割り勘が基本です。レディファーストが自然にできる国ということもありつき合い始めてからは男性が出してくれるケースが多いのですが、アメリカ人の女性の中には男性に気前よくおごる方もたくさんいます。

そのため、毎回おごってもらって当たり前、出してもらって当たり前という態度を取っていると不満に思われてしまうかも。また、その日にたくさんお金を持っている方が出すものと考えている外国人男性も多いようです。

ここだけはおごって欲しいシーン

「いつもは別に割り勘でもいいけれど、ここだけはおごって欲しい!」と感じる心が男性にもあるんです。おごってもらうのが当たり前になるのではなく、こういったポイントでは自分から進んで支払をしましょう~!

誕生日の食事代

彼の誕生日にすてきなレストランを予約。プレゼントも渡して喜んでもらえたけど、レストランの会計は彼にお任せ!

…というのは少しおかしな話ですよね。

男性側からすると、「俺の誕生日祝いなのに俺が払うのか…」と思われてしまうはずです。いつもおごってもらっていたとしても、「今日は払わせてね」と支払いをしましょう。

ガソリン代

彼氏の運転でドライブデートに行く場合、ガソリン代はどちらが出しますか?ここは何気なく彼が支払いをしてくれるケースが多いものの、実は彼氏は不満を感じやすいポイントでもあります。

「車を出すのも俺、デートのために入れるガソリン代を出すのも俺…」

同じように自分の立場で考えたらと思うでしょうか。「車を出してもらうからガソリン代は私が出すね」と言えればかなり好印象です。移動距離が短い場合は毎回出す必要はないかもしれませんが、何回かに1度は進んで払いましょう。

彼女都合でのデート

例えば、彼氏が給料日前でお金がないことを知っているものの、「辛いことがあったから慰めて欲しい…」と彼をデートに誘ったとしましょう。このデートで食事などに行った場合、女性側が出した方が無難。予定外のデートをすることになったあげくお金もかかった…となると不満に感じてしまうかも。

彼女にも出して欲しいと思うもの

デートにかかる費用といってもいろいろありますよね。その中には男性からすると、「できれば彼女にも出して欲しい…」と感じているものがあるかもしれません。

先述したガソリン代もそうですが、次のようなものにも注意してみてくださいね♪

食事代

男性の中には、「自分の食べるものくらい自分で出して欲しい」と感じている方もいるようです。特に男性がかなりの小食で女性がたくさん食べる場合、不満も大きくなるかも…。

毎回おごってもらうのではなく、たまに自分が出すようにしてみてくださいね。

率先して支払う男性もいますが、その場合も例えば2,000円ずつ食べて4,000円のお会計になった場合、自分の分の2,000円を出しましょう!

ここで断られても、「じゃあこれだけ受け取って」と1,000円を出せば受け取ってくれる男性も多いはず。

他にも、「食事代の端数くらいは出して欲しい」と感じている男性もいるみたいです。

それから、自動販売機で買うジュース代などまで出してもらわないようにしましょう。

交通費

ガソリン代についてご紹介しましたが、他にも2人で出かけるのにかかった交通費がある場合、自分の分は自分で出しましょう。電車代などもそうですね。意外に、「食事をおごるのは何とも思わないけどそれ以外はちょっと…」と感じている男性もたくさんいます。

特に遠出する場合は交通費だけでもかなりの金額になるので、現地で食事代などを彼が出す可能性が高いのならば、交通費は女性側が出すのもおすすめ。

その他

例えば、彼と一緒にウィンドウショッピングに行ったとします。この時に、気に入ったものがあったからといって彼におねだりするのはやめておいた方が良いかも。誕生日プレゼントをもらうのとはわけが違います。

衝動的に欲しくなったものがあるのであれば、自分で出しましょうね!

おごってもらうのが当たり前にはならないように注意

確かに同年代で比べると女性よりも男性の方が稼いでいるケースが多いです。だからといって、デート代や2人のためにかかる費用はすべて男性が出すものと決めつけてしまうのは危険。

彼の不満が募り、「なんでいつも俺だけが出さなきゃいけないんだ!」と怒りが爆発してしまう可能性もあります…。

そうではなく、おごってもらったのであれば、それは当たり前と受け取るのではなくきちんとありがとうの気持ちを伝えましょう。

給料日の後は自分がおごるようにしたり、毎回ではなくても食事代を出すなどし、彼が不満に感じないように付き合っていきたいですね。