女性からのプロポーズ!成功させるためのコツやポイントをチェック

プロポーズといえば男性が行うものといったイメージが強いかもしれませんが、近年は男性ではなく女性からプロポーズをする逆プロポーズもはやっています。

付き合っている彼氏がいるもののなかなかプロポーズしてくれない…!と我慢の限界に達しているのであれば、逆プロポーズについて検討してみるのもおすすめ。

ただ、注意しておきたいこともあります。そこで、女性からの逆プロポーズをする際のポイントやおすすめのシチュエーション、男性がプロポーズで言われて嬉しい言葉についてチェックしてみましょう。

女性からの逆プロポーズってアリ?

そもそも、女性からプロポーズをするのはアリなのでしょうか。実際に増えている逆プロポーズではありますが、昔ながらの習慣としてプロポーズは男性から行うものといった考え方が強い方もいるでしょう。

男性の中には、女性から逆プロポーズを受けるとプライドを傷つけられてしまう方も…。特に、自分からプロポーズをしようと思って準備を進めていたような状況で逆プロポーズされたりすれば、ショックを受けてしまう男性もいるでしょう。

上から目線にならないように注意

特に気をつけておかなければならないのが、絶対に上から目線にならないということ。カップルの中には男性よりも女性のほうが稼いでいるようなケースもありますが、こういった場合でも絶対に上から目線にはならないように注意しておきましょう。

NGなのがまるで相手を責めるような口調で意思を確認するということ。「あなた、私と結婚する気あるの?」、「結婚する気がないなら今すぐ別れる!」なんて間違っても言わないようにしましょう。

逆プロポーズは成功する?

成功するかどうかはカップルの関係がどのような状態にあるのにかかっています。

例えば、彼氏側も結婚する気でいるものの、プロポーズする勇気が持てないために関係が発展しないようなケース。このようなケースでは女性側から逆プロポーズのようなきっかけを作ることにより進展する可能性が高いです。

しかし、その一方で彼氏が今の関係に疑問を持っていたり、仕事が忙しい、経済的に安定していないなどの理由から結婚に対して前向きに考えられていないような場合は断られてしまう可能性もあります。

女性からプロポーズするのはとても勇気のいる事ではありますが、思い切ってプロポーズしたからといって必ずしも成功するわけではないのでこの点はよく押さえておきましょう。

逆プロポーズのシチュエーションは?

シチュエーションは非常に大切です。どんなに魅力的なプロポーズの言葉を用意していても雰囲気を全く考えないような場所でされれば一気に台無しになってしまいます。

そこで、次のようなシチュエーションがおすすめ。

イベントの力を借りる

バレンタインデーやホワイトデー、クリスマスなどは街中でも様々なイベントが行われており、恋人のテンションが上がるような飾り付けが行われているところもありますよね。そういったところを活用してみるのもおすすめ。

自分で大掛かりな準備をしなくても、キレイなイルミネーションで彩られたクリスマスツリーの下で逆プロポーズをすれば、それだけでロマンチックです。

プレゼントを渡しながら

彼氏の誕生日や2人の記念日に合わせて逆プロポーズをする方もいます。彼氏にプレゼントを渡し、それと一緒にプロポーズの言葉を伝えてみましょう。

自宅で

自宅で逆プロポーズする方も多いですが、この場合も雰囲気作りは大事です。いつも通りテレビを見て、食事をして…そういった流れの中でプロポーズされてもピンとこないかもしれません。

普段は買わないようなちょっといいワインを用意してみれば、彼氏も「お、なんだ?」とそわそわするでしょう。テーブルの上にお花を飾っていつもとは違う雰囲気にしてみたり。もちろん、プロポーズする時にはテレビを消して相手の意識をしっかりと自分に向けさせてから伝えることが大切です。

男性が言われてぐっと来る逆シチュエーションの言葉

男性と女性では言われて嬉しい言葉は違います。あまりにも回りくどい言い方をしてしまうと、それがプロポーズであると気づいてもらえない可能性があります。

そのため、できる限りシンプルに、わかりやすく伝えましょう。

例えば、次のような言葉をもらえると、ぐっとくる男性が多いようです。

「あなたのお嫁さんにしてください」

女性らしい可愛さも出しながら意思の強さを感じさせる言葉です。プロポーズしたかったけれど勇気が出なくてできなかった男性の場合、かなりグッとくる一言になるのではないでしょうか。

「私と結婚してください」

相手の目を見て、手を取って伝えれば気持ちは伝わるはずです。はっきりと結婚して欲しいと伝えるわけなので、彼氏も曖昧な反応はできないでしょう。

煮え切らない態度をとる彼氏に対して我慢の限界と感じている方もはっきり伝えてみるのがおすすめです。

他にもあなたとずっと一緒にいたい、そばで支えさせてほしい、いつまでも同じものを一緒に見ていきたいなど、彼に喜んでもらえる言葉を考えてみましょう。

手紙でサプライズ

直接言葉で伝えるのが恥ずかしいのであれば、手紙もおすすめです。近年はLINEなどの手軽なコミュニケーションツールも登場していますが、あえて手紙にしましょう。

その場で読んでもらうのもいいでしょうし、後で読んでもらうのもいいですね。また、プロポーズしたとしても本気だと思ってもらえるかわからない、ごまかされてしまうかも…と不安に思っている方にも手紙がおすすめ。

結婚したいという気持ちを手紙の中でしっかりと伝えましょう。

プロポーズを意識させる逆プロポーズもおすすめ

彼がなかなかプロポーズしてくれないけれど、やっぱり彼の方からプロポーズして欲しい!と思っている女性は多いはず。そういった時は、返事を求めるような逆プロポーズをするのではなく、彼氏の背中を押すような告白をするのがおすすめです。

明らかに彼も結婚する気があるのになぜかプロポーズしてくれない…と悩んでいるのであれば、もしかしたら彼に自信がないのかもしれません。
「プロポーズして断られてしまったらどうしよう…」と思うような状況ではなかなか勇気が持てませんよね。

そのため、「プロポーズされれば私がOKを出すよ!」と遠回しに伝えられれば彼氏の背中を押せるでしょう。

「結婚したいな」とか、「ずっと一緒にいたい」と伝えるだけでも彼の背中を押すことに繋がるはず。更に遠回しに伝えるのならば、「今度の誕生日、プレゼントじゃなくて気持ちが欲しい」などもありですね。

逆プロポーズで関係が進展!

プロポーズを待っていたら何年も経過してしまった…というカップルも少なくありません。

男性の中には、結婚をしなくても同棲をしたり、カップルとして付き合っているだけで関係に満足してしまう方もいますが、彼がなかなか結婚について話を進めてくれないのであれば、女性側から逆プロポーズをするのもおすすめ。

近年は男女平等の考え方も強くなり、女性からプロポーズするのはおかしなことではなくなっています。

逆プロポーズが成功するかどうかは実際にプロポーズをする前の2人の関係によっても異なってくるので、まずはプロポーズでOKをもらえるように2人の仲をしっかりと深めておきましょう。

また、彼が仕事などで大変な時にプロポーズをすると取り合ってもらえない可能性もあるので、タイミングについてもよく考えておきたいですね。

プロポーズは男性から行うにしても女性から行うにしてもとても緊張するものではありますが、勇気を出してみましょう。