情緒不安定な彼氏とうまくやっていくために考えておきたいこと

普段はとてもいい人なんだけれど、たまに情緒不安定…

そんな彼氏に悩んでいるのであれば、どうすればうまく付き合って生きるのかについて考えてみましょう。

大変なことや辛いことがあった場合、精神的に落ち込んでしまうのは女性だけはありません。

男性は周りにあまり弱さを見せたくないと考える方も多いことから、気持ちをセーブしてその結果が情緒不安定に繋がることもあります。

情緒不安定なときに間違った接し方をすると機嫌を損ねてしまう可能性もあるので注意しておきたいですね。

そこで、具体的にどのように接していけば良いのかについてご紹介しましょう。

情緒不安定な彼氏との上手な接し方

一口に情緒不安定といっても様々なタイプがいるので一概にはいえませんが、次のようなポイントに注目してみましょう。

聞き上手になる

精神的に問題を抱えている状態は心に余裕がありません。

そのような状態だと、周りからの何気ない一言でも大きくショックを受けたり、気持ちが乱れてしまうことも…。

彼氏が情緒不安定だと感じる場合は自分から積極的に話しかけるよりも聞き上手に徹してみるのがおすすめです。

面倒がらない

ちょっとしたことで機嫌を悪くされたりすると、「またか…」と思うこともあるでしょう。

ですが、情緒不安定になることが多い彼氏とのうまく付き合ってきたいと思っているのであれば、面倒がるのではなく、そこも含めて彼の性格なのだと受け止めなければなりません。

特に、将来的に結婚することなども考えている場合はずっと付き合っていくことになるのです。

情緒不安定になる彼氏のことも認め、どのように接していくのかを考えていくことが重要です。

自分の気持ちを強く持つ

ささいなことで彼氏から怒鳴られたりすると気分が悪くなったり、悲しくなったりすることもあるでしょう。

ですが、自分自身も彼氏につられて情緒不安定になるのではなく、落ち着いて対応をしましょう。

つられて怒ったり泣いてしまったりすると更に彼氏の精神状態も乱れてしまう可能性があります。

本人が一番大変であることを理解する

精神的に不安定になりやすい方は、自分自身でもそれに対して大きく悩んでいることが多いです。

そのため、彼女や周りにあたった後に「またやってしまった…」と後悔することもあります。

このような状況をきちんと理解してあげましょう。

精神的に感情を抑えられず、怒鳴りたくもないのに怒鳴っているかもしれません。

本当は明るく過ごしたいのにメソメソしてしまったり、失礼なことを言うこともあるでしょう。

ですが、彼自身がそのことに悩み、後悔しているのであれば優しく支えてあげる人が必要です。

優しさを与えること

もし、彼氏が謝ってきた場合はそこで文句を言うのではなく、「私は大丈夫だよ」と返してあげると、彼も大きく安心するはず。

普段から精神的に気を張って生きている男性の場合、彼女の前でだけは本当の自分を出せる方も多いです。

周りの人と接する時には普通なのに自分と接するときだけ情緒不安定な気がする…

と不満に思う方もいるかもしれませんが、あなただからこそ安心して自分をさらけ出せているのかもしれません。

気づかい過ぎるとかえってよくない

彼のことを考えて一生懸命アドバイスしているものの、なぜか機嫌が悪くなってしまった…といった経験はないでしょうか。

自分で良かれと思ってしているアドバイスが彼にとって負担になっている可能性もあります。

「あなたのことは全てわかっているわよ」はNG

中には、相手にできるだけ寄り添おうと考えるあまりに何もかも理解しているような雰囲気を出してしまう方もいますが、相手のことを100%理解できる人はいません。

そのような態度で接してしまうと、お前に何がわかるんだと思われてしまう可能性もあるので気をつけておきましょう。

そうではなく、

  • 彼が大変そうだったら …「無理しなくていいんだよ」
  • 仕事で疲れ果てているようだったら …「いつもお疲れ様」

と一声かけてあげることが大切です。

必要に応じて距離を取ろう

情緒不安定な男性の中には、自分自身の心身の状態が良くないことを理解している方も多いです。

そのようなときは、大切な彼女を遠ざけようとする方もいます。

なので、心配だからといって必要以上に近づきすぎないように気を付けましょう。

というのも、例えば彼氏から

「最近ちょっと疲れていて…悪いんだけど少しそっとしておいてもらえないかな」

と言われたら、それを理解してあげることが大切です。

回復するための手段

彼氏のために何かしてあげたい!

と思うかもしれませんが、彼氏側からすれば1人で落ち着いて過ごすことにより気持ちをなだめる時間を作っているのかもしれません。

良かれと思ってあれこれコンタクトを取ってしまうと、彼氏もうまく休めず、状態が落ち着くまでに時間がかかることもあるでしょう。

一歩引いたところで構えておき、彼氏が何か助けを求めてきた時には応じるような気持ちでいたいですね。

相手にわからないように対応する

情緒不安定な彼氏をなだめる際にできることはいろいろあります。

ただ直接話を聞いたりするだけでなく、相手に気づかれない形でサポートする方法もあるのです。

リラックスする効果のあるハーブティーを入れてみる

誰でも自ら情緒不安定になりたいと思ってなっているわけではありません。

自分自身ではどうしようもできなかったり、無意識のうちにそのような状態になっているわけですよね。

大切なのは心を落ち着けること。

リラックス効果のあるハーブティーを飲めば心も落ち着くので、一緒にゆっくり飲んでみましょう。

  • カモミール
  • ラベンダー
  • レモンバーム
  • ジャスミン

などのハーブにはリラックス効果があるので、こういったもの取り入れてみるのもおすすめです。

また、アロマを焚くのも良いでしょう。

リラックス効果のあるアロマを焚いておけば、精神状態が不安定になるのを予防する効果も期待できます。

状態がひどい場合は治療が必要なケースも

ほんの少し落ち込んだり、気持ちが不安定になる程度ならば問題はありませんが、情緒不安定になると自傷行為をしたり、暴力を振るうようなケースでは甘く考えていられません。

このような場合は心療内科の受診なども勧めてみましょう。

本人も情緒不安定になることに悩んでいるのであれば、治療についても前向きに検討してくれるはずです。

ですが、周りから見ると明らかに情緒不安定なのに自分ではそれを理解していない方もいますよね。

そのような方に専門機関の受診を勧めると大きく気分を害してしまう可能性もあるので気をつけておかなければなりません。

彼とどのように付き合っていきたいのか考える

すでに結婚しているのであればお互いに支え合っていかなければなりませんが、彼氏の情緒不安定に振り回されるあまり、自分自身も大きなストレスを抱えていたり、下手をすると鬱のような症状が出ているような人。

本当にその彼氏と今後も付き合っていくのが自分にとってプラスになるのか考えなければなりません。

それでも付き合っていきたい、支えていきたいと思っているのであれば彼との接し方についてももう一度よく考えてみたいですね。

あまりにも近い位置で接しようと考えると自分自身も疲れてしまう可能性があります。

2人で疲れてしまわないように気分転換のために一緒に散歩に出かけてみたり、おいしいものを食べに出かけるなどの対策も効果的なので試してみましょう。