気温が高くなってくると、楽しみなのがアウトドアデートですよね!特に最近ではグランピングがブームになっていることもあり、今年は初めてグランピングデートしようか?と考えているカップルもいるのではないでしょうか。

でも初めてのキャンプとなると、道具や準備が心配!そんな女性のために、キャンプの準備とオススメグランピング施設をご紹介♪

しっかり準備して彼にいいところ見せちゃいましょう!

女子やカップルに人気のグランピング!一体どんな施設なの?

グランピングとは、グラマラス(Glamorous)とキャンピング(Camping)を組みあわせた造語です。

キャンプのように自分でテントを張ったり道具を揃えたりすることなく、豪華なサービスが受けられるという、新しいキャンプスタイルのことなんです。

専門的な道具や知識もいらず、テントを張る手間もかからず、自然環境の中で手軽に贅沢なキャンプができることから、女性同士のグループやカップルでの利用も広まっています!

道具も知識もいらないから、キャンプ初心者にも、気軽にアウトドアデートをしたいカップルにもピッタリです♪

この夏初めてのキャンプデート!気をつけたい準備のポイント

まずは、女性がキャンプデートで気をつけたい準備ポイントからご紹介します!施設が整ったキャンプ場はもちろん、道具がいらないグランピング施設でも、ある程度気をつけるポイントがありますよ。

特に道具を用意する一般的なキャンプを考えているなら、自分の準備も含めて、しっかり道具や装備を整えてくださいね。

ある程度の「虫」は覚悟が必要

一般的なキャンプ場はもちろん、施設が整ったグランピング場でも、自然の中で過ごすことに変わりはありません。となると、どうしても気になるのが「虫」の問題です!

光、人間の体温、食事などに虫は集まりやすいので、虫除けのアロマや防虫ウェア、スクリーン(蚊帳)などで工夫しましょう!

特に虫刺されは悪化すると肌にダメージが残るので、虫除け剤は必ず使うようにしてくださいね。あとは覚悟を決めましょう!

夏でも甘く見るのは×!気温の「寒暖差」

初夏から夏にかけてでも、気をつけたいのは昼夜の寒暖差です。昼間は太陽の陽射したっぷりで暑く感じても、夜になるとグッと気温が下がってしまうことがあります。

また、天気が崩れてくると昼間でも肌寒くなることも。キャンプやグランピングを楽しむときには、必ず寒さ対策として長袖の上着やブランケット、タイツ、長ズボンなどを用意しましょう!

せっかくのアウトドアで体調を崩したらもったいないですからね。

キャンプ場にある「道具」を事前に確認

近年では、共用施設やレンタルグッズが充実しているキャンプ場が増えています。しかし、設置されている施設やレンタルできる道具はキャンプ場によって異なりますし、レンタルは数に限りがあることも。

遊びに行くキャンプ場・グランピング場が決まったら、必ずキャンプ場にある道具や施設をチェックしましょう!

「いざとなったらコンビニで買えば」と思っていても、キャンプ場の近くにコンビニがあるとは限りません。出発の時点で必要な道具がすべて揃っているのが理想ですよ。

生活力が問われる!?「野外炊飯」の力量

テントでのキャンプを楽しむなら、欠かせないのが野外炊飯!定番のバーベキューから、学生に戻った気分で楽しめるカレーライスまで、いろいろなメニューを楽しめそうですね。

しかし野外炊飯となると、普通のキッチンで料理を作るのとはワケが違います。整った設備がない分、下ごしらえや調理などには工夫が必要!

まずはキャンプ場の設備と、調理に必要な道具を確認して、そこからメニューを考えましょう。手早く料理ができたら、彼からの印象もアップ!?

女子力も忘れずに!「保湿・美容ケア」

キャンプといえども、忘れたくないのがスキンケア!野外での活動が長くなる分、もっとも心配になるのが日焼けです。日焼け止めは高SPFタイプを選び、塗り直しもかんたんなスプレータイプがオススメ!

洗顔からスキンケアまでできるタイプのマスクや、石鹸で落とせるメイクアップアイテム、万能バーム、オールインワンなど、荷物を減らして、時短スキンケアのアイテムを選ぶのもオススメです。

どうしてもいつものアイテムがいいという場合は、詰め替え容器や小さいジップ袋などを活用して!

当日の持ち物は?あると便利なキャンプグッズ

テントや寝袋、調理器具といった欠かせないアイテムのほかにも、キャンプで用意すると便利なアイテムはたくさんあるんですよ。

必需品のほかに、こんなアイテムがあれば便利!というオススメキャンプグッズをご紹介!いざというときのために用意しておけば、彼から一目置かれるかもしれませんね♪

BBQや野外炊飯は「料理グッズ」でスムーズに調理♪

野外炊飯をする予定があるなら、お皿やフォークなどのほかに、便利な調理グッズを用意することで、スムーズに調理することができます!

  • 計量カップ…水もお米も計量できて便利!
  • アルミなど金属製の鍋敷き…ダッチオーブンなどそのままテーブルへ!
  • 洗濯ばさみ…テーブルや調理台にビニール袋を取りつけて、そのままゴミ箱が完成!
  • 調理用はさみ…包丁いらずで誰でもカンタン調理♪
  • 厚手のアルミホイル…鉄板代わりになるタイプなら料理の幅が広がりそう!

100円ショップで揃えられるものもあるので、プラスアルファのアイテムをぜひ選んでみて♪

野外デートはケガをする可能性も…「救急グッズ」

キャンプに限らず、アウトドアでは思わぬケガがつきものですよね。万が一のトラブルに備えて、ある程度の救急セットを作っていくのがベスト!

  • 消毒液&絆創膏…絆創膏は何種類かサイズを用意!防水タイプならより◎
  • 滅菌ガーゼ・包帯…傷口を保護するのに便利!
  • 毛抜き・ピンセット・はさみ…刺さったトゲや木片をすぐに除去!はさみはガーゼや包帯に
  • 虫刺され用の薬…刺された後のケアも大事!
  • 瞬間冷却剤・冷却シート…熱中症やヤケド、発熱時に
  • 風邪薬・鎮痛剤・下痢止め…日数分を小分けにしておこう!

必要なものがセットになった救急キットもオススメ!また近くの病院を確認しておき、保険証かコピーを携帯しておくとGOODですよ。

彼とアクティブに遊んじゃおう!「レジャーグッズ」

食後や夜寝る前には、彼と楽しく遊んだり、ゆったりしたムードを楽しんだりもしたいですよね。昼間にオススメの遊び道具と、夜に楽しみたいアイテムをご紹介します!

  • フリスビー…外遊びの定番!
  • バドミントン…定番から変わり種までいろいろあります
  • シャボン玉…キレイに作れたらSNS映えも狙える!?
  • トランプ・UNO…カードゲームなら室内でもOK
  • 花火…線香花火だけでも十分雰囲気◎
  • LEDランタン…LEDならテント内OK!暖色を選ぶとムード満点

花火など遊び道具に制限があるキャンプ場もあるので、事前によく確認するのも忘れずに!

どんなに昼間暑くても「防寒グッズ」は必須!

ケガと並んで気をつけたいのが、防寒対策です!朝や夜はもちろん、昼間でも天気が悪くなると寒くなることもあるので、防寒グッズは必ず用意してくださいね。

  • ブランケット…1枚でポンチョになるタイプもオススメ
  • マット・毛布…寒さは地面から!寝袋などの下に敷いて
  • カイロ・湯たんぽ…カイロは使い捨てや電池・充電式も◎
  • ホットドリンク…定番のコーヒーやココア、寝る前OKのミルク、朝に嬉しいカップスープなど、インスタントが便利

寒いときのホットドリンクは特にオススメです♪

女子ならではの悩み…服装や夜の保湿・メイクはどうする?

さて、キャンプなど野外での活動・お泊りがあるとなると、女性なら気になるのが服装やメイク、スキンケアですよね!

家やホテルと違い、ゆっくりスキンケアしている余裕がないかもしれませんし、どんなスタイルを選べばいいのかわからない!そんな女性もいるのではないでしょうか。

キャンプのときに選びたい服装やメイク・スキンケアについても、まとめてご紹介しますよ!

お昼の服装はカジュアル×さわやか

昼間の服装は、動きやすさを重視したカジュアルスタイルが鉄則!女の子らしさよりも、スポーティーでさわやかな印象のカラーやデザインがGOODですよ。

◎オススメコーデ
  • アウター…薄手で長袖のパーカーやシャツ、アウトドアジャケット
  • インナー…Tシャツ、タンクトップ、ブラトップなど
  • ボトムス…ロング丈のパンツ、キュロットやアウトドアスカートにはレギンスなどをあわせて
  • シューズ…スニーカー、トレッキングシューズ、スポーツサンダルなど
×NGコーデ
  • アウターなしのキャミ、ノースリーブ…虫刺されや日焼けトラブルが!
  • 生脚…虫刺されだけでなく、植物や石でケガをするかも
  • ミュールやハイヒール…歩きづらいのはケガの元!

熱中症の予防に、ハットをプラスするのもオススメ!

夜はパジャマよりジャージ風のものを

夜もかわいく過ごしたい!そう思っても、寝る前パジャマに着替えるのはあまりオススメしません。

キャンプではアウターやブランケットなどを羽織るだけですぐに動くことができる、ジャージやスウェットを着るのがベスト!夏場でも長袖・長ズボンのタイプを選べば、虫刺され対策にもなりますし、急な冷え込みにも対応できます。

「近所のコンビニに行けそう」なくらいのスタイルを選んでみてくださいね。

メイクは話題の「すっぴん風」

アウトドアでも彼と一緒のデートなら、なるべききちんとメイクをしたいですよね。でもあまりにバッチリメイクすぎると、キャンプ場で浮いてしまうかも…。

アウトドアデートでオススメなのは、きちんとメイクなのに素肌っぽい「すっぴん風」メイクです!

  • CC・BBクリーム…1つで肌カバーや血色UP
  • すっぴん風パウダー…毛穴やテカりを抑える
  • リップ&チーク…時短&自然な血色感♪
  • クリアマスカラ…盛りすぎないナチュまつげに

メイク落としは洗顔不要のシートタイプが便利!また石鹸で落とせるメイクアイテムなら、クレンジング不要ですよ。

乾燥肌は特に注意!しっかり保湿ケアを

キャンプは基本的に野外での活動になります。日光に当たる時間が長くなるのは当然として、風や土ぼこりなどにも長時間さらされることになりますよね。

そんな環境を考えて、特に乾燥肌の人は乾燥対策をしっかりしておきましょう!

顔や体にどこでも使える万能クリームやバームをひとつ持って行くと、気になったときにサッと使えて便利です。また、キャンプ場から帰ってきたあとには、自宅で念入りに保湿ケアを!

準備いらず!おしゃれな関東のグランピングスポット5選

一般的なキャンプ場でも役に立つポイントをご紹介してきましたが、もっと楽したい!準備は最低限にしたい!そんなときに選びたい、首都圏エリアでオススメのグランピング場もご紹介します♪

アクセスもよく、わずらわしい準備も必要ないので、気軽に野外デートを楽しみたいカップルはぜひチェックしてみてくださいね。

1日限定5組!静かに過ごせる「PRIVATE GARDEN」

ひとつひとつ違ったスタイルのグランピングが楽しめる「プライベートガーデン」は、1日5組限定でそれぞれのスペースも広く作られているため、プライベート感を大事にしたいデートにはピッタリ♪

バーベキューグリルや基本の調理器具、紙皿といった、食事に関するものはほとんどレンタルできるほか、ベッドなどの寝具も一通り揃っているのも魅力!

車で1分程度のところにショッピングモールもあるので、食材や飲み物が足りないときにも、すぐに買い物に行くことができますよ。

圏央道市原鶴舞ICから車で15分

東京から30分でアクセス◎「WILD BEACH SEASIDE GLAMPING PARK」

@tomodayoyoがシェアした投稿

アクセスバッチリの手ぶらでOK!な「ワイルドビーチシーサイドグランピングパーク」は、グランピングはもちろん、ランチやディナーを楽しめるレストラン、ビーチバーベキューも楽しめるマルチなグランピング場です!

一般的なテントつきサイトだけでなく、エアコンが完備されたトレーラーハウスなど、快適さを優先させたいカップルでも満足できる施設がいっぱい!

SNS映えも狙える真っ白な砂浜もあるので、ビーチ気分を味わいながら自然を満喫できます♪アウトレットパークからも近く、車がないカップルでもアクセス◎

東京湾アクアライン木更津金田ICから車で5分
三井アウトレットパーク木更津から徒歩5分

星の世界を堪能できる「森と星空のキャンプヴィレッジ」

「森と星空のキャンプヴィレッジ」は、世界的なモーターレースが開催されることでも知られる、ツインリングもてぎにあるグランピング場です!

道具いらずで快適なグランピングが楽しめるのはもちろん、バーベキューのセッティングから後片付けまで、すべてスタッフにおまかせできるコースも選べます。

キャンプサイトだけでなく、さまざまなアスレチックが楽しめるアクティビティ、夜空の天体観測と、グランピング以外の楽しみ方もたくさんあるのが特徴です♪

常磐道水戸北(ETC専用)ICから車で30分

離島でリゾート気分♪「初島アイランドリゾート」

shota_Hさん(@h.shoooota21)がシェアした投稿

首都圏からもっとも近い離島としても知られる初島で、島をテーマにしたリゾートが楽しめる「初島アイランドリゾート」!360度海に囲まれた離島で、思う存分リゾート気分を楽しめます。

アジアンリゾートをイメージしたヴィラや、広々としたトレーラーヴィラでゆったり過ごせば、毎日の忙しさからも解放されるかも…♪

食材つきの楽チンプランや、記念日にもピッタリなアニバーサリープランも選べて、特別な時間を過ごしたいふたりにオススメです!

熱海港・伊東港から高速船で30分、初島港から徒歩15分

自然の中でアスレチックもできる「PICA埼玉秩父」

MOMOKO OGIHARAさん(@momokoogihara)がシェアした投稿

たくさんのコテージが建ち並び、さまざまな楽しみ方ができるのが「ピカ埼玉秩父」!バーベキューエリアで野外炊飯を楽しめるのはもちろん、スポーツ、アスレチック、プールなど施設が充実♪

テニスコート、プール、アスレチックといった定番施設のほか、サウナつきの大浴場、カフェ&ダイニングも利用できるので、料理が不安、お風呂に入りたいというカップルにも…。

また、ワンちゃんOKのドギーコテージも用意されているので、ワンちゃんとアウトドアを楽しみたいときにも!

関越自動車道花園ICから車で40分

まとめ

キャンプデートでのポイントと、カップルにオススメのグランピング場をご紹介しました!彼とキャンプやグランピングデートに行くなら、こんな準備をしましょう。

  • 虫刺され&日焼け対策は「長袖&ロング丈」
  • 夏でも防寒グッズは必須!
  • キャンプ場にある備品を必ずチェック

道具不要のグランピングなら、キャンプ初心者にもピッタリ!マンネリを感じ始めたら、アウトドアデートで彼との絆を深めてみてくださいね♪