同じ長続きするカップルでも、惰性で一緒にいるだけのカップルよりも、ずっとラブラブなカップルでいたいと思いますよね。

恋愛を長続きさせるためには、お互いの努力が必要。

だけど、彼を夢中にさせ続けるテクニックを知っていれば、よりふたりの仲は長続きしやすくなるんです!

「もっと彼を夢中にさせたい!」
「長く彼と一緒にいるにはどうしたらいいの?」

そう感じたら、まずは「愛されテクニック」を身につけてみて!

彼から長く愛されるためのテクニックと、愛される存在になるための考え方をご紹介します。

ずっとラブラブなカップル…そんな彼女の愛されテクニックは?

長くおつきあいしているのに、お互いにずっとラブラブ…。

あなたの周りに、そんなカップルはいませんか?それはお互いの相性だけでなく、女性が「愛されテクニック」をうまく利用しているのかもしれません!

ちょっとした工夫で、ラブラブな関係は長続きさせられるもの。

ずっと彼氏に愛されるために知っておきたい、女性の愛されテクニックをご紹介します!

「恥じらい」という名の初々しさを忘れない

おつきあいが長くなると、いろいろなことに慣れてしまいがち。

最初は「ちょっとだけなら…」程度だったのが、だんだんエスカレートして、恥ずかしいと思っていたことも平気になってしまいます。

だからこそ「恥じらい」を忘れないようにしたいもの!

初々しさが残っていることで、つきあい始めた当初のドキドキ感も長続きしやすいんです。

彼女からの愛情表現は「たまに」がベスト

愛情表現はいっぱいしたほうがいいんじゃないの?と思うかもしれませんね。

たしかに、愛情表現は大切なもの。

だけど男性の多くは女性から「追われる」より「追いかける」恋愛のほうが、好きという感情が長続きするものなんです!

まったく愛情表現しないでいると彼も不安になるので、言い過ぎない程度に「好き」と伝えましょうね。

彼の予定や性格をある程度「尊重」している

いつでも彼と一緒にいたい…とはいえ、彼の予定や状況を無視してすべて自分の思い通りにしようとしてしまうと、彼も嫌気が差してしまうでしょう。

彼の予定はもちろん、彼の心理的状況や元々の性格などをある程度尊重してあげて、彼を包み込んであげるような寛容さも重要です。

ただし、どうしても譲れないことがあれば、きちんと伝えてOK!

お互いを尊重しあえるとベストです。

「自分磨き」を忘れない

以下のような見た目の自分磨きはとても重要です。

  • スキンケア
  • ムダ毛ケア
  • ファッション
  • メイク

そして、外見ともに読書やいろいろな社会経験を通じて、内面を成長させる自分磨きを続けましょう!

自分を大切にできる人は、自然と他人も大切にできるようになります。

彼にとって自慢できる彼女であり続ける、そんな向上心があるといいですね。

「感情的な態度」をぶつけずに、自分で処理できる

恋人関係も人間同士ですから、どうしても怒ったり悲しくなったりすることがあります。

どうして怒ったのか、悲しいのかを伝えることができればいいですが、ただ感情をぶつけるだけでは、彼もどうしていいのかわかりません。

感情的になりそうなときは、少し時間を置いてから彼と話すようにしてみましょう。

ヒステリーやメンヘラは、彼から距離を置かれる原因のひとつですよ!

自分らしさをしっかり持った「芯のある」イイ女

彼のことを尊重したり、彼にあわせたりするのは、いいことのように思えます。

でも、何でもかんでも彼のいいなり、彼がいないとダメ!

というのは、大人の女性とはいえません。

彼を尊重しながら、自分らしさをしっかり持つことも大事。

「自分らしさ」を自分できちんと理解して、自立した関係を続けられるイイ女を目指してみて!

小さなことへの「ありがとう」がずっと言える

彼になにかしてもらうことが、当たり前になってきて慣れてしまうと、してもらったことへの「ありがとう」がでなくなってしまうことがあります。

してもらうことを当たり前と思わず、彼への「ありがとう」を忘れないようにするのも、彼との関係を長続きさせられる大きなポイント!

ちりも積もると山となるように、小さなことの積み重ねが彼の不満を爆発させることに繋がるかも…。

受け身よりも意外と「活動的」

「自分らしさ」と同じく、自分の意見をきちんと持っていることも大切です。

彼や友達からの提案を待つのではなく、自分からデートや遊びを提案できたり、ひとりでいるときは自分の趣味に出かけたりできるのも、自立した女性の一面といえますよね。

「なんでもいい」より「あれがいい」と言えるようになりましょう!

嫌なときは「NO」とはっきり断れる

どうしても嫌なときって、誰にでもありますよね。

そんなときは、彼相手だとしてもハッキリ「NO」と言えるのがイイ女!

本当は嫌なのにハッキリ言えず、イヤイヤつきあっているのが彼にバレてしまったら、彼だってきっといい思いはしないはず。

嫌なことはきちんと話せば、彼だってきちんと理解してくれるはずですよ。

彼氏というパートナーに対する価値観が大事!

彼との仲をより長続きさせたいなら、彼氏という存在に対する価値観=考え方も重要です!

あなたは彼氏という存在をどう考えているでしょうか。

なくてはならない?
絶対的な心の支え?

そんなふうに彼を思っているなら、ちょっと注意が必要かも…!

彼が大切な存在だとしても、彼に対する重たすぎる考えは、思わぬところで彼に負担をかけてしまうかもしれません。

彼に「重い」と思わせず、関係を長続きさせたいなら、彼に対する価値観についても考えてみましょう!

彼氏は人生を楽しくするための+α

彼と一緒にいれば楽しい…それは確かに大切なことです。

だけど、

  • 「彼がいないと楽しくない」
  • 「彼がいないと生きていけない」

という考え方は絶対にNG!

彼がいることで楽しく生きられるのは、あくまで+α(アルファ)であって、彼がいないことで必要以上にマイナスにならないことが重要です。

たとえ彼と出会っていなくても、自分なりの楽しみを持ちながら楽しく生きていける…。

そんな女性こそ、長く一緒にいたいと思わせる存在になれるはずですよ!

初めから「支えてくれる」存在として考えない

彼氏が途切れないという女性の中には、彼氏というパートナーを心の支えにしているという人もいます。

だけど、彼氏という存在を最初から心の支えにしてしまうのはキケン!

最初から支えにしようと思ってしまうと、必要以上に彼に期待してしまい、自分に応えてくれないと彼氏としての価値がない…そんなふうに思ってしまうことがあるからです。

つきあっているうちに自然と「自分の支えになってるな」と思えるのが、理想的なおつきあいです!

今が一番幸せであるということを感じることができる

幸せというものは、上を見ればキリがありません。

だからこそ、今ある幸せにきちんと気づいて感じてあげることが大切!

  • 今の彼よりもっといい人がいるかもしれない…。
  • 彼じゃなかったらもっと幸せかもしれない…。
  • あの子のほうが私より幸せそう…。

そんな「たられば」や他人との比較をするのではなく、今の幸せをちゃんと実感して、今が幸せだと胸を張って言えるようになりましょう!

足元にある幸せに、気づいていないだけかもしれませんよ。

【経験談】高校時代からずっとラブラブな友達の結婚式で…

私の友達には、高校時代からつきあってきて、見事ゴールインした人がいます。そんな彼女の体験談を、結婚式のお手伝いをしたときに聞いてきました!

高校のときから真剣に交際していたというふたり。

周りからは「価値観が狭くなる」と言われたこともあったようです。

でも彼女は…

  • 「恋愛だけが価値観を決めるものじゃないでしょ。社会人になってからの友達だっているし、彼がいないときは自分の好きなことをしてたし」
  • 「お互いの世界観がちゃんとあって、一緒にいるときにそれを知ることができれば、世界観とか価値観はもっと広がるじゃない」
  • 「幸せとか価値観は人それぞれだから、全部聞いてたらキリがないよ」

やっぱりお互い自立した関係で、自分の芯となるものを持っているって、恋愛関係を長続きさせるために大切なんですね!

まとめ

彼に長く愛されるためのテクニックと、心構えをご紹介しました。

彼とずっとラブラブでいるには…

  • 愛されテクニックを効果的に利用する!
  • 自分らしさをきちんと持つ!
  • お互い自立した関係を目指す!

こんなことを大切にしながら、お互いの関係を築いていくことがポイントなんですね。

間違った愛し方でベッタリした関係になってしまうと、依存症になってしまうことだってあります。

彼といつまでもラブラブでいたい!そう思ったら、まずは自立した女を意識し、お互いを尊重しあえる関係を目指しましょう!