「モテないわけじゃないけどなぜか本命になれない…。」
「もしかして私って都合のいい女?」

彼の言動から、自分は本命じゃないのでは?キープされてるだけ?と思ってしまうことがあるかもしれませんね。

せっかくなら、やっぱり本命になりたい!そう思うのは当然のことです。

本命彼女を目指すために、キープになってしまう原因と男性の本音、そしてキープ卒業へのステップをご紹介します!

今の私って都合のいい女…?10項目で診断!

まずは、今の自分が彼にとって「都合のいい女」になっているかをチェック!10項目のうち、あなたはいくつ当てはまりますか?

  1. 自分からデートに誘うことはない、または誘っても断られる
  2. 求められるとすぐに体を許してしまう
  3. デートは自宅やホテルばかりで外デートがない
  4. 彼からの連絡が途絶えることがある
  5. 会う約束をよくドタキャンされる
  6. 誕生日やクリスマスなどのイベントデートがない
  7. 炊事や家事など彼の世話をよくしている
  8. 彼がお金をかけてくれるデートをしない
  9. 彼の出身や家族のことなどプライベートなことを知らない
  10. つきあっている、好き、とはっきり言わない

5個以上当てはまっていたら、あなたはズバリ都合のいい女!3個以上でも都合のいい女予備軍と言ってもいいかも!

なんで大事にしてくれないの…?キープにされる原因4タイプ

都合のいい女かもしれない…と思っていても、あなたは彼のことを好きなだけ。あなたのことを都合のいい女にしているのは、彼のほうですよね。

しかし、男性が好意を持ってくれた女性をキープにしてしまうのには、女性側の態度や行動にも理由があるんです。

キープ女にされやすい女性の特徴を、4つのタイプにまとめてみました。

① 身の回りのガードがゆるい「寂しがりタイプ」

常に誰かと一緒にいたい、ひとりになりたくないという寂しがり屋な女性の多いタイプ。

誰かに必要とされるのが嬉しくて、そんなに好きでもない相手でも、好意を寄せられると「好きになってくれるなら…」と心も体も許してしまいがちです。

押しに弱いので、都合のいい女だけでなく、場合によっては「軽い女」と見られてしまうことも…。

② 尽くす恋愛が好きな「世話好きタイプ」

彼が喜んでくれることが私の一番の喜び!と感じてしまうタイプ。

彼が喜ぶからと、プレゼントや彼の都合にあわせたデートに、食事作り、彼のための家事など身の回りの世話までしてしまうと、男性は「俺のためなら何でもやってくれる」と勘違いしてしまいます。

彼のためを思ってのことだったのが、何もしないダメ男を作ってしまうかも…!?

③ 女性から好意を出しすぎている「チョロい女タイプ」

基本的に男性は「追いかける恋」が好きです。女性を追いかけているうちは夢中なのに、確実に好意を持たれていることがわかると「何もしなくても好きでいてくれる」と考えます。

この「好きでいてくれる」という自信が、女性に何もしない態度に繋がり、都合よく使えるという考えにも繋がっているんです。

きちんと交際できるまでは「ほかの男に取られるかも」と思わせても大丈夫!

④ NOと言えない「聞き分けがよすぎる真面目タイプ」

彼が言ったことはすべて真面目に受け入れる!という真面目ちゃんこそ、実はキープ女にされやすいタイプ。

彼が会いたいと言えば都合をつけて会いに行くし、彼が会えないと言えば黙ってガマンする…。拒否すれば彼が離れて行くのではと考えて、かわいいワガママも言えないのです。

女性は多少ワガママなところがあるほうが、意外とモテます!

そもそもなぜ男性はキープを作るの?残酷な男性のホンネ

キープにされやすいタイプの女性がいるにしても、キープとして扱ってしまうのは男性側ですよね。だったらなぜ、男性はキープの女性を作ってしまうのでしょうか。

あいまいな返事しかくれない、関係をはっきりさせない…。男性が本命ではなく、キープの女性を作ってしまう「ホンネ」を探ってみましょう!

自分のステータスとして優越感を味わえる

多かれ少なかれ支配欲を持っている男性は多いもの。そんな男性にとって、自分の言うことを何でも聞いてくれてる女性というものは、支配欲を満たして優越感を味わえる存在になります。

キープ、セカンドの存在があるだけで妙な自信に繋がり、関係をはっきりさせないキープの女性がいることが、彼の自慢になってしまっているのかも。

寂しさを埋めるのにちょうどいい

別に好きではないけど、せっかく好意を持ってくれているなら…と考えるタイプです。

寂しいとき、性欲を満たしたいときなど、自分が必要とするときに側に来てくれる、まさに「都合のいい女」として、最初から本命視していないんです!

本命としては考えられない、でも捨てるにはちょっと惜しい。そんな風に思っているわけです。

悪気がなくただ「来る者拒まず」

最初から「キープにしよう」と考えている男性もいるのに対し、そんな風に思っていないけど結果としてキープになっている、という男性もいます。

それは、来る者を拒まないタイプの男性です!

優柔不断な性格や「告白してきた女性を傷つけたくない」というやさしさなど、来る者を拒まない男性の性格はさまざま。

ただ、そこにもやっぱり「せっかくだし」という心理があるのかも…?

これであなたもモテ女!キープにされたくないなら絶対にやめるべき行動・思考回路

キープにされてしまうのは男性側に大きな原因があるとはいえ、女性側も注意していないと「うっかりキープ状態」になってしまうことがあります。

気がついたらキープ女になっていた!ということを避けるためにも、こんな考え方や行動をやめてみましょう!

すぐに変えるのは難しくても、ちょっとしたときに「キープ体質を変えるんだ」と思い出すだけでもOKですよ。

「大事にしてくれた」思い出にすがるのはやめよう!

彼から離れられない大きな原因のひとつが、過去に彼が「大事にしてくれた」という思い出です。

大事にしてもらった経験があるから、自分はキープではない…そう言い聞かせて、いろんなことをガマンしていませんか?

大切なのは、彼との過去ではなく「今」のはず!今現在の彼と自分の状態を客観的に見て、彼との関係をしっかり把握して。

「彼は私がいないとダメ」なわけがないことに気づこう!

彼のお世話をするのが生きがいのようになっている「お母さん気質」の人、いますよね。

彼って私がいないとダメなの!と、姐さん女房気取りもいいけれど、本当に彼はあなたがいないとダメなんでしょうか。

あなたがいないとダメなのは、彼の家事・炊事や性欲だけ!

たまには彼のことを忘れて、もっと自分のお世話をしてあげてくださいね。

「彼ぐらいしか私を愛してくれないし…」と自分の価値を落とすのをやめよう!

私なんか…と自分に自信を持てないことで、「彼しかいないの」とキープになりやすいもの。特に、キープ彼が初めての男性という人や、過去に恋愛でつらい思いをしたことがある人に多いです。

彼以外にもきっとあなたを好きになってくれる人がいるはず!

もっと自分に自信を持って、キープされている状態に「NO!」と言えるようになりましょう!

「いつか態度を変えてくれるだろう」と期待しすぎるのはやめよう!

長く一緒にいればいつか本命に選んでくれるはず…きっと大切な存在だと気づいてくれるはず…。最初からキープになってしまうと、そこから本命になることはほとんどありません!

他人を変えようとするのは大変な労力が必要です。どんなに努力したって変わらない人もいます。

それなら、自分を変えて都合のいい関係を終わらせて、新しい出会いに目を向けましょう!

【体験談】私も実は「都合のいい女」から「本命」になりたかったんです

私も以前「都合のいい女」だったことがありました…。振り向いてもらいたいから、彼からの誘いにも応じるし、彼が喜んでくれそうなこともいろいろしたんです。

会っている間は楽しいし、彼も楽しそうにしてくれる。だけど、つきあう前に体を迫られたことがありました。

そのときは回避したんですけど、仲のいい友達に相談したら「都合のいい女にされてるよ」と…。

そこでハッとしたんです。

アドバイスをもらってからは、気持ちを切り替えました。彼からの誘いもたまに断るようにして、彼へのお世話も控えて、自分磨きも頑張りました。

すると、彼から「ちゃんとつきあいたい」との告白が!「前より好きになった」とも言われました。やっぱり都合よく扱ってたのか!と思いましたが(笑)。

自分を変えると、周りも変わるんです!

都合のいい女は卒業!まずは客観的な視点を持って

都合のいい女状態は、誰でもなってしまう可能性があります。都合のいい女から卒業するには、この4つがポイントです!

  • 過去ではなく「今」をきちんと見直そう
  • 彼をお世話する「お母さん」にはならない
  • 自分に自信を持とう
  • 彼を変えるのではなく自分を変えよう

都合のいい女で過ごした時間は取り戻すことができません!

踏ん切りがつかないなら、彼との連絡を絶つのもオススメ。もっとあなたを大切にしてくれる男性が、きっといるはずですよ!