仕事で疲れた恋人を見てしまうと、何とかしてあげたい、癒やしてあげたい…そんな風に思うのではないでしょうか。

それでも、仕事が理由で疲れているときって、よかれと思ってしてもらったことにイライラしてしまったり、ちょっとした言葉に傷ついてしまったりすることってありますよね。

私も、家族の何気ない一言で勝手に傷ついた気分になって落ち込んでしまったり、ついついカッとなって反論してしまって、ケンカになってしまったりしたことがあります。

疲れている相手を癒やしてあげることって、意外と難しいもの。特に恋人に対しては、思わぬ一言で別れに繋がってしまうことがあるかもしれません…。恋人への上手に言葉を選んで「癒やし上手」を目指してみませんか!?

彼女→彼氏へ 男性が喜ぶのは「やさしい応援」の言葉

まず彼氏が疲れているとき、女性がかけてあげたい言葉です。男性は疲れているときに限らず、好きな人から応援してもらえると「頑張ろう」という気持ちを持ちやすいもの。

特に仕事って、頑張っていてもなかなか認めてもらえなかったり、成果がすぐ目に見えてわからないことも多かったりします。そんなときに、側にいる彼女から頑張っていることを認めてもらえて、応援してもらえたら…!

彼が「いつまでも一緒にいたいな」と思ってくれるような、やさしい応援の言葉を選んで、彼の頑張りを認めて癒やしてあげましょう!

いつも「ありがとう」を忘れずに

まず普段から使えるのが「ありがとう」を忘れないことです!いつも一緒にいる彼、長くおつきあいしてきた彼…。

彼との関係に慣れてきてしまうと、ついつい「ありがとう」という一言を忘れてしまいがちです。忙しい中、時間を作って恋人と会っているのは、自分だけではありません!彼も一緒なんですよね。

忙しい中に時間を作って会ってくれたり、連絡をしてくれたり、彼からなにかしてもらったときには、必ず「ありがとう」をつけてみてください。

ただ「お疲れさま」より「お疲れさま、ありがとう」のほうが、より気持ちが伝わってくると思いませんか?

ありがとうと言われて、気分が悪くなるという人はめったにいません!彼が疲れているときに限らず、普段から「ありがとう」を言えるように心がけましょう!

「かっこいいね」「尊敬する」などストレートなほめ言葉はきっと喜ぶ

男性であればどんな人でも、誰かから認められたいと思っているもの。

「仕事に打ち込んでるところ、かっこいいね!」
「きちんと仕事に向き合ってる○○君、尊敬する」

と、男性が喜びそうなほめ言葉をかけてあげると、彼も頑張って仕事しよう!と思えるのではないでしょうか。

ほめ言葉をまじえるのは、彼が疲れているときはもちろん、仕事がなかなかうまく進んでいなかったり、仕事で失敗をしてしまったりして、落ち込んでいるときにも役立ってくれますよ!

褒めすぎも注意

ただ、落ち込んでいるときはそっとしておいてほしいというタイプの人もいるので、必要以上におだてないように注意しましょう。

  • 「かっこいいと思うよ」
  • 「えらいね」
  • 「頼もしい」

と、さりげなくほめてあげてくださいね。

「体調には気をつけてね」と重すぎない気遣い

彼が頑張っているときに気になるのは、頑張りすぎて体調を崩さないかな?ということですよね。頑張っているときはついつい睡眠時間を削ってしまったり、食事をきちんと摂らなくなったりしてしまいがち。

自分では気づいていなくても、人から見ると「頑張りすぎじゃない?」ということもあるものです。

そんな彼には

「体調に気をつけて頑張ってね」
「風邪を引かないようにね」

と、体調や睡眠、食事などを気遣う言葉がオススメ!

「頑張っているところを見てくれているだけでなく、自分のことにも気をかけてくれるんだなぁ」と、ホッと気持ちが安らいでくれるでしょう。

ただし、「ちゃんと寝ないとダメ」「ごはんはきちんと食べて」「だから風邪引くって言ったのに…」などと、まるでお母さんのように口うるさくなってしまうのはNG!あくまでも彼に優しく、応援する気持ちを忘れずに!

「落ち着いたらまたお出かけしようね」と次へのモチベーションをあげよう!

仕事が忙しくなってしまうと、どうしても会う時間が限られてしまったり、メールなどのやり取りも少なくなってしまったりします。

しかたがないことだとわかっていても、会えないこと、構ってあげられないことに対して、彼は罪悪感や「もしかしたら嫌われているかも…」という気持ちを抱いてしまっているかもしれませんよね。

仕事が忙しいこと、それにあなたに会えない罪悪感まで抱いてしまっていたら、彼はますます参ってしまうかもしれません。そんな彼の罪悪感と不安、疲れを取り除いてあげられるのはあなた!

「仕事が落ち着いたらまた遊びに行こう!」
「仕事が終わったら楽しみにしていた○○を見よう!」

と、次に繋がる言葉をかけてあげましょう。彼をホッとさせられるだけでなく、仕事や恋愛へのモチベーションもアップしちゃうかも!?

「好きだよ」の一言で愛情表現

どんな言葉をかけていいかわからない、うまい言葉が思いつかないという女性なら、思い切って「好きだよ」の一言で彼を安心させましょう!

わかりやすい愛情表現の言葉って、女性から伝えることがあまり多くありませんよね。

正直私も、照れてしまって苦手です…。でも、普段なかなか言えないからこそ、疲れてしまった彼の心を癒やす一番の言葉になるのではないでしょうか!これまでにご紹介した言葉との合わせ技も効果的♪

タイミングを間違えないこと

ひとつ注意したいのは、好きだという気持ちを伝えるタイミングです。たとえば彼が話しているのをさえぎってしまったり、真面目な話をしているときに急に言い出したりするのは、かえって逆効果になることもあります。彼がホッと一息つけるようなタイミングで伝えることができれば、きっと効果はバツグンですよ!

彼氏→彼女へ 女性が喜ぶのは「あたかみがある肯定」の言葉

続いて、彼女が疲れているとき、男性がかけてあげてほしい言葉です。女性はなんといっても、自分の話を肯定してもらうことを心のどこかで望んでいます!

よく会話で「男性は理論、女性は共感」を求めているなんて言いますよね。個人差はあるものの、女性の多くは自分の気持ちや意見に共感してほしい、肯定してほしいと思っているものなんです!

だから、男性から疲れている彼女に声をかけるときのポイントは「やさしくあたたかく、共感・肯定してあげる」こと!

「私のことわかってる!」…そんな風に彼女に思わせて、安心させてあげてくださいね。

「今日は自分がやるからゆっくりしてて」と日頃の頑張りをねぎらう

一緒に暮らしていなくても、どちらかの家に恋人が遊びに行くと、食事の用意や後片付けなどを彼女が担当することが多い、というカップルは多いのではないでしょうか。

仕事も頑張って、プライベートでも家事や炊事を頑張って…。そんな彼女の努力をきちんと認めたうえで、疲れている彼女をねぎらってあげましょう!

彼女の家ではりきるのはほどほどに

彼女の家では台所の使い方、洗濯のやり方や洗濯物のたたみ方・しまい方、掃除の方法など、家事や炊事にこだわりを持っている女性は多いもの。

それに普段家事や炊事に慣れていない男性だと、あれこれ頑張ったつもりが逆に部屋を散らかしてしまった…なんてことになりかねません。

彼女の負担を減らすつもりが増やしてしまうことになったら、彼女の疲れも増すばかり…。そんなことにならないよう、自分の家や得意分野で頑張ってみてください!

「何でも聞いてあげるから話してね」という大らかな態度をわかりやすく伝える

女性は男性と比べると、おしゃべりが大好きなことが多いですよね。仕事などでたまったストレスも、言葉にして吐き出すことでスッキリする!ということも少なくありません。

ですから、疲れている彼女の悩みや愚痴をなんでも聞いてあげるよ、という態度をわかりやすく言葉で示すことで、彼女のストレスも軽減させてあげられるかも!?

ここでのポイントは、彼女の話をきちんと聞いてあげること、そして無理に話を聞き出そうとしないことです!「何でも聞いてあげるよ」と言いながら、彼女が話している間うわの空だったり、てきとうな相づちを打っていたりしたら、「何でも聞くって言ったのに…」とガッカリしてしまうでしょう。

やさしさを忘れずに

そして、おしゃべりが好きな女性だとしても、人には話したくないことだってあります。そんな女性に対して「何で話してくれないの!?」と詰め寄ってしまうのはNG!

彼女が話したいことを聞いてあげて、話したくなさそうなことは無理に聞き出さないようにするやさしさも忘れないでくださいね。

「頑張ってるね、すごいよ」と頑張っていること自体をほめる

男性はいろいろなことに対して、とにかく結果を求めてしまいがち。ほめたり評価したりするのは、結果が出てからで十分と考えている男性も多いのではないでしょうか。

しかし女性は、結果に至るまでの「経過」や「現在の状態」を重視することも多いのです。だから、頑張っている彼女には「頑張っててえらいよ」と「今の頑張り」をほめてあげましょう!

頑張ってる時に、ほめてあげて

結果が出たときにほめてあげればいいと思っていたら、彼女が思っている通りの結果にならなかった、結果が出るまでの間にほめたり労ったりしてくれなかったことを彼女から責められた…そんなことだってあり得ます。

そう、結果だけを重視していると、いつの間にか彼女の気持ちが離れてしまっていたということもあるのです!そんなことにならないためにも、彼女が「今頑張っている」ことを認めて、しっかりほめてあげてください。

「無理しすぎは心配になる」と彼女を気遣う言葉

仕事で頑張っている人というのは、男女に関係なくついつい無理をしてしまいがちです。女性が無理を続けると、ツヤツヤだった肌や髪の毛がガサガサパサパサになってしまったり、ホルモンバランスが乱れて見た目ではわからない体調不良になったりします。

肌の調子がわからなかったとしても、無理をしていることは恋人だったらわかるはず!いつも以上に彼女が疲れているなと思ったら「無理しすぎないで」と、体調を気遣ってあげましょう。

命令系は✕ 心遣いを大切に

ここでも注意したいのは「無理をするな!」と命令するような言い方を避けることです!叱るような言い方をしてしまうと、ある意味では彼女は「無理しないこと、頑張らないことを強要している」と感じてしまうかも…。

そして、自分が心配していることを強調しすぎるのもNG。言い方によっては「自分が安心したいから頑張ってほしくないだけか」と、彼女に思われてしまうかもしれませんよ。あくまで「彼女のことが心配だから」という気持ちを忘れずに!

静かに抱き寄せる

男性は女性以上に口下手で、自分の気持ちをうまく言葉で表現できないという人が多いですよね。そんな人が無理に言葉で彼女をなぐさめてあげようと思っても、なかなか実行できないかもしれません。

また、言葉選びがうまくいかず、かえって彼女を傷つけたり怒らせたりすることも…。それなら、疲れている彼女を黙って引き寄せて、やさしくハグしたり、肩を抱いたりしてあげましょう。

口下手、不器用の自覚があるのなら、無理におしゃべりしたり、言葉にしたりする必要はありません。静かに抱き寄せ、一言「お疲れさま」と言うだけでも、きっと彼女の緊張をときほぐすことができますよ!

過剰なスキンシップは✕

ただ、ハグを受け入れてくれたからといって、疲れている彼女に過剰なスキンシップを求めてしまうのはNG!疲れているときは、そういう甘い気分になれないことだってあります。彼女が求めてくる場合は別として、あくまでも「疲れている彼女を安心させる」ことが目的だということを忘れないでくださいね。

まとめ

忙しくしている人を癒やすのは、特別な食事やサプライズイベントでもなく、実はこうした「何気ない一言」なんです。

忙しくて時間がない中でも受け止めやすく、必要以上にプレッシャーをかけない……そんな相手に、恋人は癒やしを感じてくれるのではないでしょうか!

仕事で忙しいときって、よかれと思って豪華な食事を用意してもらっても、意外と食べられないことがありますよね。

私も仕事がピークの時期には、食べやすくてお腹にやさしい雑炊なんかが嬉しくなります。それと一緒で、何気ない一言のほうがホッとする…そういう人、多いと思います。

何気ない一言で相手を癒やしてあげられるには、普段からの心がけも大切です。

  • 「お疲れさま」
  • 「おかえり」
  • 「おはよう」
  • 「おやすみ」
  • 「ありがとう」

…こんな「当たり前」の言葉を、あなたは恋人にかけられていますか?自分からのメールなどを見返してみて、こんな言葉が足りていないなと思ったら、意識的にねぎらいの言葉をかけるようにしてみてください。その気持ちはきっと恋人にも伝わるはずですよ!!