「恋は女をキレイにする」「恋は盲目」なんて昔からよくいわれていますよね。

彼のために自分磨きを頑張るから…大好きな彼に心を奪われてしまうから…。でも、それだけじゃないんです!

恋をするとキレイになる、盲目になるのは、恋愛中に分泌される「ホルモン」に理由がありました!

このホルモンをうまく利用すれば、ずっと彼とラブラブでいられるかもしれませんよ♪

恋愛ホルモンってなに?「恋は盲目」の正体

恋愛ホルモンといっても、そういう名前のホルモンがあるわけではありません。

人は恋に落ちると、ドーパミンやエストロゲンがたくさん分泌され、盲目状態になったり、ドキドキを強く感じたりするんです。

そんな恋愛中に多く分泌される物質が、まとめて「恋愛ホルモン」と呼ばれています。

恋愛ホルモンは脳に影響を与えていた!?

ある研究で、脳の動きをスキャンしながら好きな相手の写真を見せたところ、脳が「批判」と「疑い」に関する機能を停止させたことがわかりました。

つまり、好きな人がいて恋愛ホルモンが出やすい状態だと、その人を否定したり疑ったりする脳の働きが鈍くなり、すべてがステキに見えてしまう!というわけです。

「恋は盲目」の正体は、恋愛ホルモンが与える脳への影響だったんですね!

片思いする女性は何故キレイになるの?

恋をすると、片思いでも恋愛ホルモンは分泌されやすくなります。

その中でも女性をキレイにするのは、女性ホルモンの一種であるエストロゲンといわれているんです。

エストロゲンは体の女性らしさを生み出したり、肌や髪にツヤを与えてくれたりします。これがキレイを作り出す秘密だったんですね!

エストロゲンは恋をしていないときにも分泌されているので、エストロゲンの分泌を増やすことで、女性らしい体つきや肌を目指すことができますよ。

エストロゲンを増やす方法
  • イソフラボン、ビタミンE、亜鉛、などを摂取する
  • ゆっくり入浴する
  • ストレスをため込まない

彼のことを考えるとドキドキして苦しい…なんでなの?!

恋愛初期やつきあい始めてすぐの頃は、彼のことを考えただけでドキドキが止まらなくなりますね。それは、恋愛ホルモンの代表格である「PEA(フェニルエチルアミン)」が原因!

PEAは性的興奮や快楽を伝達する機能があるので、ただ彼を思うだけでもドキドキしてしまうんです。

彼氏がいなくても、異性に対して「触れたい」という感情があるとPEAが分泌されやすくなるので、アイドルや俳優さんに恋するのも効果的!?

ドキドキホルモンPEAは長続きしない

実はこのPEA、同じ異性に対しては3~4年で分泌されなくなることがわかっています。長くつきあっている彼にドキドキを感じなくなるのは、PEAが分泌されなくなるからかも!?

彼に浮気させないにはどうしたらいい?

「浮気グセは一生治らない」なんていいますが、研究の結果、遺伝性のホルモン「バソプレッシン」が影響していることがわかりました!

主に男性が分泌するホルモンで、多く分泌されるとひとりの異性への愛着を深め、子どもの世話もよくするようになるといわれています。
だから「浮気防止ホルモン」ともいわれているんですよ。

しかしバソプレッシンは、遺伝によって分泌量が決まっていて、生涯変わらないものなんです。つまり、遺伝的にバソプレッシンが少ない男性の浮気性は治すことができないかも…。

バソプレッシンを分泌させるには…

実は、セックスをしているとバソプレッシンが多く分泌されます。彼の浮気を予防したいなら、定期的にお誘いしてみては!?

セックスすると女は大好きになるのに男は冷める!なんで?

スキンシップをすることで分泌されるオキシトシンも、恋愛ホルモン・幸せホルモンの代表格!

しかし、オキシトシンの大量分泌には要注意です。

セックスをすると大量のオキシトシンが分泌されます。女性は相手がますます愛おしくなるのに対し、男性は大量分泌の影響で相手への興味がなくなってしまうことがわかりました。

セックスのあと彼が冷たくなるのは、心変わりなどではなく、オキシトシンの影響なんですね。そう思っておくと、少し気持ちが楽になりそう…。

普段から程よいスキンシップを心がけて、オキシトシンをうまく利用しましょう♪

彼と倦怠期でマンネリ化…別れの危機をどう乗り越える!?

カップルが倦怠期を迎えてしまうのは、先程ご紹介したPEAが関係しています。PEAの分泌が減少することで、影響を受けていた興奮ホルモンのドーパミンも減少してしまうんです。

ドーパミン不足を解消するには

カップルで一緒に喜びや感動、興奮を共有することが重要です!一緒に旅行したりイベントに参加したり、記念日のサプライズを計画したり、小さな楽しみをたくさん積み重ねましょう。

ドーパミン分泌を邪魔する大敵

ストレスを感じると、ドーパミンは分泌されにくくなります。スポーツやカラオケなど、適度なストレス解消がオススメ!

ドーパミン=ストレスフリーなので、恋愛中は美容やダイエットもピッタリですよ♪

失恋すると辛いけど時間が経つと平気になるのはなんで?

不足することで不眠症やうつ病を引き起こすといわれているセロトニン、実は恋愛中は分泌が減少しています。

セロトニンには、ストレスに強くなったり、気持ちを安定させたりする作用があります。失恋すると少しずつセロトニンの分泌が増えてきて、だんだん気持ちが安定してくる、というわけです。

セロトニンは運動不足や栄養の偏り、日光に当たらないことでも不足していきます。

失恋から早く立ち直りたいときには、意識して運動したり日光浴したり、栄養バランスのよい食事を楽しみましょう!

難しく考えず恋愛を楽しんで!

恋愛中には、こんなさまざまなホルモンが分泌されています。

  • 天然の惚れ薬…フェニルエチルアミン(PEA)
  • スキンシップで幸せ♪…オキシトシン
  • 恋も美容もうまくいく!?…ドーパミン

恋愛ホルモンはコントロールできないものの、食事や習慣で分泌を促すことはできます。楽しいことは思いっきり楽しんで、寂しいことは「きっとホルモンのせい」と思えば、気持ちも楽に♪

恋愛中ならではの「恋は盲目」をたっぷり味わいましょう!