ライター・作家の男性と結婚したいと考えていたとしても、なかなか出会いの機会が見つけられずにいる女性が多いようです。

「ライター・作家と結婚するとどんな生活が待っている?」
「そもそもライターや作家の人とどこで出会うの?」

そういった方のために、ライターや作家といった職業の特徴や、出会うためのポイントなどについてご紹介します。

この記事を読むことによりライターや作家の方との結婚をより現実的なものにしていくことができるので、参考にしてみてくださいね。

ライター・作家の仕事について

ライター・作家といえば、文書の書くことによって収入を得ている人のことです。

ライターの場合は自分で取材をしたり、インターネットから学んだこと、自身が体験したことなどをもとに文章を書き、報酬を得ています。

コラムやインターネットのアフィリエイト用の記事作成、セールス文を書くなど様々なジャンルがあります。

また、作家といっても絵本作家や小説家、放送作家など実に様々な種類があるのです。

それぞれ仕事内容も異なりますし、勤務形態も違います。

ただ、文章を書いて収入を得るという点では同じですね。

ライター・作家という職業の特徴

結婚相手にライター・作家を選びたいのなら、どのような職業なのか特徴を理解しておきましょう。

3つご紹介します。

収入が安定しているかはその人次第

ライター・作家としてどれほど評価されれているのかによって収入は変わってきます。

例えば、フリーランスで自分自身で仕事を見つけてきている方の場合、依頼してもらえる本数が少なければ、収入は伸びません。

また、作家として将来大物目指している方の中には鳴かず飛ばずの状態でアルバイトなどをしながら生活している方もいますよね。

ライター・作家としてどれくらい活躍できているかによって収入は変わるので、「ライターや作家と結婚すればお金に不自由のない生活が送れそう」とは考えないようにしましょう。

人によって契約スタイルが異なる

収入とも関係してきますが、どのような形で仕事をもらっているかも人によって違います。

例えば、事務所や出版社に所属している方であれば最低賃金が保障されているケースが多いのですが、フリーランスの場合は自分で仕事を取らなければ収入は得られません。

事務所や出版社に勤めている方なら福利厚生も利用できますが、フリーランスなど自営業として働いている場合はそういったものもないので、違いをおさえておきましょう。

不規則な生活になりがち

出勤・退勤時間が決められているライター・作家の場合は規則的な生活を送りやすいのですが、自宅で作業をしているタイプのライター・作家は生活時間が不規則になりがちです。

夜中まで作業をして昼に起きる生活をしている方もいるため、こういった方と結婚をすると生活リズムの違いを感じることがあります。

中には締め切り間近になると何日も徹夜して仕上げる人もいるので、すれ違いも起きやすいでしょう。

ライター・作家との出会いが少ない理由

日常生活をしている中で、ライター・作家といった仕事している人と自然に出会える確率は少ないです。

その理由として挙げられるのが、閉鎖的な環境で働く人が多いということ。

ライターや作家の業務内容のほとんどは、調べものや調査、そしてそれに基づいた執筆業です。

これらはほとんど自分一人で行います。

しかも、自分の机やパソコンと向き合い、作業をすることが多いですよね。

自宅で作業をしている方の場合、一日中外に出ずに仕事をしていることも多く、外での出会いに繋がりにくいのです。

自宅ではなかなか良いアイディアが浮かばないからとカフェなどで作業をしている方もいますが、それっぽい人がいたとしても突然話し掛けたりできませんよね。

そういった意味でも日常生活の中でライターや作家との出会いを見つけるのは難しいです。

ライター・作家と出会うにはどうしたらいい?

出会いを見つけるための方法としては、次の4つが代表的です。

友達の紹介

「世間的にも知られている有名な賞を取った作家と知り合いたい」という希望だとなかなか友達の紹介では難しくなりますが、「執筆に関する仕事をしている人と知り合いたい」なら、可能性はあります。

友達や職場の同僚にライターや作家関係の仕事をしている知り合いがいないか聞いてみましょう。

うまくいけばすてきな出会いが見つかるはずです。

自身が関連する仕事に就く

先述したように、ライターや作家の方は閉鎖的な空間や環境で仕事をしていることが多く、その他の職業にある方との接点が少ないです。

そこで、出版社など、関連する職業に就くというのも一つの方法だといえます。

この方法なら直接ライターや作家の方と打ち合わせをする場面もあるでしょう。

ただ、出版社は非常に人気の職場ということもあり、採用難易度は高いです。

情熱がなければできない仕事でもあるので、出会いを探すためだけに出版社への就職を目指すのはなかなか難しいことだといえます。

本人に直接アプローチする

ごくまれに芸能人がファンと結婚することがありますよね。

これと同じ状況を期待し、その作家さんのファンイベントなどに参加してアプローチするという方法もあります。

ただ、度を越したアプローチは迷惑になりますし、下手をすればストーカー認定されてしまう可能性も。

ファンレターを書いて返事を待つなどの方法もありますが、成功率は高いとはいえません。

婚活パーティーや結婚相談所を利用する

特に成功率が高いといえるのがこちらです。

他の方法とは違い、結婚に対して前向きな人だけに絞って相手探しができます。

また、婚活パーティーや結婚相談所を利用すれば、お相手の職業を限定した上で相手探しができるので、ライターや作家といった職業の方をピンポイントで見つけることが可能です。

一日中原稿やパソコンをと向き合っているライター・作家の中には恋愛が苦手で自分から相手探しができず、結婚相談所に登録している方も多いので、婚活パーティーや結婚相談所でライター・作家といった職業に就いている人を探すことは難しくありません。

ライター・作家から「結婚したい」と感じられる女性になるには?

出会いを果たすことができたとしても、結婚相手としてみてもらえなければ結婚には結びつきません。

ライターや作家の男性から選ばれる女性の特徴といえば、自分の仕事を理解して支えてくれる人です。

締め切りが近かったりすると外出もできず起きている時間はほとんど執筆作業にあてている方の場合、「天気が良いからデートしようよ!」と無理やり外に連れ出すような女性は迷惑でしかありません。

忙しくて家事ができなくなることもありますが、そういったときにおいしい料理を作ってくれたり、コーヒーやお茶を出してくれる女性がいると心に余裕も生まれやすいですよね。

家庭的で仕事がしやすいように支えてくれる人は評価が高いです。

まとめ

いかがでしたか?

ライター・作家と結婚したい女性のために、職業の特徴や出会い方のポイントなどについてご紹介しました。

記事の内容をおさらいすると、おさえておきたいのは次の3つです。

  • 人によって働き方や収入が大きく異なる
  • 確実な出会い探しは婚活パーティーや結婚相談所がおすすめ
  • 家庭的で精神的にも支えてくれる人が好まれる

「ライターや作家の方と出会いを果たし、結婚につなげたい」という方はこの記事を参考にしながら出会いを果たし、結婚に結び付けてみてくださいね。