婚活アプリに登録する時、避けて通れないのが顔写真の登録。

「どんな写真が男性ウケするの?」
「友達と写っている写真の方がリア充感があっていいのかな…」

など悩んでいる人は多いはず。

そこで今回は、婚活アプリでマッチング率を高める写真の選び方や、男性ウケする写真の撮り方のポイントを紹介していきます。

この記事を読むことで、マッチング率が高まり男性から注目されやすくなりますので、ぜひ読み進めてください。

婚活アプリは写真でマッチング率が決まる!

婚活アプリの利用者にとって、もっとも大切なポイントといえば顔写真ですよね。

顔写真の善し悪しによって出会いのチャンスが左右されることは非常に多く、写真でマッチング率が変わると言っても過言ではありません。

次の円グラフを見て分かるように、婚活アプリを使用している男性が女性を選ぶ時「顔写真を見る」と答える人が圧倒的に多く、その重要性は一目瞭然。

婚活アプリで女性を選ぶ基準(グラフ)

つまり男性ウケする写真があれば、マッチング率が高まり、その分出会いのチャンスも増えるということ。

どんな写真が男性ウケするのかわからないという人もいるので、ここからは写真の撮り方のコツを紹介していきます。

男性ウケ抜群!出会える写真の撮り方には5つのコツがある!

婚活アプリに登録する前に、男性ウケする写真を撮るための5つのポイントを押さえておくことが大切です。

  • 【服装】白やパステルカラーで清楚アピール
  • 【髪型】顔がはっきり分かるヘアスタイル
  • 【場所】飲食店などのカフェがおすすめ
  • 【表情】楽しそうな笑顔がベスト!
  • 【撮影手段】一眼レフなど高画質がベスト

具体的にどのようなことを意識すればいいか詳しく見ていきましょう。

【服装】「白系・パステルカラー系」の清楚系で好感度アップ

人の第一印象で大切なのが清潔感です。

特に男性は清楚な女性を好む傾向があるので、白系やパステルカラーの洋服で華やかな印象を演出したいところ。

白系を選ぶ時は、シンプルに白いTシャツやブラウスを選ぶと失敗しませんし、パステル系の淡い色合いの洋服なら可愛らしさもプラスできておすすめですよ。

地味な色よりも、女性らしさを感じられる明るい色で爽やかなイメージを持たせることが大切です。

【髪型】顔がはっきり分かるヘアスタイル

婚活アプリに使う写真、顔がはっきりわかるようなヘアスタイルがおすすめ。

NG例は前髪が目にかかって表情がわかりにくいものや、小顔に見せようとするあまり頬の半分以上が髪で隠れているような写真です。

これでは「暗い」「地味」と言った印象を与えかねないので、顔がはっきりをわかるヘアスタイルで撮った写真を使いましょう。

【場所】撮影場所は飲食店などのカフェがおすすめ

カフェなどの飲食店で撮影した写真は、それだけでリア充感が伝わってきて男性ウケが抜群です。

そこで好印象を持ってもらうためにも、流行りのカフェや写真映えスポットで撮影するのがオススメ。

ただ場所によっては、チャラチャラしたイメージを持たれてしまうことがあるので、クラブや居酒屋とわかる写真は使わないよう注意して下さい。

また自分の部屋で撮影する場合は、明るい場所や照明の下などで撮影するのがポイントです。

【表情】楽しそうな笑顔がベスト!

写真を撮る上で一番大切なポイントが笑顔です。

笑顔は人の印象を何倍も良く見せてくれますから、ニッコリと楽しさが伝わる写真を選ぶと好感度が上がります。

できるだけナチュラルな笑顔で撮影するには、友達や家族と一緒の時がオススメ。

作り込まれた笑顔よりも、気の知れた人たちに囲まれている時の自然な笑顔の方が好感度が上がります。

男性ウケを狙うのであれば、自分が楽しく過ごせるシチュエーションで撮影した写真を選ぶようにしましょう。

【撮影手段】一眼レフなど、高画質がベスト

ここまでで紹介した4つのポイントを満たしていても、撮影環境が悪ければせっかくの写真が台無しに。

画質の悪い写真はその人の印象を悪くするだけでなく、マッチング率の低下にもつながります。

自分の印象を良くするためには、日差しが差し込む日中や白いライトの下で撮影するのがポイント。全体の雰囲気を明るく見せたり、肌が綺麗に写るのでおすすめです。

撮影に自信がなければ、思い切ってプロのカメラマンに撮影してもらうという手も。

マッチング率を上げるためにも、画質の悪い写真や薄暗い場所で撮った写真は使わないよう注意して下さいね。

実は好感度を下げてしまう?5つのNG写真

実際に写真を撮影する前に、好感度を下げてしまう5つのNG例も押さえて起きましょう。

  1. 自撮り写真
  2. プリクラやSNOWなどの加工写真
  3. 過度な露出
  4. 変顔などのウケ狙い
  5. 友達との2ショット

なぜこれらが婚活アプリではNGなのかという理由を具体的に見ていきましょう。

1. 自撮り写真

男性の中には、自撮りをする女性=ナルシストというイメージを持つ人が多いです。

そのため、あまりいい印象を持たれないことも。

また自撮り写真を2枚以上登録するとメンヘラ認定されることも多く、それではマッチング率はガクッと下がってしまいます。

自撮り写真を載せたい場合は、できるだけ自撮りとわからないように撮影するか、何枚も登録しないよう注意することが大切です。

2. プリクラやSNOWなどの加工写真

女性に人気のカメラアプリは、いわゆる「盛り」の要素が強く、実物とかけ離れた写真に仕上がるものが多いです。

アプリ上でのやり取りをしているうちはいいですが、実際に会うことになった時に相手をがっかりさせたり詐欺だと思われてしまうことも。

また動物の耳や鼻がついている写真は誰が誰だかわかりませんし、子供っぽさや安っぽい印象を受けてしまいがち。

プリクラやSNOWなどの顔が加工されるアプリで撮影したものは婚活アプリに不向きなので、控えるようにしましょう。

3. 過度な露出

男性ウケを狙いすぎてついやりがちなのが、露出度の高い服を着て撮影した写真を登録することです。

勘違いしないでほしいのが、男性ウケとモテ要素は必ずしもイコールではないということ。

確かに露出した服装は男性の気を引いて、マッチング率が上がることもあります。

ただ、その中にはヤリモク狙いの男性も多く、あなた自身がビッチだと勘違いされたり、真剣な交際につながらない可能性も高まります。

婚活アプリ用の写真は、過度な露出を控えて、できるだけ清楚な雰囲気がわかるものをチョイスするようにして下さいね。

4. 変顔などのウケ狙い

相手に親しみの意味を込める気持ちで、「変顔」を登録する人もいますよね。

男性からしてみれば「女を捨てている」という印象を持ってしまい、異性として意識してもらえないこともあります。

また流行りのお笑い芸人のマネをしたポージングもNGです。

あなた自身が真面目な出会いを求めているのであれば、写真でウケ狙いをする必要はないということを覚えておいて下さいね。

5. 友達との2ショット

初対面の人からすると複数の人が写っている写真ではどれがあなたなのか判断できません。

また友達をだしに使っていると思われる恐れもあります。

どうしても友達と撮った時の写真映りが気に入っているということなら、自分の顔だけトリミングして載せるようにしましょう。

相手が混乱するのを防ぎ、あなた自身が誠実な人だと思ってもらうためにも、登録写真は自分一人が写ったものを選んで下さいね。

どうしても写真を載せないとダメなの?

婚活アプリの利用に不慣れな人は、自分の顔写真を登録することに抵抗を感じる女性もいますよね。

ここからは、顔写真を公開するメリット・デメリットを詳しく見ていきます。

婚活アプリに写真を公開するメリット・デメリット

実際に、顔写真を公開するメリット・デメリットを下記の表にまとめていきましょう。

3つのメリット 2つのデメリット
・マッチング率が大幅UP
・相手が安心する
・後で写真公開したときに拒否されない
・男性のアプローチが増えすぎる
・写真の判断材料が大きい

このように男性のマッチング率がアップする一方で、アプローチの数に翻弄されてしまうことも。

しかし写真を公開すれば、その分選択肢も増えるので、理想の男性に出会いやすくなる可能性は高いでしょう。

「できれば顔写真を載せたくない…」と感じる3つの不安

顔写真を登録することで3つの不安が生まれます。

楽しく婚活アプリを使うためにも、これらの不安をしっかり解消していきましょう。

1. 写真は悪用されない?

写真を公開して一番気になるのが、自分の写真が悪用されないかどうかです。

写真の悪用を防ぐためには、管理体制やセキュリティが万全なアプリを選ぶことが大切です。

婚活アプリを選ぶ時は、安全性が高くトラブルが起きてもすぐに対処してくれるアプリを選ぶようにしましょう。

そこで実際に、管理体制が整っている婚活アプリ3つを紹介します。

これらのアプリは悪質なユーザーに対しても監視が行き届いているため、婚活アプリ初心者さんでも安心して使えますよ。

2. 身内にバレない?

婚活アプリで身バレを防ぐには、ユーザー登録時にFacebookと連動できるものがおすすめ。

なぜかというと、Facebookと連動しているアプリはFacebook上で友だちになっている人を自動で非表示にしてくれます。

またニックネームで登録できる分相手に本名がバレることもありませんので、身バレが気になる人ほど安心です。

Facebookと連動するおすすめのアプリは次の3つになります。

こちらのアプリなら自分が登録していることがアプリ上で知人に伝わることはありません。

さらにFacebook上では、本人確認が必須となるため不審なユーザーはほとんどいないという安心感があります。

よほど悪質な婚活アプリに登録しない限り、基本的に身バレすることはないので安心して利用して下さいね。

3. 自分の見た目に自信がない…

「見た目に自信が持てなくて写真を載せられない」という人は、以下の表を見ながら写真撮影をしてみましょう。

コンプレックスをカバーする写真撮影のポイント
顔が大きい ・帽子を被る
・大振りのピアスで小顔効果
・輪郭回りに手を添える など
顔のパーツが気になる 【口元】マグカップやマフラーを添える
【目元】まつエクなどで華やかに
【その他】気になる部分に「さりげなく」手を添えて隠す など
太っている ・体系が目立たない写真を選ぶ
・服装はワンピースや浴衣がおすすめ
・上半身の写真を撮る など
肌に自信がない ・明るい場所で撮影する
・顔の回りに白い物を添えてレフ版にする
・美肌アプリで適度に加工 など

このような方法で撮影すれば、悩みのコンプレックスを上手にカバーした写真に仕上がります。

ポイントを押さえるだけで、見た目に自信がなくてもマッチング率を上げられるでしょう。

顔写真を載せないで婚活アプリを利用するテクニック

実は、顔写真を公開せずにマッチング率を高める秘密の方法もあります。

具体的な方法は次の通りです。

「仲良くなってから顔写真を見せる」と事前に伝えておく!

どうしても顔写真を載せたくない人は、顔写真を公開するための条件をつけるのが一つの方法です。

相手と密接にコミュニケーションを取り続ければ、写真がなくても相手はあなたに興味を示し始めるはず。

「もっと仲良くなってから」という条件で、その間のやりとりを楽しむことで写真を見せるタイミングを遅れさせましょう。

写真を非公開にする場合どうしてもマッチング率は下がってしまうので、より多くの人の目につくようプロフィール欄はしっかりと充実させるのがポイントです。

ここでも「顔は仲良くなってから見せる」ことをきちんと明記しておくとさらに好感度が上がりますよ。

「顔が見えそうで見えない!」雰囲気が伝わる写真を載せる

正面の顔写真がNGなら、顔が見えそうで見えない、でも雰囲気のわかる写真に挑戦してみましょう。

以下4つのポイントを参考に顔がわかりにくい写真を撮ってみて下さい。

  • 後ろ姿
  • 遠くからのアングル
  • 横顔
  • 顔の一部分を隠すなど

後ろ姿や横顔は、髪型や洋服の雰囲気から「どんな子かな?」と相手に想像させることができます。

会ってみたいと思わせるチャンスになるので、自分の顔に自信がない人に特におすすめですね。

遠くからのアングルは全体の雰囲気が掴みやすく、清楚な印象が伝われば好感度アップにも繋がりますよ。

どうしても公開したくない時は「ユーブライド」もおすすめ

ユーブライド

写真は絶対に登録したくないという人は、「ユーブライド」という婚活アプリがおすすめ。

ユーブライドは、ミクシィグループが運営している有料サービスで、写真を非公開にしている人が多いことが特徴です。

非公開にしてもある程度の人数とマッチングできるようなので、どうしても写真を公開したくない人はぜひユーザー登録してみて下さい。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は婚活アプリでマッチング率UPにつながる写真の撮り方について説明してきました。

最後にもう一度おさらいすると、

  • 顔写真を載せた方がマッチング率が上がる
  • とにかく笑顔で、撮影する場所や服装にもこだわろう
  • どうしても写真を公開したくない場合はユーブライドがおすすめ

という3つのポイントが挙げられます。

婚活アプリで好みの男性と巡り会えるよう、素敵な写真が撮影してみて下さいね。