「彼女はキレイだった」(韓国ドラマ) 第13話のネタバレ含むあらすじ、ウェブ上に潜む無料動画を視聴する際リスクや安全に無料でフル視聴する方法を紹介します。

ハリの後押しもあり、自分の気持ちに素直になることを決意して、めでたくソンジュンに想いを告げることができたヘジン。

しかし、2人の周りにはまだ問題が山積みで・・・。

本記事では併せて第13話の感想や、ネット上での評判・評価も紹介していますので、ぜひチェックしてください。

『彼女はキレイだった』第13話のあらすじ・ネタバレ

「彼女はキレイだった」第13話のあらすじを紹介していきますが、ネタバレを含んでいますので、ご自身で内容を知りたい方はここは飛ばしてください。

幸福

過労で倒れてしまったものの、心配して病院に駆け込んできたヘジンと想いが通じ合い幸せを感じるソンジュン。

退院後、鳥にフンを落とされて服が汚れても、会社でエレベーターにぶつかっても笑い飛ばしてしまうほど全てを明るく感じています。

そんな明るいソンジュンに編集部員たちは驚きを隠せません。

有名作家「テン」

有名作家「テン」の最新刊が編集部で話題になります。

どこの国の人で男性か女性かもわからない有名小説家でしたが、部員のブンホは小説内で韓国人でしかわからない描写を使っていることを理由に韓国人だと言い張っていると、ヘジンがそもそもなぜ名前が「テン」なのか不思議がります。

「10作品書いたら引退するとか・・・」などと話していると、突然ララ編集長が現れ、「テン」は必ずしも数字ではなく意味は色々ある、例えばスペイン語で「ここにある・いる」という意味とか・・・。と一通り言ったあと、「テンは実はここにいるかもね・・・」と意味深なことを言って去っていきます。

その後、ララ編集中は甥と一緒にレストランで食事をしに行き、「副社長に就任することを決めたそうね」と話しかけます。

ララ編集長の兄で会長の息子が出版社で働いている噂はありますが、ここではまだ顔が知られることはありませんでした。

和解

ヘジンの両親の結婚記念日の日、ソンジュンはヘジンを送っていきますが、ヘジンの妹ヘリンに手をつないているところを見つかり、ソンジュンも一緒に食事をすることになり、さらには家族写真の中にも一緒に写ります。

ヘジンの家族の優しさに感動するソンジュン。

ヘジンの家族とは家族ぐるみの付き合いがあるハリ。

結婚記念パーティーに遅れてきたハリはソンジュンと出くわしてしまいます。

きちんと謝ることができなかったハリはこの場を借りて、改めてソンジュンに謝りますが、ソンジュンも自分もハリに話す機会を与えなかったことを気にしていたと謝り、2人は握手をして和解をします。

不安

編集部に突然、本社からの人がやってきます。

ファション誌「ザ・モスト」は来月号で1位に返り咲けなければ廃刊。

本社の人間は「ザ・モスト」が廃刊になることで、ここで働いている人間は敗者の烙印を押されることになり、未来もなくなると、ソンジュンにプレッシャーをかけにきたのでした。

「なぜ本社の人間が・・・」と心配する部員たちに、ソンジュンは「ただの会議」とごまかします。

レナード・キムのインタビューをどうしても「ザ・モスト」次号の特集にしたいと考えているソンジュン。

ファッション業界から突如映画監督へ転身し、今最も注目の人にもかかわらず、インタビューは受けない人で有名。インタビューを取りつけられれば、必ず1位になれるとソンジュンはじめ、編集部員たちは期待しています。

しかし、必死に交渉をするも、結果が思うようについてきません。

分裂

編集部員の一人が本社の人から「ザ・モスト」廃刊の話を聞いたと話したことで部員全員は大騒ぎになります。

ソンジュンに説明を求めて、事実であることを知った部員たちは、内緒にされていたことで部員たちはプライドが傷つき皆去って言ってしまいます。

ニューヨーク本社から韓国支社に赴任された時、部員に心配をかけずひとりでがんばろうとしたソンジュン。

部員たちにしてみれば、言ってくれれば死ぬ気で頑張ってなんどかできた可能性もあると主張し、ソンジュンの考えていたことが全く裏目にでてしまったかたちになってしまいます。

ヘジンは「みんな、ショックを受けただけよ」と慰めますが、ソンジュンは疲れた顔で「悪いがひとりにしてくれないか」と言います。

残されたシニョクとヘジンも引き続き交渉を試みますが、進展はありません。

復活

疲れ切った翌朝、ヘジンとシニョクが出勤すると、部員たちが皆いることを知り驚き喜びます。

「どうして・・・」と聞くヘジンに、「廃刊になるとしても、自分の手で締めくくりたいと思った」というチャ先輩。

さらにソンジュンが来て、レナード・キムがインタビューを了解したという朗報に部員たちは大喜びをします。

幸福と不吉な予感

ソンジュンは今日も休日出勤。

オフィスに入ると、机の上にヘジンからお弁当が置いてあるのに気づきます。

触るとまだ温かったので、ヘジンが近くいると思ったソンジュンはお弁当を持ってすぐに追いかけます。

運よくすぐ見つかったヘジンに「遠足へ行こう」と連れ出します。

楽しい時間を過ごし、ソンジュンは「ザ・モスト」の件が成功したら「君にプロポーズをする」と宣言し、ヘジンにキスをします。

ヘジンも幸せいっぱいです。

しかし、その頃オフィスに置き忘れてきたソンジュンの携帯電話にレナード・キムからの着信がかかっていました。

『彼女はキレイだった』第13話の見逃し動画を無料で見る方法

インターネットで少し調べるだけで、無料の「彼女はキレイだった」第13話のドラマ動画も探すこともできます。

しかし、軽はずみにクリックしてしまうことで、様々な危険が潜んでいることもあります。

ここでは、ウェブ上に潜むリスクの説明に加え、安全かつ無料で日本語字幕付動画をフルで視聴する方法を説明します。

Pandora・Dailymotion・miomioで『彼女はキレイだった』第13話の閲覧は可能?

無料で動画が視聴できるサイトは数えきれないほど存在しますが、中でもオリジナル動画だけでなく、ドラマやアニメが豊富と世界中の多くの人が利用するサイトがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

有名なサイトなので、ひとつくらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。

しかし、これらサイトに関わらず、無料動画共有サイトでは様々な危険性が伴います。

中には、再生ボタンを押したら強制的に外部のサイトへ飛ばされてしまったり、強制的に外部ページへ飛ばされるということもありますので注意が必要です。

『彼女はキレイだった』第13話を配信している主要ビデオオンデマンド(VOD)一覧

ただ動画を楽しみたいだけなのに、リスクのことを考えると不安にもなります。

以下では、安心・信頼のおける主要なビデオオンデマンド(VOD)サービスを一覧にして比較してみました。ぜひ参考にしてみてください。

VOD一覧 配信状況
Hulu ×
U-NEXT
ビデオマーケット
dTV
auビデオパス
FODプレミアム ×
Amazonプライムビデオ
TSUTAYA TV ×
Gyao

※本記事作成時の情報です

今回紹介したビデオオンデマンド(VOD)サービスでは、有料視聴サービスのため、基本視聴料がかかりますが、ほとんどのサービスにおいて、無料トライアル期間があります。

これを利用すれば「彼女はキレイだった」第13話の動画もフルで無料視聴することができます。

『彼女はキレイだった』第13話を実際に観た感想

ソンジュンとヘジンも晴れて両想い。

第13話、残り3話なのでもう最終に近づいているから当然といえば当然なのですが、ここで油断してはいけない韓国ドラマ。

またひと嵐、ふた嵐来そうな予感がします。

あったとしても、またそこが韓国ドラマの面白いところなのですが・・・。

現に、ラストではソンジュンが携帯を置いていってしまったばっかりに大事な電話が取れなかったことになります。

つまり、次話ではトラブル確実!?

そしてそれを性格の良いヘジンが自分をせめてしまいそうで心配です。

『彼女はキレイだった』第13話のネットでの反応や評価・評判

ここではウェブ上の「彼女はキレイだった」第13話を実際に視聴した人のコメント・感想を集めてみました。

コメントにもありました「あと3話で終わってしまう!!」というコメント。

私も同じ喪失感を味わいつつあります・・・。

まとめ

「彼女はキレイだった」第13話のあらすじ、感想などを紹介してきました。

両想いになれてドキドキするシーン、切ないシーンが盛りだくさんの第13話。

この機会に本記事で紹介したビデオオンデマンド(VOD)サービスを利用して実際の目で感動してみませんか?

今すぐ視聴できます。

『彼女はキレイだった』の配信サービス一覧を見る

同じテーマの記事