マナーはきちんと付き合っているわけではないものの、デートをすることになった!というシーンでは絶対に失敗したくないですよね。付き合う前のデートの内容次第では交際に発展するかもしれませんし、失敗した場合には距離が遠くなってしまうかもしれません。

そこで、付き合う前のデートを成功させるにはとうをしたら良いのかコツについてご紹介しましょう。

付き合う前のデートの基本

付き合う前にデートする場合、1週間に1回くらいの頻度で検討しておくのがおすすめです。1週間に2回だと相手にとって負担をかけてしまう可能性もあるので、こちらからデートに誘う場合は1~2週間に1回程度で考えてみましょう。

もちろん、自分にとって負担にはなっておらず、相手から頻繁にデートに誘われる場合はお受けして問題ありません。自分から誘う場合、3週間に1回などスローペースになるとそれほど自分に興味を持ってもらえていないと勘違いされてしまう可能性もあります。

一般的に付き合う前に何回くらいデートするものなのか?というと2~3回と答える方が多いようです。1回デートしただけでは自分との相性についてもよくわかりませんよね。

付き合う前に行うデートはお互いのことをより理解するためのイベントでもあります。実際に付き合った時にどのような関係になれるのか?を想像する良い機会にもなるでしょう。

付き合う前のデートでよくある疑問を解決

どうやってデートに誘えば良い?

自分からデートに誘うと思った場合、口実を考えなければなりませんよね。付き合っていれば「デートしよう」と誘うだけで済みますが、付き合っていない場合は何といって2人きりになれば良いのか悩んでしまう方も多いはず。

2人で出かけられる口実を考えておくのがおすすめです。例えば、水族館のペアチケットを友だちにもらったけど一緒に行く人がいない、新しくできたカフェが気になっているけれど1人では行きにくいなど。

他にも悩みがあって相談に乗って欲しい、兄弟に誕生日プレゼントを選ぶのに付き合って欲しいなどいろいろな口実があります。

事前にLINEや電話で距離を縮めておく

全く連絡を取ることなく、デートだけを行うと会話に困る可能性があります。その前にお互いについてある程度情報があると会話も弾みやすいですよね。

例えば相手の趣味に関することや料理の好みなどを聞いておけばインターネットで話題やお店を下調べすることもできます。まだ両思いになっていない場合は遠慮してLINEを送れない方もいるようですが、仲良くなるために活用してみましょう。

ただ、一方的に連絡をするのではなく、相手の返信に合わせて適度な頻度・量を送ることが大切です。それから、相手にも都合があるため突然電話をかけるのはやめておきましょう。電話で話したいことがある場合は事前にメッセージを送り、今電話しても大丈夫か確認した上で電話をかけておくと安心です。

デートの場所はどこにすれば良い?

明るく話しができる場所を選ぶ方もいますが、相手のことをよく知らないうちは話題に困ってしまうことがあります。自分がかなりおしゃべりが上手でずっと話せるのであれば問題ないかもしれませんが、相手が口下手だったりすると無言の時間が続いてしまう可能性も。

会話が盛り上がらないと次回のデートにつなげられないかもしれません。
そこでおすすめなのが映画館です。

事前にリサーチし、お互いに観たいと思える映画を選択しましょう。映画であれば無言の時間に悩むことはありませんよね。その帰りに食事をするとしても映画の話題が切り出せるので話が盛り上がりやすくなるのです。

避けておきたいのがお酒を飲む場所。緊張してうまく話せなくなってしまう方の場合、お酒を飲んで楽しく話がしたい!と思うかもしれませんが、酔っぱらってしまうと余計なことを言ってしまったり、気持ちが大きくなってしまうこともあります。

それだけでなく、付き合う前のデートで居酒屋などを選ぶと下心を感じ取られてしまう可能性もあるのです。女性が男性側から居酒屋に誘われた場合、別のところを提案した方が良いですね。

ドライブデートは避けておこう

長く付き合っているカップルの中でもドライブデートは人気があるのですが、付き合う前の段階でドライブデートを選択するのはおすすめできません。その最大の理由ともいえるのが、話題に困ってしまう可能性があるということ。

車という密室の中で話題に困った場合、かなり気まずい雰囲気が流れます。それに、男性側が運転する車に乗ってドライブデートをする場合、下手をするとこちらにその気がなくてもお持ち帰りされてしまう可能性もありますよね。

付き合う前ということもあり、まだ相手のことを十分に理解しているわけではありません。普段は優しくしてくれている人でも2人きりになると豹変してしまう可能性もあるので身の安全のためにも付き合い始めるまではドライブデートは避けておきましょう。

実は遊園地もおすすめできない

デートの定番といえば遊園地ですよね。2人でアトラクションに乗れば会話がうまく続かなくても何とかなるはず…と思っている方もいるかもしれません。

ですが、避けておいた方がおすすめ。その大きな理由ともいえるのが、アトラクションの待ち時間に雰囲気作りが難しくなるということ。人気のアトラクションの場合、何10分も並ばなければなりませんよね。

その間はずっと話し続けられる話術のある方ならば良いかもしれませんが、無言の時間が続いてしまうと気まずいです。また、付き合う前のデートで好印象を残すためには「今日は楽しかった」と相手に思ってもらうことが大切。ですが、遊園地でのデートは長時間に及ぶことが多く、楽しかったという気持ちよりも疲れたという気持ちが大きくなってしまう可能性があります。

遊園地でのデートは実際に付き合い始めてから検討した方が無難でしょう。

ランチデートがおすすめ

休日のお昼の時間帯にランチデートに出かけてみましょう。ランチデートなら食事に関する話題もありますし、昼間の時間帯ということもあり安全性も高いです。

他にも午後3時くらいのカフェデートなどもおすすめなので検討してみてくださいね。

会話の話題をしっかり用意していく

できるだけ相手と楽しく話せるように話題をたくさん用意しておきましょう。また、会話はしっかり相手の目を見て、笑顔を多くすることが大切です。もしも話をするのが得意ではない場合はそれを伝えるのも良いですね。「今日のことすごく楽しみにしていたんだけど緊張しちゃってうまく話せなかったらごめんね」と、一言伝えておけば多少会話に失敗しても安心でしょう。

相手に好意を寄せていたとしても付き合う前のデートで過剰なスキンシップはNGなので注意しておきたいですね。

デートの最後に忘れずに行っておきたいのが今日の感想と次につなげる約束をするということ。「今日は本当に楽しかった、また会いたい」と伝えましょう。一緒にデートに行きたい場所などがあればその約束を取り付けてくるのもおすすめです。

恋人同士になるために

付き合う前のデートに成功すれば恋人同士になれるかもしれません。まだ付き合う前ということもあり相手の性格や好きなことを十分に理解していないため、デートを成功させるのは難しいケースもあります。

ですが、相手に自分の気持ちをアピールしたり、お互いをよく知るための良い機会です。ぜひ楽しんでデートをしてみましょう。