過酷な運命に翻弄される2人…。究極のラブロマンス時代劇『太陽を抱く月』。

前回、拷問でひどい目にあいながらも、命を救われたウォルでしたが…。

第14話では、とうとうウォルの記憶が戻ります。記憶が戻ったウォルの運命は?フォンへの思いはどうなっていくのでしょうか?

第14話をまだ見ていない、もしくはもう一度見たい人に、ネタバレ情報を含めたあらすじを紹介していきます。

本記事で見たくなったという人に、無料で視聴する方法も紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

『太陽を抱く月』第14話のあらすじ・ネタバレ

王に呪術を掛けた罪は免れたウォル※(ハン・ガイン)でしたが、活人署(民の療養施設)に送れらることに…。
※「記憶を失い名無しとなったヨヌは王からウォルと名付けられる」

ウォルを助けてもらったことで、大王大妃のユン氏(キム・ヨンエ)に借りができてしまったフォン(キム・スヒョン)でした。

大王大妃は今後は頼みは断れないとフォンに念を押します。

揺るがないフォンの思い

7日後に日食がおこるので、臣下から何事も慎重にすべきだとたしなめられるフォンでした。

ウォルのこともあり、強気にも出られず、忠告を素直に聞き入れます。

デヒョン(キム・ウンス)は、ウォルと会っていた件で、陽明君(チョン・イル)を自宅謹慎にすべきだと進言し、自宅に閉じ込められることに…。

ウォルに会いに来るフォンは、好きだったのは今も昔もヨヌだけだと言います。

そして、自分に言うことはあるかと聞いたのです。

ウォルは冷静に何も言うことはないし、恨んでもいないとフォンに告げたのでした。

その夜、ウォルを苦しめてしまったことをフォンは悔やんで泣きます。

側でなぐさめるウン(ソン・ジェリム)でしたが…。

隠月閣に掛けられた呪い

ホギョン(キム・ミンソ)や大王大妃は、隠月閣から聞こえる女の恨めしい鳴き声を聞いて不安になっていました。

ミナ王女(ナム・ボラ)は不穏な事件があってから、昔の記憶がよみがえり、とても不安になっていました。

ヨム(ソン・ジェヒ)が帰ったと聞き、ヨムに駆け寄り、抱き着いて泣くミナ王女。

大王大妃は観象監の教授デギル(キム・ミョングク)に、女の泣き声について相談をします。

隠月閣で慰霊祭を行うのはどうかと提案するデギル。

もうすぐ日食があるため、その案を却下した大王大妃に、デギルは1つだけ方法があると言うのですが…

またもや大王大妃に利用されるウォル

西の活人署に送られる途中、ウォルは何者かによって拉致されてしまいます。

それを聞いた陽明君は外へ出ようとしますが、ウンに止められて戦うことに…。

ウンには敵わず、王に報告するのかと問う陽明君でしたが、ここには長い間友情をはぐくんできた友しかいないと言うウンでした。

ウォルを連れ去ったのは、デギルでした。

隠月閣にいる霊魂を鎮めるため、巫女の体に受け入れさせると言います。

霊魂を受け入れた巫女は死んでしまうかもしれないと聞いた大王大妃が、適任はウォルしかいないと言ったため、隠月閣に連れて来られたのでした。

隠月閣ですべてを思い出すウォル

監禁された隠月閣の部屋のなかは、お札がたくさん貼られていました。

出られずにそのまま朝を迎えたウォルは、近くに若い女性の後ろ姿を見ます。

女の背中に、フォンに何かを伝えたいのかと問いかけるウォル。
ゆっくりと振り返るその顔にとても驚きます。
しかし、それは夢でした。

夢から覚め、隠月閣で自分がヨヌであること、昔の思い出などをすべて思い出します。

フォンはヨヌが呪術によって殺されたのではないかと考え、ヒョンソン(チョン・ウンピョ)に、国巫ノギョン(チョン・ミソン)を呼ぶように命じました。

教授は隠月閣に行き、閉じ込めたウォルの様子を伺いますが、何ともないウォルを見て驚くのでした。

『太陽を抱く月』第14話の見逃し動画を無料で見る方法

衝撃的な展開となった『太陽を抱く月』第14話。あらすじを読んで動画を見たくなった人もいるのではないでしょうか?

第14話を無料で見る方法がわからないという人に、インターネットで簡単に作品を視聴する方法を紹介します。

下記で詳しく説明していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

Pandora・Dailymotion・miomioで『太陽を抱く月』第14話の閲覧は可能?

『太陽を抱く月』第14話の動画を無料で視聴する方法として、以下のような動画視聴サイトが見つかります。

無料で気軽に視聴できる代表的な動画サイトです。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

上記サイトでは、今作の動画がすでにアップロードされているようです。

しかし、上記の動画サイトで視聴してみると、画質が悪かったり、広告が頻繁に入ります。ときには悪質なウイルスによるリスクもあるようです。

そこで、第14話を安心して快適に視聴できる方法を紹介していきます。

『太陽を抱く月』第14話を配信している主要ビデオオンデマンド(VOD)一覧

『太陽を抱く月』第14話を快適に安心して視聴できるサイトがあります。

以下、配信可能なサイト一覧の表を参照してください。

VOD一覧 配信状況
Hulu ×
U-NEXT
ビデオマーケット
dTV
auビデオパス
FODプレミアム
Amazonプライムビデオ
TSUTAYA TV ×
WOWOW ×
Gyao ×

現在、U-NEXT、dTV、FODプレミアム等で無料視聴できます。

それぞれ定額制となっており、見放題で楽しめます。好みのサービスで視聴を楽しんでくださいね。

『太陽を抱く月』第14話を観た感想

相変わらず大王大妃と、デヒョンによる策略は尽きることがありませんね。大王大妃はフォンの肉親であるにも関わらず、欲をかきすぎのような気がします。

フォンの幸せよりも、王族や自分の地位を守るために、利用できるものは何でも利用する根性が意地汚い気がしました。

フォンがウォルのために泣くシーンでは、本当に切なくなってしまいます。王の立場では、どうすることもできないのが伝わってきて切なかったです。

今回、ようやくウォルがヨヌの記憶を取り戻せたわけですが…。だからと言って、ヨヌだと名乗り出るのはとても難しいのかなって思ってしまいました。

ヨヌだとみんなに知られれば、またデヒョンたちに狙われますし、家族も無事では済まないでしょう。

フォンと陽明君はいつヨヌだと気付くのか、その辺もとても気になります。

『太陽を抱く月』第14話のネットでの反応や評価・評判

『太陽を抱く月』第14話の評判をツイッターのツイートから探してみました。

見るべきか悩んでいるという人は、こちらを参考にしてくださいね。

まとめ

『太陽を抱く月』第14話のネタバレ情報盛り沢山のあらすじを紹介しました。

すべての記憶を取り戻すことができたウォル。

次回、記憶を取り戻せたウォルでしたが、フォンや家族のために、ヨヌに戻ることができません。まだまだ問題が山積みのウォルは今後いったいどうしてくのでしょうか。

本記事で見たくなった人は、以下のリンクをクリックすれば、再度視聴可能な動画配信サイト一覧が表示されます。

興味のある人は、ぜひ確認してみてくださいね。

『太陽を抱く月』の配信サービス一覧を見る