韓国ドラマ「雲が描いた月明り」第13話のあらすじ(ネタバレ含)、感想を紹介します。

「雲が描いた月明り」はパク・ボゴム主演、ツンデレ王子と男装女子が繰り広げる時代劇ラブロマンス。

単なるラブ・ロマンス時代劇にはとどまらない深さがある本格時代劇です。

本記事では、「雲が描いた月明り」第13話のあらすじ、ネタバレ、感想の他、無料で動画を探す際の危険性の説明、そして安全に動画が日本語字幕付で楽しめる方法を紹介します。

『雲が描いた月明り』第13話のあらすじ・ネタバレ

「雲が描いた月明り」第13話のあらすじを順を追って説明します。

ネタバレを含んでいますので、ご自身でストーリーを追いたいという方はこちらは飛ばしてください。

キム領議政、お怒りです

ユンソンがヨンのいる東宮へ行くと聞きつけたキム領議政はユンソンを部屋へ呼びつけます。

キム領議政が「幼なじみの世子が気の毒か」と聞くとユンソンはすかさず、「いいえ、世子様の決定は正しいと思います」と反発めいた表現をします。

「最初は誰もが正論に引かれるものだ。だが、正論だけでは民を救えぬぞ」と言うキム領議政に対して、ユンソンは「お考えには同意しかねます」と自分の意志を貫きます。

「政(まつりごと)とは民と仲良くなるためではない。力を持つものが統治し民を導くことなのだ」と粘り強くユンソンを説得するも、ユンソンは「礼曹判書の娘との婚姻も力をつけるからですか」と食い下がります。

「そうだ」と答えるキム領議政にユンソンは「諦めてください。政略結婚は嫌です。自分の伴侶は自分で決めます」と最後まで自分の意見を主張します。

キム領議政、お怒りです。

ピンクのブレスレット

ハヨンがサムノムをお茶に誘います。

そして「王女様が本を貸してくださったの」とたくさんの本をサムノムにみ見せます。

「ハヨン様が読書がお好きだっていってましたよね」というサムノムにハヨンは「実はそれは口実なの」と言います。

そして「実は、世子様目当てなの」とサムノムの耳元でつぶやきます。

緑園でヨンとハヨンが一緒にいたことを思い出し、サムノムはだまってしまいます。

「びっくりしすぎて言葉がでない?」

何も知らないハヨンはこう言います。

その時、机の上にあった本が床下に落ち、お互いが拾おうと手を伸ばしたとき、ハヨンはサムノムがピンクのプレスレットをしているのに気づきます。

「あ、これ」

とっさに隠すサムノム。

「理由は知っているの?」と聞かれ、首を横に振るサムノム。

「理由も知らず渡すなんて無茶な女人ね」とまさかヨンの買ったブレスレットとは知らずに言うハヨン。

いつになったら女の子に戻れるの?

サムノムはハヨンの着飾った格好を見て幼少のころを思い出します。

女の子たちが輪になって遊んでいるところに、仲間に入れない男の子の格好をしているサムノムは少し離れたところから、その様子を見ています。

それに気づいたサムノムの母親は急いで「ラオン!こっちに来なさい!」とサムノム(ラオン)を家に入れます。

サムノムは「いつまで男の姿でいなくちゃいけないの?」と泣いて母親に聞きます。

「15歳?20歳?」

泣くサムノムに母親は「ひとりで自分を守れるようになるまで」と答えます。

隠しごとがある者同士

ヨンウン王女の意識が戻ったことを聞き、心配しいたサムノムは会いに行きます。

王女の部屋に入ると、王女は部屋の隅っこで茫然と座り込んでいました。

イエス、ノーの合図を利用して話してみようと思ったサムノムですが、王女は何も話せそうにありません。

そこで、サムノムは自分の話だけを話すようにします。

実は自分も隠し事があるので、王女の気持ちは少しわかるような気がすること。

王女は一瞬、反応を示します。

サムノムは続けて、「そればいつかばれそうでいつも心配して、怖いんです。いつになったら扉を開けて出ていかれるんだろう」と。

式年試?それとも応製?

ヨンがキム領議政のところに来て式年試を実施すると告げます。

あんなに式年試に反対していたのに不思議がるキム領議政。

式年試当日、ユンソンが執り行い、一斉に試験問題が出されます。

出題「挑戦は誰の国か」

儒者たちは一斉に取り掛かります。中にはミョンウン王女への恋文を送ったチャン・ドッコの姿もありました。

答えを知っている儒者たちは余裕。知らないチャン・ドッコは焦りながら回答に取り組みます。

その時、ヨンが現れます。

そして応製のごとく、別の問題をだします。

出題「反対したいだけの人間をどう説得するか」

※式年試(定期的に行う化挙)
※応製(王が臨時で実施する科挙)
※化挙(官僚登用試験)

ヨンは「決まった答えはない。国の未来に係る多様な答えを待っている」と言って会場を離れます。

慌てふためく儒者たち。しかしチャン・ドッコはやる気に燃えます。

追放してください

ヨンが式年試に行っている間、サムノムはヨンの部屋を訪れます。

すると突然「隠れたら見つけようがない」とヨンが現れます。

サムノムは「世子様はわたしといたら休まる気がしない。内官としての時は少しはお役に立ててる実感があったのですが、今は違います。苦境に立たせてしまわないか心配で・・・」と正直な気持ちを伝えます。

そして、ピンクのブレスレットを置いて「わたしを追放してください」と言います。

「本当にそれが望みなのか」と驚くヨン。

何も答えないサムノムに対して「よくわかった、もう行け」と冷たげに言葉を放ちます。

あの日の出来事

ヨンウン王女がひとり真剣な面持ちである部屋に入って行こうとします。

あの事件が起きた部屋。

3年前、ヨンウン王女がその小部屋に入ると、外から声がして急いで部屋の中の箪笥に隠れます。

箪笥のすき間から見ると、前王妃の次女がキム領議政と2人の兵士が言い争っていました。

キム領議政は次女に「世子に何を伝えようとした?」と問い詰めます。

黙る次女にキム領議政は「やれ」の一言。

ひとりの兵士が次女に斬りつけます。

次女は「わたしは死んでもここを離れない。暴いてやるぞ王妃様の無念の死を・・・」と言いながら息絶えます。

恐怖で口を押える王女。

キム領議政が部屋を出ようとしたとき、箪笥からかすかに音がして扉を開けようと手を伸ばします。

その時「王女様!王女様!」とヨンウン王女を探す声が聞こえ、キム領議政は扉は開かず部屋を後にします。

扉を開けて外に

王女の行動を聞いたヨンはすぐに向かいます。

その頃、サムノムも王女にあっていて「なぜあの部屋に?」と聞きます。

すると、王女は紙と筆を取りだし、「そなたが言ったでしょ、いつになったら扉を開けて外に出られるのだろうかと」と書いて渡します。

自分の言ったことが少しは王女が前に進む糧になったことを喜ぶサムノム。

その2人の様子をそっとヨンは見つめていました。

その帰り、ヨンはサムノムに「後悔している」と告げます。

サムノムが逃げるのであれば、だまっているべきだったと。

その上で、ヨンはサムノムに「気持ちはわかるが耐えてくれぬか、他の場所でなく、ここで私の場所で」と切なさいっぱいで言います。

ミョンウン王女とチャン・ドッコ

チャンドッコ化挙の試験に主席で合格します。

今日は初登庁。

下男と別れを惜しみます。

サムノムに代筆を依頼しミョンウン王女に恋文を送っていたドッコ。

王宮に入ればミョンウン王女と顔を合わせることになってしまいます。

「王女様は私の顔は知らないから」と自分自身を励ますドッコに「絶対にばれないようにしてくださいね」と念を押す下男。

そこへ一台の御車が到着します。

降りてきたのは、スレンダーな美女。

山寺にこもって、見事痩せて帰ってきたミョンウン王女でした。

カッコよく降りたももの、王女は転んでしまいます。

そこへすかさず手を差し伸べるドッコ。

自然にその手をとる王女でしたが、瞬時我に返って、つんっとしてドッコの手を払いのけて、「平気よ!」と屋敷の中へ入っていきます。

「どこかで見たような顔・・・」と下男がつぶやきます。

ドッコは「やけに冷たそうだ。王女様のようにもう少しふくよかなほうが・・・」

全くミョンウン王女だとは気づいていないチャン・ドッコ。

ヨンの婚姻

王は内侍府長のハン尚膳から、ヨンが政(まつりごと)を順調にこなしていると報告を受けます。

しかし王は喜ぶどころか、自分が無能な王になった理由は味方が一人もいなかったからだと、ハン尚膳にヨンの婚姻を進めるよう命を出します。

離れないで
「王女様、どこへいくのですか?」

ヨンウン王女がサムノムの手を引っ張ってどこかへ連れて行こうとします。

そして、目的の地に着くと、王女はにこっと笑って帰っていってしまいます。

周りを見渡すと、そこにはヨンとチャン内官はじめたくさんの人がいました。

ヨンが手を使って何かを言っています。

サムノムは話すことのできない王女と文字の他、手信号(手話)で遊んだことを思い出します。

そして、ヨンも過去、王女に文字を教え、さらに手信号で会話もしていました。

ヨンはその場からサムノムに手信号で伝えます。

「頼むから、離れないで」

涙をためてヨンを見つめるサムノム。

女人の時はなんて呼べば?

ヨンはいつもの通り、緑園にいると、ドレスを着て着飾ったサムノムが笑顔で現れます。

驚くヨン。

でも、すぐ悟り、ヨンも笑顔になります。

「女人のお前をなんて呼べば?」

「ホン・ラオンです」答えるサムノム。

『雲が描いた月明り』第13話の見逃し動画を無料で見る方法

今般、わたしたちは世界中と情報がつながり便利な環境におかれています。しかし、便利になった分、わたしたちは脅威にさらされることも多くなります。

ここでは、ネット上で無料で「雲が描いた月明り」第13話を探す際のリスクと、怖さを知ったうえで、安全に動画が無料で視聴できる方法を紹介します。

Pandora・Dailymotion・miomioで『雲が描いた月明り』第13話の閲覧は可能?

世界中のドラマやアニメが日々世界中の人が動画共有サイトにアップロードしています。

数ある動画共有サイトの中でも以下の3サービスは特に世界中から検索・視聴がされている有名サイトです。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

動画共有サイト全てがそうではありませんが、中には違法アップロードの宝庫で削除申請があったにも関わらず、一切対応をしない動画共有サイトもあります。

さらに運営地もサーバも置く場所も世界中に次々と移動させ、運営者が確定できないようなサイトもあります。

そのようなサイトでは監視が緩い分、悪質なことに利用する人も出てきます。自分がアップした動画にウィルスを埋め込み、ユーザーは閲覧しただけで何かしらのウィルスに感染してしまう脅威にさらされてしまいます。

ただ無料で動画が見たいだけなのに、これは精神的にも良くありません。

『雲が描いた月明り』第13話を配信している主要ビデオオンデマンド(VOD)一覧

セキュリティソフトが反応してしまうサイトを見て心配ばかりするより、安全に「雲が描いた月明り」第13話が視聴できるサービスを利用した方がドラマ自体が楽しめてストレスもありません。

安全・信頼のおけるビデオオンデマンドサービス(VOD)は数多くありますが、今回主要なサービスを検討比較しました。

VOD一覧 配信状況
Hulu ×
U-NEXT
ビデオマーケット
dTV ×
auビデオパス
FODプレミアム ×
Amazonプライムビデオ
TSUTAYA TV
WOWOW ×
※本記事作成時の情報です

比較的多くのビデオオンデマンドサービス(VOD)にて「雲が描いた月明り」は配信されていますね。

経験上あまりヒットしなかったドラマはこれだけ多くのサービスでは配信されていませんので、それだけヒットしたおもしろいドラマだということがわかります。

だたし、これらのサービスで動画視聴しようとする場合、有料会員に登録をしなくてはいけません。せっかく無料で動画を探していたのにこれでは残念なことになってしましますね。

しかしです、これらビデオオンデマンドサービス(VOD)では無料体験期間を設けています。この無料体験に登録をすれば、「雲が描いた月明り」第13話も無料で視聴ができてしまします。

『雲が描いた月明り』第13話を観た感想

ユンソン強い、キム領議政に真っ向逆らいます。

この時代に家長に逆らうなんてそれは大変なことなのではないでしょうかね。

意志は意志でも、自分自身のためなのか、それともサムノムのことを思ってか。

おそらく、後者なような気がします。

そして、ぽっちゃりミョンウン王女。

痩せて、とても綺麗になって帰ってきました。

太っていたときは特殊メイクだったのに今気づきました。この撮影のためにすっかり太ったものかと・・・。

チョン・ヘソンの女優魂っぷりはすごい。と思っていましたけど、特殊メイクの技術にもびっくり。

外見は変わっても中身は変わらず、転んだりして相変わらずドジッ子でかわいいです。

しかし、王女は恋文の相手は次女のことが好きだと思い込んでいたから、

実はその相手ドッコが本当の王女が好きだなんで驚きです。

2人、幸せなれればいいなと思います。

『雲が描いた月明り』第13話のネットでの反応や評価・評判

「雲が描いた月明り」第13話のネット上のリアルな反応をお伝えしようと調べてみましたが、全話通しての評価・評判は多く見つかるのですが、第13話に限った声や感想はあまり見つかりませんでした。

今後も探していきますので、もしろいコメントや反応がありましたら、引き続きこちらに載せていきたいと思います。

まとめ

「雲が描いた月明り」第13話のあらすじや感想に加え、無料動画を探す際の注意点から安全且つ合法的に動画を日本語字幕付きのフル視聴ができる方法を紹介しました。

第13話ではあと一歩が踏み出せないサムノムにヨンが粘って気持ちを伝え続け、そして通じ会えるといううれしい感じで終わりました。

王のヨンの婚姻の話も気になりますが・・・。

今回、動画を見ていて、切なくなったり、ほっこりしたり、とても忙しくもおもしろいストーリーでした。

この機に本記事内で紹介したビデオオンデマンドサービス(VOD)の無料体験を利用して、「雲が描いた月明り」第13話の動画を無料で楽しんでみませんか。

『雲が描いた月明り』の配信サービス一覧を見る