韓国ドラマ「彼女はキレイだった」第16話(最終話)のあらすじ(ネタバレ含)を紹介します。

ソンジュンと結婚して一緒にアメリカに行くはずだったヘジンは、幼いころの童話作家への夢が忘れられず一人韓国に残ることになりました。ハリも大学院でホテル経営の勉強を始め、それぞれが夢の実現へ進み始めます。

本記事では併せてドラマを無料で視聴する方法や、ネット上に潜む無料動画のリスク説明の他、第16話(最終話)の感想、ネット上での評判・評価も紹介しています。

『彼女はキレイだった』第16話(最終話)のあらすじ・ネタバレ

「彼女はキレイだった」第16話(最終話)(最終話)のあらすじを一部ネタバレ込みで紹介していきます。これから視聴予定の方はご注意下さい。

夢へ加速

作品を童話作家たちと共同で完成させる仲間の一人として迎え入れられ、ヘジンは生き生きとして毎日を過ごします。

一人でアメリカに渡ったソンジュンとも毎日電話やテレビ電話で近況を話し公私共々順調ですが、ソンジュンの方はヘジンと会えないことを時に寂しがったりもします。

この日もソンジュンと電話をしますが、咳をしているソンジュンにヘジンは風邪でもひいたのかと心配をします。

大学院に通い始めたハリがヘジンを尋ねてきます。楽しそうに今の生活のことを話すヘジンにハリはうれしく思います。

その時ハリの電話が鳴り、ハリは「もうかけてこないで」と切ってしまいますが、ハリは自分が22歳の男の子から告白されたことを話すと、ヘジンは驚くもハリをからかいます。

ヘジンは「ザ・モスト」の編集部で働くことがなかったらここにいることはなかったと喜びを噛み締めます。

突然の帰国

そんな中、ヘジンはソンジュンと連絡がとれなくなってしまいます。

風邪をこじらせて寝込んでしまっているのか、雨の日のトラウマが再発してしまったのではないか、ヘジンはいろいろと心配します。

ソンジュンとメールも電話も繋がらない日が続き、ヘジンの心配は大きくなっていく一方で、仕事中もうわの空になってしまいます。

やっとソンジュンと電話がつながり、ほっとしたヘジンでしたが、なんとソンジュンは目の前に!ソンジュンはヘジンを驚かせるために黙って会いにきたのでした。

ソンジュンの無事に安心し、喜ぶヘジン。

ヘジンと離れ離れで1年も待てないと思ったソンジュンはニューヨークの住居を引き払い韓国に戻ってきたのでした。

家族愛

ヘジンが実家に帰ると、自分の父親とソンジュンが銭湯から帰ってきて驚きます。

ヘジンの実家に居候になっていたソンジュン。

必ずヘジンは大騒ぎをするに決まっているとヘジンの家族は内緒にしていました。

父親の印刷所に新しい印刷機を買いたいという思いで必死に貯めてきたお金をヘジンは父親に渡します。

過去、父親の事業が失敗し、大学へは学資ローンを使って自分の力で卒業したヘジン。

苦労させてしまった娘からお金は受け取れないとヘジンの両親は断りソンジュンとの結婚資金に使うよういいますが、ソンジュンはその必要は全くない、なんの心配もないと言います。

この目標があったから自分が頑張れたから受け取ってくれというヘジンの気持ちに応えるヘジンの両親。

翌朝、ソンジュンがヘジンを作業場へ送っていきます。

車の中で、ヘジンはカバンの中に通帳が入っていることに気づきます。

それは父親が苦労させたヘジンのために、10年間こつこつためてきたお金。

結婚資金にとそっとバックに入れられたもので、両親の愛情を強く感じヘジンは泣いて感動します。

ソンジュンの復職

ララ編集長が結婚で引退し、代わりに新編集長となったソンジュン。

過去の習慣から無意識で自分の部屋だった副編集長室へ入ってしまうソンジュン。

副編集長に昇格したチャ記者は、その度に戸惑ってしまいます。

会長の息子ということで部員全員を驚かしたプンホは、副社長室で暇な日を過ごしてましたが、我慢できずにもとの編集部来て仕事をし始めます。

ヘジンもいないし、シニョクも去って寂しがる部員たち。

シニョクはその頃、世界中を旅していました。

キム作家

書店で「キム作家」と呼ばれ、自分のことだと全く気付かないヘジンでしたが、自分が「作家」と呼ばれるようになったことにうれしさを覚えます。

さらに、童話作家たちとの1年もの共同作業が終わり、童話集が完成します。
ここでも絵本に刻まれた作家名「キム・ヘジン」という名前を見て喜び、自信がついたヘジン。

ハリの面接

ホテルの面接試験を受けるハリ。

ハリはホテルで勤務経験を経歴書に書かずに応募していましたが、面接官のひとりが前職場の関係者でハリの顔を覚えていたため、なぜ経験があることを書かなかったのかと質問します。

ハリは堂々と「自分の力ではなかったので」と答えます。

新婚生活

無事結婚式をあげ、ソンジュンとヘジンは新婚生活に入ります。

しかし、絵本作家として活躍しているヘジンは締め切りに追われ忙しい日々を送り、そのせいであまりかまってもらえないソンジュンはたまにすねたりしてしまいます。

再びホテルで働くことになったハリも楽しく生き生きと仕事をしています。

ピクニックにでかけるソンジュンとヘジン。

2人は過去から今までのことを思い出しながら幸せなひと時を過ごします。

『彼女はキレイだった』第16話(最終話)の見逃し動画を無料で見る方法

少しWEBで検索すれば、新作ドラマでもなんでも無料で視ることのできる動画サイトは見つかることもあります。

しかし、世の中には良質なサイトだけでなく、悪質なサイトも多く存在し、思いもよらないリスクに陥ってしまうことも多々あります。

以下では、無料でドラマ動画を視聴する際に起りうる危険性のほか、無料そして安全に動画をフル視聴できる方法を説明していきます。

Pandora・Dailymotion・miomioで『彼女はキレイだった』第16話(最終話)の閲覧は可能?

ドラマ動画がアップされているサイトは数多くありますが、中でもヒットドラマやアニメが豊富と数多くの人がアクセスするサイトがあります。

タイミングよくアップされていれば「彼女はキレイだった」第14話の動画も無料で視聴することは確かに可能でしょう。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

上記のサイトにかかわらず、無料でドラマやアニメがアップされているサイトでは、様々なリスクがつきものです。

サイトを開いただけで意図しないウェブサイトへ強制転送させられたり、再生ボタンを押したら強制的に外部のサイトへ飛ばされてしまったりすることも多々あります。

『彼女はキレイだった』第16話(最終話)を配信している主要ビデオオンデマンド(VOD)一覧

無料とはいえドラマ動画を見るのに、リスクのことを考えると精神的にもよくありませんよね。

ここでは安心・信頼のおける主要なビデオオンデマンド(VOD)サービスをまとめてみました。

VOD一覧 配信状況
Hulu ×
U-NEXT
ビデオマーケット
dTV
auビデオパス
FODプレミアム ×
Amazonプライムビデオ
TSUTAYA TV ×
Gyao

※本記事作成時の情報です

上記で紹介した動画配信サービスでは、本来視聴料金がかかりますが、ほとんどのサービスにおいて、無料体験期間を設けています。これを利用すれば「彼女はキレイだった」第16話の動画も無料で視聴することができます。

『彼女はキレイだった』第16話(最終話)を実際に観た感想

現実の世界では主人公になれる人と脇役がいると思い込み、現実の自分の恥ずかしさから身を隠してしまったヘジン。

しかし、ソンジュンに出会い、親友や仲間に恵まれて自信がついていくごとに成長し、主人公はドラマの中だけにいるわけでなく、現実の世界の皆が主人公なんだということに気づき、同時にドラマを見ているわたしたちにも教えてくれるように感じました。

「終わってしまった・・・」と思えるほど喪失感がありますが、第1話から見て本当に笑えて感動できるおもしろいドラマでした。

『彼女はキレイだった』第16話(最終話)のネットでの反応や評価・評判

インターネット上の「彼女はキレイだった」第16話を実際に視聴した人感想・評価を集めてみました。

https://twitter.com/PakuHaru/status/1100334248773398528
https://twitter.com/hinata27977277/status/1099020510233382913
https://twitter.com/OSi9e/status/1090963364962955265


https://twitter.com/ImoYurie3509/status/957636019611877382
https://twitter.com/ushikug/status/823532628640837632


https://twitter.com/masa58008171/status/1031524815767625731

本当に意地悪な人は全く出てこなく、最終回まで爽快な気分で視聴することができました。

まとめ

ついに最終回を迎えたドラマ「彼女はキレイだった」

最終回は登場人物それぞれの幸せが描かれていて、観ていてこちらの方も幸せな気分になってしまうようなストーリーでした。

そんな「彼女はキレイだった」の第16話、本記事で紹介したビデオオンデマンド(VOD)サービスを利用して実際に視聴してみてはいかがでしょうか。

『彼女はキレイだった』の配信サービス一覧を見る

同じテーマの記事