なんでそんなに返信が遅いの?!男性心理と原因

男性とLINEをしてもなかなか返信がこない
既読スルーされてるみたい!

なんて経験、ありませんか?勇気を出したのに、思うタイミングで返事が来ないと不安にもなるし、そのことばかり気になって1日中スマホをチェックしがち。

つきあう前だと「あ〜〜、脈ないかも」って気持ちもダウンしちゃいますよね。

でも男性からしたら、女性が思っているほど深く考えていないことも多いようです。

「え?そんなに悩むものなの?」ってびっくりすることもあるみたい。

もちろん個人差もありますが、異性間にはLINEの返信への温度差、感覚差があるんですね。

LINEの返信が遅い男性の「本音」や対処方法を探ってみましたので、脈あり・脈なしの見分け方の参考にして、もやもやタイムを少しでも減らすのに役立ててくださいね!

マイペースで気にしない(マイペース君)

LINEの返信が遅い男性の心理で、よくあるのがマイペースな場合。

本人は悪気はないのですが自分のペース基準なので、相手のペースおかまいなし、というか“返事を待っているかもしれない”というところまで気が回らないのです。

マイペース君の場合、誰にでもこの調子なので、気になったらさりげなく彼の周囲の人にそのあたりのことを聞いてみてください。

また、普段からマイペースな行動や言動が多いようなら、間違いないでしょう。

性格なので残念ながら改善は期待できません。返信が遅いのを受け入れて彼のペースに合わせてあげてくださいね。

ペースが合うと思うと、距離がぐぐっと縮まるかも♪

重くて長い文面は苦手(文章にがて君)

女性は細かなこともしっかり相手に伝えようとする傾向があり、また、やりとりそのものを楽しむところもあって、LINEの文章も長文になったり、回数が増えたりしがちです。

いっぽう男性はポイントだけ押さえてさっさと進めたい、というところがあり、長文を見ると「で、結局ポイントはなんなの?」ととまどったり、内容以前に「うわ〜」とひいてしまったり。

もともと文章を書くこと自体が苦手君だと、文面とか絵文字とか色々考えているうちに、返事が面倒になってきて、返信が遅れたり既読スルーが増えて行きます。

「私ってどうも文章長め」と自覚症状があるようなら、短文で返信しやすい文章を意識してみてくださいね!

男としての余裕とプライド(頑固君)

男性の中には「女性への返信をあまりにも早く返し過ぎるのってカッコわるい」「男の面子に関わる」と思っている人がいます。

ホントはすぐにでも返事をしたいのですが、「ガッついてみられるのでは」という自尊心や、「余裕を見せたい」というポーズがブレーキをかけてしまうんです。

女性からすると「なにそれ?」な理由かもしれませんが、いわゆる“男のプライド”が邪魔をするケースです。

それとは別に、慎重派の男性だと「ヘタな返事でバカにされたくない」という方向のプライドもあり、文面にこだわり過ぎて遅くなるパターンもあります。

おつきあいが深まれば解消されていくことも多いですが、つきあい始めは忍耐が必要かも。

仕事などで忙しい(多忙君)

仕事などで忙しくて返信している時間がない、心の余裕がない場合も多いです。

待ってる側としては「仕事のほうが大事なの?!」と思うかもしれませんが、男性は女性ほど頭の切り替えが早くなく、仕事中は仕事まっしぐら。

大切な返事ほど「落ち着いて返したい」と思うものです。そもそも、仕事中はLINEが来ている事に気付かない事も!

上司や周囲の目もあります。女性ならトイレでも返信可能ですが、男性の場合はそれも難しい…。

また、「あとで後で返信しよう」と思っていて、そのまま忘れたり、返信したつもりになることもあります。

相手の仕事内容にもよりますが、仕事大変なんだな、と応援する気持ちで見守ってあげてくださいね。

いい女ならこう対処したい!女性のとるべき行動とは?

おしゃべりな男性がそれほどいないように、男性は女性ほどコミュニケーションが得意ではなく、マメでもありません。

中には「LINE大得意!おしゃべりも大好き!」という男性もいますが、そうでない方が一般的だと思っておいてください。

返信が遅いからといって、すぐに「私に興味ないのかな」「嫌われてるのかな」と思うのは間違いのもとです。

恋愛上手ないい女を目指すなら、男性の心理や特性を把握したうえで、相手の返信ハードルを下げる工夫をしませんか?

返信の催促はぐっと我慢

一番最初に心がけたいのが、相手の事情がわからないうちは「返信の催促はしない」という大鉄則。

特に仕事が忙しくて頭がいっぱいの時に返信を催促されると「この忙しい時に!」「もしかしてわがままなのかな」と、あなたへの好意自体が冷めてしまう危険があります。

「返信する時間もないの?」
「一言くらい送れるでしょ?」

と思っても、そのまま送信するのはNG!相手の仕事のペースを理解したうえで対応しましょう。

最初のLINEで「返事は時間がある時でいいから、お仕事頑張ってネ☆」くらいの余裕を持たせると「気配りできる女性だな」とあなたの評価もアップします!

マイペース君や文章を書くこと自体が苦手君なら、待っていると必ず返信はあります。

プライド高い君なら、こちらが少しじらずくらいのペースにすると、相手も慌てて返信してきますよ♪

話題を彼の興味あることにしてみる

好きなことには熱心で夢中になるのも男性の特性。

これは男性と女性の脳の構造が違うからなんですが、女性は一度に多くの情報を処理できるのに対し、男性は1つのことを追求するのに長けているのだそうです。

女性は話題がぽんぽん飛んでも特に問題ないですが、男性はそういうのは苦手。

逆に自分の興味があることなら、一気にヒートアップ!

  • 映画
  • アニメ
  • 仕事
  • ペット
  • 相手の趣味や関心事

をおさえたLINEを送ると、びっくりするくらい食いついてきます。

男性には「教えてあげたい願望」もあるので、いろんな情報を送ってくるかも。

ただ、あなたが関心を持てないことへの中途半端な共感はやめておきましょう。

無理に合わせていると見抜かれますし、あなた自身も辛く長続きしません。

接点が多いことはつきあう大前提でもあるので、LINEだけに捕われすぎず、まずは趣味の合う、LINEしていてお互いに楽しい相手を見つけてくださいね。

一歩引いて「待ち」の姿勢をあらわそう

しつこい相手、タイミングの合わない相手って、同性でも「空気読めないなぁ」って引いてしまいますよね。

男性の場合、そのタイミングは同性以上に難しいわけですから、相手のペースへの理解が大切。

返事が欲しくても、一歩引いて「待ち」の姿勢がGOOD!

  • 暇になったら連絡してね!まってる!!
  • 時間がある時でいいので、お返事楽しみにしてます♪

といった、けなげな姿勢や気配りをアピールすることで、「こっちのことを考えてくれてるんだなあ」と思いやりを感じ、相手の気持ちを惹き付けることができます。

相手もじっくり返信できるので、気持ちに余裕もできよりよいコミュニケーションを育てることができます♪逆にあまりに性急だと「面倒くさそう」と思われて、避けられてしまうかも。

自分も何か夢中になれることをしてみよう

相手の返信ばかり気にして1日中スマホをチェックしてたり、「どうして返信がないの?私が嫌いなの?」ってネガティブな想像ばかりしてると、あなた自身の魅力が下がってしまいます。

恋愛手段はLINEが全てではありません。「たかがLINE」くらいに考えて気にしないことも大切なコツです。

どうしても気になる場合は、なにか他に夢中になれることを探してみませんか?

趣味やスポーツの充実でもいいですし、おしゃれやメイク、ダイエット、エステ系の自分磨きもよし!返信を気にする必要もなく自分も磨けて一石二鳥です♪

お料理もおススメです!私もたまに自作の料理の写メとか送るんですが、「美味しそう!それ食べさせて!」ってすっごくレスが早くて笑ってしまうことあります。また外出先の素敵な風景で「そこ行ってみたい」と思わせるのもいいかも?

脈ありか脈なしかは判断するポイントは?

男性の返信が遅くても、それがイコール「あなたへの関心のなさ」にはつながりません。とはいえ、関心がないから返信しない、という場合も残念ながら確かにあります。

つきあっていて最初に比べてだんだん返信が遅くなったり、既読スルーが増えて行くような場合、気持ちが冷めてきてるのかもしれません。

追いかけてかえって嫌われてしまうこともあるので、「脈ありか脈なしか」を見極めることは非常に大切です。

  • 相手の性格
  • 状況
  • ペース
  • ネットコミュニケーションスキル

などでも差はありますが、 「脈なし」と「脈あり」のポイントをまとめておきますね。参考にしてみてください。

【脈なし】

返信が遅いのが1週間以上続く場合

仕事が忙しくて返信ができない場合でも、あなたに関心があれば手があいたらレスポンスしてくれます

出張や会議などで数日多忙なら「なかなか返事できないけど、〜日たったら時間ができるから」くらいの説明はあるはず。

また文章を考えたり書くことが苦手なら、待たせることへの謝罪や弁明もあると思います(LINEではなく電話をかけてくる男性もいるようですが)。

特に説明もなく、返信が遅い状態だけが1週間以上続くようなら要注意。

あなたに興味がないか、飽きているおそれもあります。

頻発に既読スルーされる場合、男性も少し迷惑しているかもしれません。

普通の会話は早いのに予定を決めるとなると遅くなる

内容によって返信が遅くなる場合、返事しにくいのか、そのことに興味がないのかも。

たとえば、普通の会話だとぽんぽん帰ってくるのに、会う予定を決めようとすると一気に返事がこなくなったり、既読スルーが続くようなら

「デートしたくない」
「遊びに行くほどではない」

と思われているかもしれません。

もちろん会いたくない理由が、「疲れてて休日は寝ていたい」とか「給料前でお財布が苦しい」ということもあるので、即・避けられてることにはなりませんが、そういう状態がずっと続くなら、残念ながらLINE友達以上になるのは難しいかも。

話題へのレスポンスが少ない

返事が返ってきても、温度差を感じることありますよね。

こっちが「今日、こんな面白いことがあったんだよ〜」とか、「美容院いって髪ばっさり20センチ切った!」とか報告しても、「へえ」とだけしか帰って来ないとなると、あなたへの興味はさほどないかもしれません。

好きな子だったら「相手のことをもっと知りたい」と思うでしょうし、「写真送って!」とか必ず何かしら反応をするはずです。

あまり反応が希薄な場合、脈なしと思う方がいいかもしれません。

【脈あり】

「気遣い」ある内容を送ってくれる

どれだけ返信が遅くても必ずきちんと返事が来て、そこに

「おつかれ!」
「遅くなってごめんね」
「仕事が今こんな感じで〜」

と、きちんと遅れたことの謝罪や理由、状況が記されているようなら、あなたを気にかけている証拠です。

文章は短くても、頑張って絵文字を使ってたりスタンプを工夫してたり、またあなたの書いた内容をしっかり受け止めてくれていたり、気遣いが感じられる場合は脈あり!

返信の早さだけでなく、そうしたトータルな対応で相手の誠意・好意を評価しましょう!

大体いつも同じ時間帯には返ってくる

毎日お昼休みに返信がきたり、夜に返信がきたり。すぐに返事がこなくても、大体決まった時間帯に返ってくるようなら、あなたのことが気になってる、と思って間違いありません。

しっかり返信したいと思うからこそ、仕事中バタバタしている時ではなく、落ち着いたところで1人でLINEに向き合って返事を書いているわけです。

忙しい中「あとで返信しよう!」と頑張ってる姿って想像したら私は胸キュンなんですが、あなたはいかが?

逆に仕事中ぽんぽん返信がくると「こいつ、仕事してないんじゃない?」「暇なの?」なんて心配してしまいます。

誉め言葉をたまに言ってくれる

男性が「なかなか褒めてくれない」「好きといってくれない」というのは、女性にとっては不安・不安要因ですよね。

よく「イタリア男性は息を吐くように女性を口説く」といいますが、その真逆が日本の男性だと思って間違いありません。

女性に慣れていない場合、褒め方もタイミングもすごく悩んでるかも。

でもだからこそ、たまに言われる誉め言葉には大きな意味があります。

めったに「好き」と言わないからこそ、軽くぽんぽん言われるより本気がいっぱいつまってるはず。

あなたも高いハードルを超えて来た彼の思いをしっかり受け止めてあげて、「嬉しい!」気持ち、伝えてくださいね♪

まとめ

女性以上にマイペースだったり、プライドが高かったり、男性と女性ではLINEコミュニケーションにもズレや温度差があります。

そのため返信も遅れがちで、気持ちが見えにくいかも。相手のことが気になってると、待ってる時間も長く感じられると思います。

焦らず、責めず、攻めず、遅れる理由を見極めながらしばらくは様子を見ましょう。

遅れても思いが感じられる返信なら、脈あり!

また、あなた自身が面倒で重い女性になってないかも自己チェック!

相手の立場やペースに合わせながら、あなたの魅力も発信できるような楽しいLINEを心がけて、愛を育んでくださいね♪