前回はとうとう萬平の即席ラーメンが完成し“まんぷくラーメン”という正式名が決定しましたが、今回はいよいよ商品化にむけて動き出すことになります。

世良と真一が萬平の新設する会社の社員になってくれることが決まり、ラーメンのパッケージは画家である忠彦が考えることになりますが・・・。

本記事では2019年2月14日(木)放送の連続テレビ小説「まんぷく」第113話を詳しく解説しています。

また、ドラマを見逃してしまった方のために、ネットを使ってドラマを安全に見る方法もご案内していますので、ぜひ最後まで読んでみて下さい。

『まんぷく』第113話のあらすじ・ネタバレまとめ

今回は完成した“まんぷくラーメン”のために真一は信用組合を辞めて萬平の手伝いをするといい始めます。

そして、そこにやってきた世良も今までのことを謝罪して商品販売に参加することになり、パッケージデザインは忠彦に頼んだ萬平でしたが・・・。

ここからは詳細なネタバレをご紹介していますので、まだ見ていない方はご注意下さい。

信用組合を辞める!!真一の一大決心

みんなに美味しいと言ってもらえるラーメンを完成させた萬平と福子は正式商品名を“まんぷくラーメン”と命名しました。

その夜、まんぷくラーメンの試食にやってきた真一も一口食べて考え込み始めると、突然信用組合を辞めると萬平たちに伝えます。

真一はこのまんぷくラーメンは革命的な発明だと絶賛して、すぐにでも会社を作って商品化にうつるべきだと話しました。

そして、自分はその会社に社員として入り、萬平を助けると言ってくれます。

まだ完成したばかりで商品化のことまで本格的に考えていなかった萬平でしたが、真一の強い気持ちを受け入れ感謝の言葉を伝えました。

そこに世良が訪ねてきて強引に上がり込むと萬平のラーメンを自分が売ってやると宣言します。

しかし、今まで散々ラーメン開発に否定的なことを言っていたため福子は「売ってやる!」という世良の言葉に反応して別の人に頼むように萬平に伝えました。

世良は今までのことを詫びると土下座して「売らせて下さい!!」と萬平と福子に頼みます。

それを見た福子は満足して、萬平も世良に頼むことに決めました。

斬新な“まんぷくラーメン”のパッケージデザインを求めて

萬平は商品化するために、まんぷくラーメンを今までにない斬新なイメージで売りたいと考え始めます。

そこで透明セロファンで商品を包んで中身が少し見えるパッケージを作ることにしました。

そのデザインを萬平は忠彦に頼むことにします。

忠彦は自分は画家だからと断ろうとしますが、萬平は前の作風なら頼まないけど今なら忠彦に頼みたいと頭を下げました。

そんな萬平の姿を見て忠彦は覚悟を決めてパッケージデザインの依頼を受けることにします。

パーラー白薔薇では岡と森本、吉乃がお茶をしながら美味しかったまんぷくラーメンの試食を思い出していました。

しかし、結局ラーメン開発を手伝えなかったとうなだれる岡と森本に吉乃はこれから手伝えることがあるかもと元気づけます。

タカが男の子を無事に出産!!神部がパパに

その頃、アトリエでパッケージデザインを考えていた忠彦はなかなか良いアイディアが思い浮かばず苦戦していました。

昼食中にパッケージデザインが上手くいかない話しをしていた忠彦は克子と鈴に畑違いの依頼なのだから断ればいいと言われます。

しかし忠彦としては萬平に頼ってもらったのだから、なんとしても完成させたいと話すのでした。

その時、タカが産気づいて苦しみ始めたことで、その場は一気に慌ただしくなります。

病院で無事に男の子を出産したタカは家族に囲まれて嬉しそうに我が子を見つめていました。

その光景に感動していた忠彦は突然パッケージのデザインを思いつきます。

完成したパッケージは大波がデザインしてあるカラフルなもので、萬平と福子の波乱万丈な人生を表現しながらも、その経験の積み重ねで革命的なラーメンが誕生したことを意味する斬新なものでした。

萬平はひと目みてそのパッケージを気に入り、忠彦に感謝して採用することを伝えます。

『まんぷく』113話の見逃し動画を安全に見る方法

ここではインターネットを利用して見逃してしまった「まんぷく」を動画で見る方法をご案内しています。

スマートフォンやタブレットでも視聴できますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

NHKオンデマンドで視聴可能

NHKオンデマンドなら連続テレビ小説「まんぷく」を視聴することができます。
>> NHKオンデマンドの公式サイトを見てみる

利用方法には1話108円で単品レンタルするほか、2種類の見放題パックがありますので、下記をご覧ください。

2つの見放題パック
  • 放送から2週間以内のドラマなら何度でも視聴できる「見逃し見放題パック」
  • 放送から2週間超えたドラマなら何度でも視聴できる「特選見放題パック」

いずれも月額972円(税込み)で契約することができます。

しかし、NHKオンデマンドには無料視聴期間サービスはないため、少しでもお得にドラマを見たいなら次で紹介するU-NEXTがおすすめです。

U-NEXTでも視聴できる

U-NEXTでもNHKオンデマンドで「まんぷく」を視聴することができます。

初めての登録なら31日間利用できる無料トライアルを使い自動的についてくる600ポイントを利用すればNHKオンデマンドも視聴可能です。

連続テレビ小説「まんぷく」を見たいなら、試しにお得なU-NEXTのサービスを利用してみてはいかがでしょうか?

>> U-NEXTの公式サイトを見てみる

『まんぷく』第113話を観た感想

ラーメンが完成して正式名が決まったばかりなのに、その夜には商品化の話が出てきて萬平も福子もちょっと困惑気味でした。

真一もなにを言い出すのかと思いましたが、信用組合を辞めて萬平の手伝いをするという一大決心をその場でしてしまいます。

それはさすがに奥さんに相談しないとまずいと思いますが、あの理解ある心の広い好美さんなのできっと反対はしないでしょう。

そして予測通りやってきた世良も最初は大きな態度でしたが、最後には予告で流れた土下座シーンをみることができました。

しかし、すぐにもとの大きな態度に戻ってしまうのはさすが世良という感じです。

とんとん拍子に話がすすんでいますが、あんまり順調だとドラマにならないのでこれから何か始まるのではとちょっと身構えてしまいますね。

まんぷく第113話のネットでの反応や評価・評判

ここでは「まんぷく」第113話を実際に視聴した方の声をTwitterからまとめてみました。

世良の土下座シーンを待ちわびた視聴者の声

予告で流れていたので、このシーンを待っていたという方が多かったことが分かります。

個人的には福子の世良を責める時の顔が面白かったです。

忠彦の愛のある斬新なパッケージ

忠彦のパッケージデザインは現代でも十分に通用するレベルの素敵なできだと思います。

期間限定発売はいいかもしれませんね。

本日の視聴者それぞれの注目ポイント

https://twitter.com/kanta_BF2/status/1095822366540615681

真一の心の広さが好感を集める大きなポイントだと思います。

ただでさえお金を貸しているのに、給料はいらないとか普通は言えませんよね。

まんぷくの放送時間帯

ここでは「まんぷく」の放送時間や、週末に放送されるダイジェスト版のお知らせをしています。

地上波放送【NHK総合】
  • 8:00~8:15
  • 12:45~13:00(再)
BS放送【BSプレミアム】
  • 月~土 7:30~7:45
  • 月~土 23:30~23:45(再)
  • 土曜 9:30~11:00(1週間分)
ダイジェスト放送「まんぷく一週間」(20分)
  • 日曜 11:00~11:20
5分で『まんぷく』
  • 日曜 5:45~5:50/17:55~18:00

地上波でも1日2回、朝と昼に放送がされています。

週末にはダイジェスト版の放送もありますので、1週間分の物語をしっかり確認することが可能です。

まとめ

「まんぷく」第113話はいかがでしたでしょうか?

今回は完成した“まんぷくラーメン”を商品化しようと真一は信用組合を辞めて萬平を手伝うことにします。

そしてラーメン開発に否定的だった世良も売らせてくださいと萬平に土下座をして新会社設立を手伝うことになりました。

斬新なパッケージにこだわった萬平の頼みで忠彦がデザインを描き、福子と萬平の人生をモチーフにしたカラフルなパッケージを完成させてくれます。

妊娠中のタカが予定日の2週間前に産気づき、無事に男の子を出産することができました。

本記事の動画でドラマを見る方法をもう一度確認したい方は下をクリックしてみて下さい。

「まんぷく」の配信サービス一覧を見る