今回の第7話は、前回から引き続き、結婚相談所を母体とした組織ぐるみの結婚詐欺にまつわる案件です。

前回の第6話では、依頼人である塩見一郎(矢部太郎)の請求は棄却。小鳥遊翔子(米倉涼子)は集団訴訟を起こそうとします。

設立したばかりの「京極法律事務所」は、因縁の「Felix&Temma法律事務所」を前にどう立ち向かうのでしょうか?

この記事では『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第7話のあらすじやネタバレをご紹介しながら、無料で視聴する方法、ネットでの評判までをまとめてあります。

「第7話は前回からの続きだったのに、見逃してしまった!」
「続きが気になる!」

という方はぜひ最後までごらんくださいね。

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第7話のあらすじ・ネタバレ

それでは、『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』の第7話のあらすじをご紹介します。

ネタバレを含みますので、ここより先はお気を付けくださいね!

「ローズブライダル」の詐欺被害者あつめに難航……。

結婚相談所を母体とした組織ぐるみの結婚詐欺。

発端となった依頼人の塩見一郎(矢部太郎)の弁護は、第一審で負けてしまいます。

その背後には、「Felix & Temma法律事務所」などの大きな力が働いていると感じ取った小鳥遊翔子(米倉涼子)は、集団訴訟を起こそうと決意するのです。

小鳥遊翔子は日本各地の電車に乗って、被害者を集めようとします。

けれど、誰もかれもなぜか乗り気ではありません。

頼みの綱は、被害者でもありメディアでも有名な社会学者の高市哲也(野間口徹)。

しかしながら高市も、世間体を気にしてか、非協力的。

伊藤理恵(安達祐実)が騙された女性を中心に集め、まずは10名で集団訴訟を起こすこととなるのです。

被害者リストで見つけた、意外な人物とは??

白鳥美奈子(菜々緒)のもとへ訪れた小鳥遊翔子。

会員当時のプロフィールには、こう記されていました。

「会員番号770番。理想のタイプは子煩悩。男性経験はゼロ」

実は、白鳥も被害者の一人だったのです。

けれど、純粋に結婚相手を探していた結果、自分が振ったのだと、詐欺にあったという事実は否定する白鳥。

そして伊藤理恵のアシストもあって、ローズブライダルの背後に、ミカド通信という大企業が絡んでいるということが発覚。

解決の糸口がつかみかけたその時、週刊誌に小鳥遊翔子の非弁行為を指摘する記事がでて、原告団の被害者たちは次々に辞めて行ってしまいます。

伊藤理恵も被害者として熱弁!

集団訴訟の第一回口頭弁論。

まずは塩見が、証言台に立ちます。

婚活のために大金を使い果たし、人生も奪われたということを発言します。

次に発言するのは伊東理恵。
言葉巧みにコンプレックスを刺激して、ダイエットなど様々な高額オプションに導く手口。

そこに、詐欺をするような指導があったことを確信したというのです。

しかし、海崎が、伊藤理恵に前科があることを匂わせます。

そんな人間に、発言の信ぴょう性があるのかとつつくのです。

伊東理恵は、涙ながらにうったえます。

そもそも銀行員の時に、横領に手を染めたのは、結婚詐欺にあったからだということ。

そして、

「私にも幸せになる権利がある。ローズブライダルは、そんな私をまた騙した」

ということを熱弁。

この様子を傍聴していた高市は、原告団に加わります。

社会学者として有名な高市が「me too」に参加したことにより、続々と原告団に加わる被害者が増えて、最終的には50人に。

小鳥遊翔子「Felix&Temma法律事務所」に乗り込む!

小鳥遊翔子は、詐欺マニュアルを入手したと、和解に応じるように「Felix & Temma法律事務所」に乗り込みます。

原告団の50人に対して、何と和解金の27億円2千万を要求。

驚く天馬と海崎たちに、

「ミカド通信が払えばいいんじゃないかしら」

と、しらっと答える小鳥遊翔子。

マニュアルが実在するというのなら、和解に応じようとする天馬。

はったりであり、マニュアルを入手していなかった小鳥遊翔子と青島圭太は、1時間という猶予をもらい奔走します。

すると馬場雄一(荒川良々)のスマホに、偶然ながらある証拠が録画されていることが発覚。

それは、「ローズブライダル」代表の相田栞(東ちづる)と、ミカド通信の我妻憲史郎(国広富之)のキスシーン。

2人の癒着の証拠を押さえたのです。

和解交渉を飲む、天馬。

なぜか原告団のセンターで啖呵を切る白鳥美奈子!?

相田栞の目の前に、原告団が集結。

しかし、相田栞は悪びれもしない様子。

そんな中、一番怒りをあらわにするのは……。

なんと、白鳥!

「ちゃんと土下座しなさいよ!頭を床に、こすりつけなさいよ!」

と相田栞を土下座させるのです。

思わずにやけてしまった海崎は、とっさに資料で口元を隠します。

今回の案件の水面下で、小鳥遊翔子と天馬の対決が、今始まる……。

青島は、かねてから接見に訪れていた守屋至(寛一郎)のもとに、再び訪れます。

守屋は、かつて小鳥遊翔子が弁護していた受刑者。

小鳥遊翔子が弁護士資格をはく奪されたカギを握る重要人物でもあります。

「絶対に負けられない案件」だと、以前青島に託していたのです。

「小鳥遊さんに会いたいな……」

小鳥遊翔子の活躍を青島から聞き、そうつぶやく守屋。

そして、守屋のもとに小鳥遊翔子が接見に訪れようとしたとき、思いがけない人物が。

なんと、天馬が現れるのです。

こうして第7話は締めくくられます。

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第7話の見逃し動画を無料で見る方法

「第7話をリアルタイムで見られなかった!」
「録画し損ねて、追いかけ配信が見たい!という方はいませんか?」

スマホやパソコンのインターネット環境さえあれば、視聴できる方法を今からご紹介します。

Pandora・Dailymotion・miomioで7話の閲覧は可能?

まずは、非公式ではありますが、無料で観られる動画視聴サイトから。

有名どころは、この3つのサイトです。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

タダで見られるので、つい飛びつきそうになりますが、やはりそこは非公式サイト。

ウイルス問題や、違法アップロードなど様々な心配が絶えません。

動画が粗かったり、すぐに再生が止まってしまったりと、純粋にドラマを楽しめないという声も。

存分にドラマの世界を楽しみたい方には、公式の動画視聴サイトをご紹介します。

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第7話を配信している主要ビデオオンデマンド(VOD)一覧

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第7話を安心して視聴できるビデオオンデマンド(VOD)の一覧を、下記にまとめてみました。

VOD一覧 配信状況
Hulu ×
U-NEXT
ビデオマーケット
dTV
auビデオパス
FODプレミアム ×
Amazonプライムビデオ ×
TSUTAYA TV ×
WOWOW ×
Gyao ×

新規会員登録をすることで、お試しの無料期間を利用できるサイトもあります。

かしこく利用して、自分に合ったサイトでドラマを楽しみたいですね。

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第7話を観た感想

第7話は、前回から引き続いての、「ローズブライダル」を相手取って集団訴訟を起こすという内容でした。

実際に視聴していた私が、個人的でありながら感想を語らせていただきます。

今回も、やはり安達祐実さんが光っていましたね。

横領での前科があるなんて、偏見とはいえふつうはフラットな視点で見られる過去ではありません。

でも、涙ながらに訴えているその姿は、とてもいじらしく共感を覚えてしまう一番の名シーンです。

十分罪を償ったのだから、女性としてまた幸せを望む権利はあるというのは、確かにそうだと思いました。

過去の横領も、結婚詐欺にあったからこそです。

だからこそ必死に婚活をしている人たちをだます「ローズブライダル」は許せないとそう思わせる説得力もありました。

そして、2番目に印象に残ったシーンは、海崎が思わずにやけてしまう、白鳥の土下座強要シーンです。

白鳥は役どころでも、こういう面があるのは感じ取れましたが、海崎は万年ポーカーフェイスという印象が強い役でした。

嫌味で小憎らしいライバル弁護士という役を徹底していたので私も視聴中は目の敵にして、一人で突っ込んでました。

「小鳥遊翔子はもう相手にしてないのに、いちいち突っかかって来てまだ未練があるのね」と。

でも、今回でかなり親近感がわいてしまいました。

同時に、白鳥に対してもです。

小鳥遊翔子が、白鳥も詐欺被害にあっていたことをいじるシーンがありましたね。

私はそのときもまだ、きっとローズブライダルと白鳥が繋がっていて、無料で会員にさせてもらったのだろうと浅はかな憶測をしていました。

でも、本当に被害に合っていたとは……えっと、子煩悩な男性がタイプで、男性経験が……。そうですか。

意外とカワイイ一面が垣間見えましたね。

そして、最後になりますが、定番の天馬のワインシーンです。

今回は、秘書が狙い通りに小鳥遊翔子を陥れられそうな資料を持ってきたのでご満悦。

でも、天馬のちょっとしたリアクションに、秘書の女性は条件反射でのけぞっていましたね。

そして、天馬の吠えるシーン。もう高級腕時計のコレクションをからぶきしている場合ではないようですね。

ちょろちょろとワインをかけ流ししている場合でもないほど、感情があらわになってきています。ただ、秘書の方には実害が無く何よりです。

次回は、そろそろ天馬と小鳥遊翔子の対決が近づいてくるのでしょうか?

とっても楽しみです!!

リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~第7話のネットでの反応や評価・評判

大人気ドラマの感想ツイートは、今回も白熱してるようですね。
特に、菜々緒さんや向井理さん、そして林遣都さんに関するコメントが多かったと思われます。
実際に見た人達の声をまとめてみました。

https://twitter.com/2SgC0VSF44F3odC/status/1068146484556644352

まとめ

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第7話のあらすじ・感想・ネタバレはいかがだったでしょうか?

回を追うごとに、小鳥遊翔子の弁護士資格はく奪の経緯、そして小鳥遊翔子と天馬の確執に至った背景がだんだんとあらわになってきました。

次回も目が離せませんね!

さて、これまでネタバレを含めたあらすじを、ご紹介してきました。

でも、豪華キャストの面々が繰り広げる、軽々なテンポのこのドラマは、文字だけではなかなか伝えきれません。

実際に動画を観ることで、さらに何倍も楽しめますよ。

以下のリンクをクリックすると、視聴可能な動画配信サイト一覧に戻ります。

「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」の配信サービス一覧を見る

同じテーマの記事

「リーガルV」をもっと見る