伝説的な泥棒である煙烏と、刑事である班目との間に出来た特異な協力関係。

そして個性的なメンバーで構成される13係はこれからどのような事件に対応していくのか。

そんな気になる「ドロ刑第2話」を見逃してしまった方に向けて、ドロ刑第2話のあらすじや無料で見逃し視聴をする方法をお伝えします。

『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第2話のあらすじ・ネタバレ

ここからはドロ刑第2話のあらすじを書いていきます。

ネタバレ要素を含んでいますので、これからドロ刑第2話を視聴する方は注意してください。

お荷物かエリートか

班目(中島健人)が配属された13係は、実はエリート集団ではなく、お荷物集団であった。

クセの強い面々は、お荷物ではあるがそれぞれに長所も持っている。

メンバーに対して悪意すら感じるあだ名を付ける鯨井(稲盛いずみ)だが、班目だけは「班目くん」だった。

最初の事件。犯人は黒蛇

13係が初めて担当する事件は忍び込みによる泥棒、通称「ノビ」と呼ばれるものだった。

飴を食べて犯行の跡を残す独特の手口から、細面(野間口徹)は犯人はノビの大物で通称「黒蛇」の大堂(笹野高史)だと推測する。

大堂の名を聞き、怒りの感情を出す勝手田(丸山智己)。

13係は手分けして大堂の住居の特定を始める。

班目は皇子山(中村倫也)と行動を共にするが、皇子山はプライドの高さから「こんなの俺の仕事じゃない」と言って帰ってしまう。

見つかるはずがないと諦め、帰ろうとする班目の前に煙烏(遠藤憲一)が現れる。

煙烏は以前に立て替えた飲み代を回収しに来たと話す。

やる気のない13係の愚痴を言う班目に対して、煙烏は真剣に捜査をしている勝手田の姿を見せるのだった。

またしてもミス

勝手田に協力する班目。

班目が飲み物を買いに行っている時、勝手田の前に大堂が現れる。

不敵な笑みを浮かべ「捕まえてみな、今度は下手うたねぇようにな」と言い残し去っていく大堂。

勝手田は班目に大堂をタクシーで尾行するように指示する。

指示に従う班目であったが、3000円しか現金を持っておらず尾行はそこで失敗してしまう。

班目の失態に怒る勝手田は、やる気のない13係からも出ていく。

心強い情報提供者

翌朝、家を出ようとした班目は驚く。

玄関のドアに大堂のヤサが書かれた煙烏からのメモがあったからだ。

鯨井に大堂のヤサが割れたことを話す班目。

その情報を元に大堂の行動確認を行う班目と勝手田。

皇子山は班目が時折的確な情報を掴んでくることに疑いの目を向けている。

張り込みで得た大堂の行動から、次の犯行を行う日が近いことを予測し、一層気合が入る面々の前に神奈川県警が割って入る。

13係は管轄外での捜査のため、身分を明かせない。

それを知っての行動だ。

大堂は神奈川県警も追っていた犯人、ターゲットがかち合っていたのだ。

「この横やりにやる気をなくす13係のメンバーに対して勝手田は俺一人でもやる。」

と息巻く。

今度は悪にしてやるよ

いつものバーで煙烏に事の顛末を話す班目。

煙烏はなぜ勝手田が大堂に固執するのかの理由を話した。

結局は管轄が大事であるという警察の在り方に釈然としない班目に対して煙烏は現行犯逮捕を進める。

現行犯逮捕の場合は、管轄がどうこうよりもその優先順位が高いからだ。

とは言え、どうすれば現行犯逮捕出来るのか?
班目に対して煙烏は言い放つ。

「徹底的に泥棒の気持ちになれ、悪の気持ちに。俺がお前を悪にしてやるよ。」

進退を賭けた捜査

翌日、班目は鯨井に捜査方法を提案する。

大堂の尾行は県警の横やりが入り不可能、だから奴が犯行を行う家を予想して周囲を囲むと。

鯨井はこの提案に対して、失敗した場合は班目が全責任を負うことを条件に許可する。

班目は煙烏からノビに入りやすい家のレクチャーを受ける。

翌朝、県警が大堂の逮捕状を請求するとの知らせが入る。

逮捕状を請求され、県警に逮捕される前、つまり今夜が勝負。

という状況で、班目が風邪をこじらせて寝込んでしまう。

大堂が自転車で移動を開始し、それを追う県警と13係のメンバー。

班目が言っていた場所とは全然違う場所だった。

男が現場から出てきたところを押さえて終わり。

しかし、大堂だと思っていた男は別人だった。

そのころ、大堂は別の家で犯行に及んでいた。

仕事の終わりとしてキャンディーに手を付け、不敵に笑う大堂の元にその家のベッドで寝ていた班目が姿を現す。

手にしたカッターで班目を脅す大堂に対して「プロ中のプロは傷害なんて起こさない。

そこに絶対のプライドがあるから」と返す。

誰に教わった?と聞く大堂に対して煙烏ですと班目は答える。

ベランダから逃げた大堂を勝手田が逮捕した。

雪辱を晴らしたのだった。

一連の流れが終わり、班目はその場に現れた煙烏に対して救急車の手配を頼み、倒れてしまう。

救急車を呼ぶ煙烏の姿を、遠巻きに皇子山が見ていた。

『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第2話の見逃し動画を無料で見る方法

ドロ刑第2話の見逃し配信の状況や、無料で視聴するための方法などをご紹介していきます。

Dailymotion・Pandora・miomioでも閲覧可能?

動画を無料で視聴できるサービスとして有名なものは以下にあげる3つのサイトが代表的です。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

便利なサイトですが、公式のものではないのでセキュリティ面などに注意をする必要があります。

また、見たい時に必ずしもドロ刑第2話があるとも限りません。

公式サービスが使えない場合などに利用を検討してみてはいかがでしょうか?

『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第2話を配信している主要ビデオオンデマンド(VOD)一覧

公式サービスである主要なビデオオンデマンドでの「ドロ刑第2話」の現在の配信状況は以下の表のようになっています。

VOD一覧 配信状況
Hulu
U-NEXT ×
ビデオマーケット ×
dTV ×
auビデオパス ×
FODプレミアム ×
Amazonプライムビデオ ×
TSUTAYA TV ×
WOWOW ×
Gyao ×

現状は日テレ系のhuluのみとなっています。

安心・安全に、安定的にドロ刑第2話を視聴するにはうってつけのサービスですので、ぜひ利用を検討してみましょう。

『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第2話を観た感想

特徴的で個性あふれる13係の面々の紹介なども含めて、いよいよ本格的にストーリーが展開し始めるドロ刑第2話。

そんなドロ刑第2話を見た感想を書いていきたいと思います。

ドロ刑第2話では、13係のそれぞれのキャラクターが紹介され、1人1人にきちんとキャラクター設定がされていることが分かります。

細かな設定や人物背景を元に、これからどのように13係の面々が動いていくのかを楽しみにさせてくれる内容になっています。

ドロ刑第2話のゲストでもある笹野高史さんも、いぶし銀の演技が光っていました。

存在感のある、ある意味で職人気質を持っているベテランの泥棒をしっかりと演じきるその技量は流石の一言でした。

ドロ刑 -警視庁捜査三課-第2話のネットでの反応や評価・評判

ドロ刑第2話のネット上での反応や評価・評判をいくつか紹介していきます。

ネタバレを含んでいるものもありますので、注意してください。


https://twitter.com/kfssm_loveyu/status/1054341275015557122
https://twitter.com/shori_nok/status/1053812252065726464

まとめ

いよいよ本格的にストーリーが展開していく。

そのための登場人物の紹介なども含めて、これからの基点となるドロ刑第2話のあらすじや無料で見逃し視聴をする方法などをまとめました。

この記事を参考に、ドロ刑第2話を無料で視聴してはいかがでしょうか?

もう一度ドロ刑を見ることのできるVODをチェックしたい方は、こちらから戻ることが出来ます。

「ドロ刑」の配信サービス一覧を見る