前回は関東大震災から復興をとげる日本が描かれましたが、今回からは「いだてん」第二部となりました。

第二部では主人公が金栗四三から、日本にオリンピックを呼んだ田畑政治にかわり描かれていきます。

日本水上競技連盟を立ち上げた田畑はオリンピックに水泳選手を多く送り込もうと考えますが・・・。

こちらの記事では大河ドラマ「いだてん」第25話を詳しくネタバレ込みでご紹介しています。

また、最後まで読んでもらえると安全にネットでドラマを見る方法や視聴者の評判なども知ることができますので参考にしてみて下さい。

『いだてん』第25話のあらすじ・ネタバレ

今回は「いだてん」第2部の主人公・田畑政治が登場し新聞社に入社します。

その一方で日本水上競技連盟を立ち上げ、オリンピックに水泳選手を送り込もうと考えますが・・・。

ここからはネタバレを含んでいますので、知りたくない方はご注意下さい。

3度目のオリンピック

震災後に行われたパリオリンピック予選会で、指導役としてついていた四三でしたが、結局一番でゴールテープを切ってしまいます

そして、オリンピックに3度目の出場をすることになった四三は、新聞に大きく取り上げられました。

大正13年、東京帝国大学を卒業した田畑政治は、朝日新聞社の入社試験の面接を受けます。

好きなスポーツと聞かれて水泳の話しをし始めた田畑は止まらなくなり、社長や政治部の部長・緒方を驚かせていました。

そして、長々と水泳の魅力を語っておいて希望部署は政治部と言います。

結局、インパクトが強かった田畑は社長に気に入られて採用となりました。

水泳は陸上より格下!?

朝日新聞社で働き始めた田畑でしたが、政治部に勤めながらも運動部のオリンピックの記事が気に入らないと訴えにいきます。

オリンピックに最初に出場したのが陸上であったため、陸上を大きく扱い、他の競技は小さく扱われていました。

担当したのは、四三の後輩で駅伝にも参加した河野一郎だと分かります。

河野は水泳は陸上より格下だから仕方ないと田畑に話し、より一層反感を買いました。

しかし、開催されたパリオリンピックでは期待された金栗四三が、32キロ地点で気絶して棄権に終わります。

四三は報告会でどうどうと3度目のオリンピックでの結果を語り、改めて次の世代にエールを送りました。

その場にいた田畑はここぞとばかりに陸上贔屓の体協を非難し、治五郎にも会長から退くように求めます。

治五郎の一本背負い

一人で会場全体を敵に回し、喋りまくる田畑を見ていた治五郎は、「彼は口が韋駄天だな・・・」と言って笑いだしました。

笑われていることに怒った田畑は治五郎に掴みかかりますが、そのまま一本背負いで投げられてしまいます。

それでも田畑は、フラフラになりながら水泳は体協から独立すると宣言するのでした。

10月になると田畑は、東京帝国大学の水泳部コーチ松澤と日本水上競技連盟を立ち上げます。

しかし、当時は温水プールがなかったため、日本では夏以外では水泳の練習が出来ずに冬は時間を潰して過ごしていました。

そんな時、大学の地下でボード部が昔使っていた船舶実験用の水槽を見つけます。

20メートルほどある水槽でプールとしても十分に使える代物です。

田畑は目を輝かせて、これで冬でも水泳の練習ができると言って喜びます。

その頃、水連に対抗するように河野たちも日本陸上競技連盟を立ち上げ、体協から独立していきました。

体協は一気に人が来なくなり、野口は暇を持て余して事務所に卓球台を運び込みます。

短命の家系「30歳で死ぬ!」はずの田畑

水連に夢中の田畑を上司の緒方は、ローズというバーに連れて行ってくれました。

緒方はそこで自分が大スクープを取った時の話しを田畑にして聞かせます。

手柄を取りたい田畑はその話に聞き入り、目を輝かせました。

しかし、そのバーのママ・マリーに占いをしてもらった田畑は、30歳で死ぬと予告されてしまいます。

もともと田畑家の男は体が弱く祖父は55歳、父が43歳で亡くなっている短命の家系のため現在28歳の田畑は愕然とするのでした。

時代は昭和に変わり、アムステルダムオリンピックが迫ってきます。

最後のオリンピックかもしれないと考えている田畑は、何がなんでもメダルを取って水泳競技の価値をあげたいと考えていました。

オリンピック予算の行方

大学の地下に見つけたタンクと呼ばれる水槽もプールに生まれ変わり、冬でも練習ができるようにされます。

そして、田畑はオリンピックに出場する選手の予算を確保するため体協に向かいます。

しかし、国がオリンピックの予算をあまりくれないため、体協の岸は国から予算を自ら取ってくるように打診しました。

それを聞いた田畑は、とってみせると言ってその場を飛び出していきますが、治五郎たちは毎回予算の件で国と戦うことにうんざりします。

治五郎は、こうなったら最初の四三たちのように自腹を切ってもらうしかないと言いました。

選手の負担が大きいことは分かりきっているため、野口たちからは反発を受けます。

その頃、田畑はある大物政治家の家に上がり込み直談判をしていました。

その後、頭を抱えていた治五郎たちの元に6万円(現在の約4億円)もの大金を持った田畑がやってきます。

お金の出どころを聞かれた田畑は、大蔵大臣の高橋是清に「若者のために使う」と説得して出してもらったと得意げに語るのでした。

『いだてん』第25話の見逃し動画を安全に見る方法

ここでは「いだてん」第25話をうっかり見逃してしまったという方のために、安全に動画で視聴できる方法をご紹介しています。

インターネット環境が整っていれば、スマホやタブレットでも視聴可能ですので場所や時間を選びませんよ。

NHKオンデマンドで視聴可能

大河ドラマ「いだてん」はNHKオンデマンドで視聴することが出来ます。

利用方法は単品レンタルか、2種類の見放題パックから選べますので視聴したい放送時期を考えて検討してみて下さい。


>> NHKオンデマンドの公式サイトを見てみる

2つの見放題パック
  • 2週間以内の放送分を視聴したい方は「見逃し見放題パック」
  • 2週間超えた放送分を視聴したい方は「特選見放題パック」

どちらも税込み972円で契約できます。

ただ、NHKオンデマンドには無料視聴サービスはないため、一度試してみないと不安だという方にはU-NEXTでの視聴がおすすめです。

U-NEXT・ビデオマーケット・Gyaoでも視聴できる

大河ドラマ「いだてん」は

しかし、現在はどのサイトでも視聴するには課金が必要です。

そこでU-NEXTを利用して「いだてん」を視聴する方法をご案内いたしましょう。

U-NEXTなら無料トライアルがありますので、31日間映画やドラマを無料視聴しながら、自動的についてくる600ポイントを使い「いだてん」を視聴してみて下さい。

見放題パックなら少し手出しが必要ですが、単品レンタルなら2話を無料視聴することができますよ。

U-NEXTの無料トライアルサービスを確認する

『いだてん』第25話を観た感想

今回から第二部が始まり、主人公が四三から田畑政治に変わりました。

どちらかというと素直で可愛いキャラだった四三と違い、田畑は傍若無人で目的のためには言葉も行動も選ばない人間なので、共感が得られるかわかりませんね。

最初から、あまりに強烈なキャラクターだったので個人的にはちょっとひきました。

サラッと流された四三の3度目のオリンピックも残念な結果に終わり、史実通りなのは分かりますが、なんだか四三がかわいそうになってきます。

孝蔵の方も子供の数が増えて、ちょっとは落ち着いたようにみえましたが、過去の悪行をお客の前で田畑にバラされてしまいました。

もともと孝蔵もかなりひどいキャラなので、田畑と戦わせるシーンは良かったですね。

いだてん第25話のネットでの反応や評価・評判

実際に「いだてん」第25話を視聴した人たちは、どんな感想を持ったのか調べてみました。

Twitterの投稿をまとめたものですので参考にしてみて下さい。

第二部主人公・田畑政治

https://twitter.com/sparkingjoyz/status/1145296716083519488

新しい主人公の田畑政治があまりに濃いキャラすぎて、衝撃を受けた方が多かったようです。

確かにうるさいキャラですが、もしかしたら慣れてくる可能性もありますので視聴は続けてほしいと思います。

孝蔵と田畑の掛け合いが評判!

今回は、再会を果たした田畑と孝蔵の掛け合いが面白いと注目を集めています。

過去に田畑の財布を盗んだことを高座中バラされた孝蔵ですが、この性格なので気にすることもなく逃げきることでしょう。

視聴者それぞれの注目したポイント

水連の地下にタイミングよく大きな水槽があったのには、ちょっと出来すぎで笑えましたね。

しかし、そこからメダリストがたくさん輩出されていくことになるのでしょう。

いだてんの放送時間帯

ここではNHK大河ドラマ「いだてん」の放送時間を地上波、BSとまとめてご案内しています。

地上波放送【NHK総合】
  • 毎週日曜 20:00~20:45
  • 毎週土曜 13:05~13:50(再)
BS放送【BSプレミアム】
  • 毎週日曜 18時-18時45分
NHK 【BS4K】
  • 毎週日曜 9:00~9:45
  • 毎週日曜 8:00~8:45(再)

日曜日に見逃しても翌週土曜日には再放送がありますので、まず先週のストーリーを確認してから日曜の放送を視聴することができます。

まとめ

「いだてん」第25話はいかがでしたでしょうか。

今回は田畑が朝日新聞社の政治部に入社します。

水泳競技が陸上競技より、格下扱いされることを嫌った田畑は体協から水泳を独立させ、水連本部を作りました。

上司に連れて行かれたバーで30歳で死ぬと占われた田畑は、最後のオリンピックに執念を燃やすようになります。

そして、大蔵大臣に直談判すると4億円近いオリンピック予算を、確保して治五郎たちを驚かせました。

下記のリンクをクリックすると、「いだてん」をネットで視聴する方法をもう一度確認することができますよ。

「いだてん」の配信サービス一覧を見る