前回はなんとかストックホルムに到着した四三たちでしたが、今回はもともと体調の良くない兵蔵の病状が悪化してしまいます。

四三たちは仕方なくそれぞれ自分だけで練習を始めましたが、そんななか弥彦に異変が・・・。

本記事ではNHK大河ドラマ「いだてん」第10話を詳しくネタバレ込みでご紹介しています。

また、最後まで読んでもらえると放送時間や、安全にネットでドラマを視聴できる方法もわかるようになるので、ぜひ参考にしてみて下さい。

『いだてん』第10話のあらすじ・ネタバレまとめ

今回は兵蔵が病の悪化で練習に参加できないことから、四三と弥彦はそれぞれ単独で練習に励み始めます。

しかし、今まで注目されて生きてきた弥彦が劣等感や孤独に耐えられなくなり・・・。

ここからはネタバレを含んでいますので、知りたくない方はご注意下さい。

治五郎への手紙

ストックホルムについてから、四三と弥彦は現地の記者からの取材を受けます。

日露戦争での勝利の影響もあって、現地では日本人選手への注目度はかなりのものでした。

特に世界記録を持つ四三は注目の的になります。

その日、四三はなかなかこない治五郎に明日から本格的な練習を開始すると手紙を送りました。

そして練習を開始した四三でしたが、他の国の選手たちと違って一緒に走ったり、批評しあったりできる仲間がおらず孤独を感じながら黙々と練習することになります。

監督の兵蔵も体調不良が続きなかなか顔を見せないため、四三は自分で作った練習メニューをやるしかありませんでした。

足袋で人気者になった四三

兵蔵は初日の晩に練習に出られなかったことを詫びたものの、その翌日以降も姿を見せることはありませんでした。

弥彦は安仁子から渡される練習メニューをただ黙々とこなし、四三に限っては兵蔵の専門外ということもあってメニューすら組んでもらえず、1人で考えて走ります。

孤独感いっぱいだった四三でしたが、そんなときロッカールームで一緒になったラザロという選手が四三の足袋に興味を示して話しかけてきました。

ラザロは経済的にきつい生活をしていたことで、電車にのることができず、毎日走って仕事に行っていたらマラソン選手にスカウトを受けたと四三に話します。

いだてん通学を続けてきたことが、マラソン選手になったキッカケだった四三はラザロの話しに親近感を覚えました。

そしてラザロに予備の足袋をプレゼントすることにします。

世界記録を出している四三が履く足袋ということもあり、他の選手たちも興味を示し足袋をほしがりました。

四三は他の選手にも足袋を履いてもらおうと急いで追加の足袋を送ってくれるように辛作に電報をうちます。

弥彦の異変

マイペースに頑張っていた四三とは対照的に弥彦は外国人との体格差や速さ、そして孤独感からすっかり自信を喪失して部屋に引きこもってしまいます。

心配した四三は弥彦の部屋を訪ねますが、すっかり気落ちした弥彦は世界記録を持つ四三ばかりが注目されると八つ当たりしました。

そして四三を部屋から追い出してしまいます。

困った四三は監督の部屋に向かいますが、兵蔵の方も病気でげっそりしていてとても弥彦の力になれそうもありません。

そのまま監督の部屋をでて廊下を歩いていると今度は弥彦の部屋のドアが少し空いていることに気が付きました。

不思議に思って覗き込んだ四三は今にも窓から飛び降りそうな弥彦を見つけて、急いて止めに入ります。

そして四三は心折れてしまった弥彦に自分たちの1歩は日本人の1歩だと訴えました。

それが速くても遅くても自分たちの1歩には意味があると四三から言われた弥彦は涙を流しながらうなずきます。

治五郎の到着

その日以来、四三は弥彦の練習にも付き合うようになりました。

兵蔵は体調不良で休んだままでしたが、2人で試行錯誤しながら練習を続けるうちに弥彦はもとの調子を取り戻していきます。

兵蔵も少しずつ体調が良くなり、練習にも顔を出せるようになってきました。

その頃になってようやく治五郎がストックホルムに到着します。

治五郎は四三が電報で頼んだ足袋と製本した兵蔵の論文を持って来てくれました。

そして、いよいよ迫ってきたオリンピック開催に向けてプログラムが出来上がり、開幕式では日本はイタリアの次の入場であることが知らされます。

そこで入場の時に持つプラカードの話しになりますが、世界に通用するように「JAPAN」にしようと考える兵蔵と治五郎に対して、四三が「日本」と書くように頼みました。

四三は世界がどう言おうと自分は日本人だと話しますが、兵蔵は読めなければ意味がないと真っ向から対立する姿勢をみせます。

揉める四三たちの様子を見ていた治五郎は自分が日本でくすぶっている間にいろいろあったことを感じ取るのでした。

『いだてん』10話の見逃し動画を安全に見る方法

タイミング悪く部屋に入ってきた安仁子にBLを疑われる弥彦と四三が面白かった「いだてん」第10話を見逃してしまったという方のために、安全に動画で視聴できる方法をご案内しています。

インターネット環境が整っていれば、どなたでも試せますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

NHKオンデマンドで快適に視聴できる

大河ドラマ「いだてん」はNHKオンデマンドで視聴することが出来ます。
>> NHKオンデマンドの公式サイトを見てみる

使用方法には単品レンタルと2種類の見放題パックがありますので確認してみて下さい。

2つの見放題パック
  • 2週間以内の放送分を視聴したい方は「見逃し見放題パック」
  • 2週間超えた放送分を視聴したい方は「特選見放題パック」

見放題はそれぞれ月額972円(税込み)で契約できます。

1話だけなら単品がオススメですが、最初から見たいという方には特選見放題パックの方がお得に視聴できますので、確認してみて下さい。

U-NEXT・ビデオマーケット・Gyaoでも視聴できる

大河ドラマ「いだてん」を視聴できるビデオオンデマンドはNHKオンデマンド以外にも

があります。

があります。

現在はどのサイトでも視聴するには1話ずつ課金が必要です。

しかしU-NEXTの無料トライアルなら31日間映画やドラマを無料視聴しながら、登録するだけでもらえる600円分のポイントで「いだてん」を視聴することができます。

大変お得な視聴方法ですので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

無料視聴期間内に契約解除すれば、利用料がかかることもありませんよ。

現在(2019.5.7)は権利上の問題でどのサイトでも4.5.6.7.8話が配信停止中ですので、詳しくはホームページを確認してみて下さい。

『いだてん』第10話を観た感想

ずっと清々しい雰囲気で常に余裕を持っていた弥彦に異変がみられた回になりました。

シベリア鉄道では四三のサポートまでしていたのが嘘のように完全に心が折れてしまったようです。

今まで注目されていたのが誰からも相手にされなくなったことで自尊心が傷つけられたのでしょう。

今回は四三自身もきつい状況にありながら弥彦のサポートに回り始めます。

お互いしか頼る人がいない状況なので、2人の絆がより一層強くなった印象をうけましたね。

そしてようやく到着した治五郎のおかげで少し場が和んだような感じがします。

治五郎の性格やもともとあった信用が、海外での四三たちの孤独を紛らわせた気がしました。

いだてん第10話のネットでの反応や評価・評判

ここでは実際に「いだてん」第10話を視聴した方たちの感想や意見をまとめてみました。

評判が気になるという人は下記で確認してみて下さい。

BL疑惑浮上の2人

安仁子のタイミングが妙に良すぎましたが、一番話題になっているシーンでした。

NHKではなかなか見ることのないシーンかもしれません。

心折れた弥彦

ずっと自信満々だった弥彦が心折れてしまうシーンに注目した方が多かったように感じます。

このギャップは生田斗真さんの演技力の高さもあって涙なくして見られなかったようです。

視聴者それぞれの注目したポイント

俳優陣の演技力の高さに注目する声が多く見られましたが、その分事件を起こして多大な迷惑をかけることになったピエール瀧さんに対する厳しい意見も見られました。

足袋屋の店主という本作ではかなり重要な役柄であったことでシーンの撮り直しも行われているようです。

いだてんの放送時間帯

NHK大河ドラマ「いだてん」の放送時間を知りたい方は下記で確認してみて下さい。

地上波放送【NHK総合】
  • 毎週日曜 20:00~20:45
  • 毎週土曜 13:05~13:50(再)
BS放送【BSプレミアム】
  • 毎週日曜 18時-18時45分
NHK 【BS4K】
  • 毎週日曜 9:00~9:45
  • 毎週日曜 8:00~8:45(再)

見逃してしまっても土曜日には再放送がありますので、先週のストーリーを確認してから今週分を視聴することができますね。

まとめ

「いだてん」第10話はいかがでしたでしょうか。

今回は兵蔵が体調不良続きで練習に出られず、四三と弥彦は孤独に黙々と練習メニューをこなします。

しかし、しばらくすると孤独感や劣等感で弥彦の様子がおかしくなり、部屋に引きこもってしまいました。

心配した四三が部屋をのぞくと自殺しようとしている弥彦を見つけ慌てて止めに入ります。

四三はその日から弥彦と一緒に練習をするようになり、少しずつ弥彦の調子が戻ってくるのでした。

下記をクリックすると、「いだてん」をネットで視聴する方法をもう一度確認することができますよ。

「いだてん」の配信サービス一覧を見る