前回は心折れて自殺までしようとした弥彦でしたが、今回はいよいよオリンピックが開催され弥彦が競技に出場することになります。

勝てないことが分かっている勝負に複雑な表情をする弥彦でしたが・・・。

本記事では「いだてん」第11話の詳しいネタバレや感想、視聴者の注目したポイントなどをご紹介していきます。

また、ネットを利用して見逃したドラマを見られる方法もご案内していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

『いだてん』第11話のあらすじ・ネタバレまとめ

今回はオリンピックが開催され、いよいよ弥彦の出番がやってきます。

もともと勝てないことは既に分かっていた弥彦は複雑な表情をするのですが・・・。

ここからはネタバレを含んでいますので、知りたくない方はご注意下さい。

問題のプラカード

開会式のプラカードの表記を「JAPAN」にするか「日本」にするかで揉め始めた一同でしたが、四三は日本でない限り出場を辞退するとまで言い始めます。

しかし、それでも兵蔵は西洋人に読めなければ意味がないと言い切りました。

治五郎は四三たちの間に流れる不穏な空気に気がつき、理由を尋ねますが弥彦からは治五郎のせいだと言われてしまいます。

弥彦はタイムのことばかり言われすぎてプレッシャーに押しつぶされそうになったと怒りをぶつけました。

そして四三が納得しないのなら自分も出場できないと言い始めます。

四三はストックホルムに来てから、どんなにつらくても日本にいる家族や友人たちのことを思い出して乗り越えてきたと語りました。

だから自分は西洋人に分かるように「JAPAN」と表記するのではなく、日本人として「日本」でオリンピックに出場したいと伝えます。

それを聞いた治五郎は四三の熱い気持ちを受け止めて頼もしいと褒めました。

そして結局、プラカードの表記は間をとって「NIPPON」と書くことにします。

敵はタイムのみ!弥彦の戦い行方

7月6日ストックホルムオリンピックがいよいよ開幕されます。

スタジアムには28カ国3000人の代表選手が集まり、盛大な開会式が行われました。

日本選手団は四三と弥彦のみでしたが、日の丸を掲げて堂々と入場します。

そして開会式が終わると早速、弥彦が出場する100メートル走の予選が行われることになりました。

ロッカールームで出番を待つ弥彦は緊張の面持ちでいましたが、そこに兵蔵が来て声をかけます。

兵蔵は「敵はタイムのみ。

一緒に走る選手はライバルではなく、同じ敵に立ち向かう同士と考えよ」とアドバイスをしてくれました。

弥彦は3週間前に聞きたかったと言いながらも、感謝してスタジアムに出ていきます。

そして100メートル走の予選に出場しますが、結果は最下位で終わりました。

しかし、弥彦は気持ちを切り替えて自己タイムを更新したことに満足げな表情をみせます。

突然、押し花を始める四三を心配する治五郎

その後、200メートル走や400メートル走にも出場した弥彦でしたが、結局、圧倒的な敗北を味わうことになります。

それでも弥彦は明るく敗北感を受け止め、次に控える四三へエールを送りました。

四三は兵蔵の調子が悪くなったため、一人で黙々と練習を行い、本番に向けて調子を整えていきます。

しかし、四三は本番が近づくにつれ味わったことのないモヤモヤ感を胸に感じるようになりました。

戸惑った四三は気持ちを落ち着かせるために部屋で押し花を始めます。

それを見た治五郎は心配になって、外の空気を吸いに行くように促しました。

しかし、四三がスタジアムの歓声を聞いて緊張に押しつぶされそうになっていることを知り、もっと気楽にやっていいと声をかけます。

プレッシャーという言葉を知る四三

四三は惨敗続きでも競技に出るのが楽しみと笑顔を見せる弥彦に原因がわからない胸のモヤモヤのことを相談してみました。

すると、弥彦はそれがプレッシャーと呼ばれるもので、選手全員が感じているものであることを教えてくれました。

納得した四三はモヤモヤの原因が理解できたのでもう怖くないと笑顔をみせます。

翌日、弥彦は四三が見守る中、400メートル走に出場しました。

しかし、他の出場選手が棄権していたため、一緒に走るのは弥彦ともう1人の選手のみになります。

それでも全力で走りきった弥彦は自己ベストを更新することに成功し、四三と抱き合って喜びました。

そして出場者が2人しかいないことから当然決勝にいけることになりますが、自分の限界を越えた弥彦は治五郎に棄権を申し出ます。

弥彦はやり遂げた満足感で晴れ晴れとした気持ちだと話し、治五郎も棄権を受け入れるのでした。

『いだてん』11話の見逃し動画を安全に見る方法

弥彦の孤独な戦いが終わった「いだてん」第11話をうっかり見逃してしまったという方はいませんか?

そんな方のためにここではインターネットを利用してドラマを視聴する方法をご案内しています。

NHKオンデマンドで快適に視聴できる

「いだてん」はNHKオンデマンドを利用してネットで視聴することが出来ます。
>> NHKオンデマンドの公式サイトを見てみる

NHKオンデマンドでは1話ずつレンタルして見る方法と2種類の見放題パックがありますので確認してみて下さい。

2つの見放題パック
  • 2週間以内の放送分を視聴したい方は「見逃し見放題パック」
  • 2週間超えた放送分を視聴したい方は「特選見放題パック」

どちらの見放題パックも月額972円(税込み)で契約できます。

ただ月額契約なので月途中の契約でも当月末までしか視聴できず、日割りもありませんので注意して下さい。

U-NEXT・ビデオマーケット・Gyaoでも視聴できる

NHKオンデマンド以外で「いだてん」を視聴できるサイトは

です。

どのサイトでも視聴するには課金が必要になりますが、U-NEXTなら他より少しお得に視聴する方法があります。

無料トライアルを申し込み、登録するだけでもらえる600ポイントを利用すると「いだてん」も2話を無料で視聴することが可能です。

しかし、権利上の問題でどのサイトでも4.5.6.7.8話が配信停止中になっていますので、詳しくはホームページを確認してみて下さい。

『いだてん』第11話を観た感想

今回は弥彦が大活躍しましたが、いろいろ考えさせられる回でもありました。

特に他国の選手との勝負と自己タイムとの戦いは、ちょっとモヤモヤしてしまいますね。

結局、日本にいる人達は勝手に弥彦たちに大きな期待をよせているので、弥彦が自己ベストと言っても、他国に負けたことをいろいろ言われそうです。

弥彦は日本に帰った時にどんなことを家族や周囲の人に言われるのでしょうか。

他人事ながら自殺まで考えた心の弱さからちょっと弥彦のことが心配になりませんか?

そして、味噌汁の作り方に加えて、押し花までこなす四三の女子力の高さが印象に残った方も多かったのではないでしょうか。

気持ちの落ち着かせ方は人それぞれですが、治五郎が心配になったのも理解できますね。

いだてん第11話のネットでの反応や評価・評判

弥彦の奮闘が描かれた「いだてん」第11話を視聴した方はどんな感想をもったのでしょうか。

ここではドラマの評判をTwitterから選抜してみました。

「敵はタイムのみ!」笑顔を取り戻す弥彦

兵蔵が始めて監督らしい言葉を弥彦にかけたシーンにコメントが多く寄せられていたようです。

もっと早く聞きたかったと言い返す弥彦の気持ちも分かりましたが、走りきった後の清々しい笑顔が何より印象的でした。

押し花好き!?女子力が高い四三

https://twitter.com/nhk_td_idaten/status/1107250259351293952

押し花をしたのは史実だったそうですが、四三の女子力の高さにコメントが集中していました。

押し花は持って帰れますが、後ろのドライフラワーはどうするつもりだったのでしょうか。

視聴者それぞれの注目したポイント

四三と弥彦の対照的な性格や、その2人に芽生えた友情に注目した投稿が多く見られました。

コメントにあるように確かに四三は理論的で弥彦は感情的な性格かもしれませんね。

いだてんの放送時間帯

ここでは「いだてん」の放送時間をお知らせしています。

地上波では毎週日曜日の夜に放送されていますので、ちょうど自宅でゆっくり視聴するのによい時間ではないでしょうか。

地上波放送【NHK総合】
  • 毎週日曜 20:00~20:45
  • 毎週土曜 13:05~13:50(再)
BS放送【BSプレミアム】
  • 毎週日曜 18時-18時45分
NHK 【BS4K】
  • 毎週日曜 9:00~9:45
  • 毎週日曜 8:00~8:45(再)

再放送もありますので、ぜひ確認して視聴してみて下さい。

まとめ

「いだてん」第11話はいかがでしたでしょうか。

今回はようやくプラカードの文字を「NIPPON」と表記することで開会式に四三と弥彦が揃って参加しました。

兵蔵から的確なアドバイスを受けた弥彦はプレッシャーから解放され、競技そのものを楽しむ余裕が生まれます。

結果は予想通り惨敗した弥彦でしたが、自己ベストは更新できたことから晴れ晴れとした表情で競技を終えるのでした。

動画でドラマを視聴できる方法をもう一度確認したい方は下をクリックしてみて下さい。

「いだてん」の配信サービス一覧を見る