前回はベルリンオリンピックが戦争で急遽中止になったことで落ち込む四三でしたが、今回はそんな四三を心配したスヤが東京にやってきます。

スヤの支えもあって元気を取り戻した四三は新たな目標を見つけ・・・。

本記事では「いだてん」第17話のネタバレと感想、視聴者の注目したポイントなどを中心にご紹介していきます。

また、ネットを利用してドラマを見られる方法のご案内もありますので、ぜひ最後まで読んでみて下さい。

『いだてん』第17話のあらすじ・ネタバレまとめ

今回は戦争でオリンピックが中止になったことで引きこもっていた四三をスヤが訪ねます。

そしてスヤに支えられた四三はオリンピックの代わりになる目標を探し始め・・・。

ここからはネタバレを含んでいますので、知りたくない方はご注意下さい。

引きこもる四三

欧州の戦況悪化により、ベルリンオリンピックは中止が決定します。

治五郎は四三を部屋に呼ぶと言いにくそうにその事を伝えました。

オリンピックだけを目標にして頑張り、金メダルがとれる自信を持っていた四三は突然の知らせにただ呆然とします。

そして下宿先に帰った四三はそのまま部屋から出てこなくなってしまいました。

心配した後輩の野口たちも様子を見に来ますが、四三はまったく返事をしません。

スヤは新聞でオリンピックが中止になったことを知り、急いて四三のもとに向かいます。

ちょうど下宿先の部屋から引きずり出された四三と清さんが揉めているところを見つけたスヤはとめに入りました。

それからスヤは四三に作ってきたいきなり団子を食べさせると、今後のことについて尋ねてみます。

しかし、まだ何も考えていない様子の四三にスヤはオリンピックが終わったと思って熊本に帰ろうと話すのでした。

四三はスヤの励ましに笑顔を見せるものの、始まっていないものは終われないと言ってスヤの胸で泣きます。

次の目標は50人の金栗四三を育てる

スヤは辛作に自転車を借りると、四三と2人で一緒に外を走ります。

そして、その晩スヤは四三の部屋に泊まることにしました。

四三は以前スヤに帰ってと言ったことを詫びて、これからはいつでも来たい時に来て居たいだけいていいと話します。

並んで眠りながら、マラソン界の発展を心配する四三にスヤは軽い気持ちで「金栗四三が50人いればいいのに」と発言しました。

その言葉に反応した四三は何かを閃き奇声をあげて起き上がります。

その翌日、東京高等師範学校の治五郎を訪ねた四三は教員になって次の世代のマラソン選手を育成する目標を掲げました。

そしてスヤとの話から思いついたマラソン走者が50人いたら東京から大阪までを走りつなぐことができるという案を治五郎に話します。

治五郎は孤独なマラソンという競技に結束が生まれると話し、四三の案に賛成してくれるのでした。

四三の目標に協力者が現れる!

オリンピックに代わる新たな目標を見つけた四三は、大正5年神奈川師範学校の教員になります。

そして地理を教えながらマラソン選手を育てるための練習法や足袋の改良などを手がけていきました。

治五郎と四三はシマが働く喫茶店で東京から大阪を走るマラソン大会の話をします。

その会話を隣の席で聞いていた読売新聞の記者が東京から京都ではダメかと話しかけてきました。

四三と治五郎の話を聞いていた記者はちょうど都が京都から東京に移って50年経つ節目になにかイベントをやりたいと考えていたと言います。

その話に興味を持った治五郎は早速詳しい話しを聞きに浅草まででかけていきました。

そこには天狗倶楽部に所属していた吉岡信敬が出迎えてくれます。

吉岡も話に加わって、マラソン大会は東海道五十三次をつなぐものにすることが決定しました。

その時、治五郎は窓から見える景色を見ていて、オリンピックができるほどの大きなスタジアムを作る新たな夢を思いつきます。

東海道五十三次駅伝

体協のメンバーが集められ、東海道をつなぐマラソン大会の名前を決めることにします。

そしていろいろ出たなかで四三は“駅伝”という名前がぴったりだと賛成しました。

治五郎たちもその名前を気に入り、名前が決まると新聞で駅伝の開催が大きく報じられます。

大正6年4月27日、日本初の東海道五十三次駅伝が開催されました。

午後2時に京都から出発した第一走者が次の走者にたすきを渡し、レースは順調に進んでいきます。

途中でけが人がでたことで2区間を走らなければならない選手も出ましたが、何とか乗り切ることができました。

そして最終走者はもちろん四三が務めることになります。

たすきを受け取った四三が走り始めると大勢の人が声援を送ってくれました。

大盛況に終わった東海道五十三次駅伝は語り継がれるレースとなります。

『いだてん』17話の見逃し動画を安全に見る方法

新たな目標を見つけた四三の笑顔が印象的だった「いだてん」第17話ですが、うっかり見逃してしまったという方はいませんか?

そんな方のためにここではインターネットを利用したドラマの視聴方法をご案内しています。

NHKオンデマンドで快適に視聴できる

大河ドラマ「いだてん」はNHKオンデマンドで視聴することが出来ます。
>> NHKオンデマンドの公式サイトを見てみる

NHKオンデマンドでは単品レンタルと2種類の見放題パックがありますので、ここで確認してみて下さい。

2つの見放題パック
  • 2週間以内の放送分を視聴したい方は「見逃し見放題パック」
  • 2週間超えた放送分を視聴したい方は「特選見放題パック」

どちらも月額972円(税込み)で契約できます。

NHKオンデマンドなら連続テレビ小説や過去の大河ドラマなどもまとめて視聴することができますので、NHK好きの方にはオススメのサービスですよ。

U-NEXT・ビデオマーケット・Gyaoでも視聴できる

NHKオンデマンド以外で「いだてん」を視聴するには

があります。

どのサイトでも視聴するには課金が必要になりますが、U-NEXTなら無料トライアルを利用して獲得する600ポイントを使えば最低でも2話は無料で見ることが可能です。

しかし、現在(2019.5.6)は権利上の問題でどのサイトでも4.5.6.7.8話が配信停止中ですので、詳しくはHPを確認してみて下さい。

『いだてん』第17話を観た感想

今回は絶望から大きな前進を果たした四三が描かれました。

そして今回のことを通して四三とスヤが本当の夫婦になれた回でもあったように感じます。

スヤに会いたい気持ちを殺して懸命に頑張ってきた日々が無になったのですから、あの四三の落ち込みようも仕方ないと思いますが、新たな目標を思いついた後の行動はさすがに早かったですね。

しかし、それでも熊本へ帰ろうとしないのは何故なのでしょうか。

治五郎や辛作がいる東京が良かったからかもしれませんが、熊本で教師をしながらでも駅伝の試みはできたような気がしました。

養子にもらった息子がこんなに帰ってこないと幾重の方も鬱憤がたまることでしょう。

今度はスヤが妊娠までしたので、さすがにずっと東京にいることもできないと思いますが、感覚がちょっと人と違う四三なのでまた驚く決断をするかもしれません。

いだてん第17話のネットでの反応や評価・評判

「いだてん」第17話を実際に視聴した方はどんな感想をもったのでしょうか。

ここでは視聴者の注目したポイントをまとめてTwitterから選抜してみました。

夫婦の絆に視聴者からの反響

明るく励まそうとするスヤと正直な気持ちを伝えて涙する四三の姿にもらい泣きした人が大勢いたことが分かります。

ようやく夫婦らしくなってきたような気がした回でしたね。

50人のクローン四三

ちょっとした四三の妄想シーンでしたが、面白かったので印象に残りましたね。

視聴者それぞれの注目ポイント

女子でもスポーツを真剣にやりたいと言うシマに共感した人が多かったようです。

理解者が四三と弥彦ぐらいしかいませんが、それでもシマには頑張ってほしいと思います。

いだてんの放送時間帯

ここでは「いだてん」の放送時間をご案内しています。

地上波と衛星放送と両方ありますので、視聴環境に合わせて確認してみて下さい。

地上波放送【NHK総合】
  • 毎週日曜 20:00~20:45
  • 毎週土曜 13:05~13:50(再)
BS放送【BSプレミアム】
  • 毎週日曜 18時-18時45分
NHK 【BS4K】
  • 毎週日曜 9:00~9:45
  • 毎週日曜 8:00~8:45(再)

再放送もありますが、それでも見逃してしまったという方は、ぜひネットで視聴する方法も確認してみて下さい。

まとめ

「いだてん」第17話はいかがでしたでしょうか。

今回はベルリンオリンピック中止が決まり、落ち込んだ四三をスヤが上京して元気づけます。

スヤのおかげで立ち直った四三は長い距離を走り繋いでいくマラソン大会を思いつきました。

そして教員をしながら後継者を育て始め、目標だった東海道五十三次駅伝を開催します。

四三の試みは大成功し、多くの人が応援に駆け付けマラソンを広めることに成功しました。

動画でドラマを視聴できる方法をもう一度確認したい方は下をクリックしてみて下さい。

「いだてん」の配信サービス一覧を見る