前回はまんぷくヌードルの売り上げが伸びないことで社員たちと対立した萬平でしたが、今回は新たな販売ルートを模索し始めます。

そして、深夜に働く人たちに注目してタクシー会社や病院などに売り込みを始めますが・・・。

本記事では2019年3月26日(火)放送の連続テレビ小説「まんぷく」第147話を詳しくご紹介しています。

また、最後まで読んでいただけると動画でドラマをお得に見る方法も分かるようになっていますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

『まんぷく』第147話のあらすじ・ネタバレまとめ

今回は萬平たちがまんぷくヌードルの売り上げをあげるために新たな購買層と販売ルートを開拓しようと考えます。

そして深夜に働く人たちに目をつけてタクシー会社や病院に売り込みを始めましたが・・・。

ここからは「まんぷく」第147話をネタバレ込みで解説していますので、まだ見ていない方はご注意下さい。

新たな販売ルート“特販”

萬平はまんぷくヌードルの値下げを求めた小売店やスーパーとの契約を切り、新たな販売ルートを確立するように岡に命令をしました。

そして岡は特別販売ルートとして、深夜に働く人たちに注目した購買層の開拓を提案します。

深夜にはあいている食堂がないことから萬平は納得して売り込みを行うように命令しました。

しかし、それを聞いていた世良は対して売り上げが見込めないと話し反対し始めます。

萬平は今は地道にまんぷくヌードルを知ってもらうために努力していくしかないと伝えました。

そして営業だけでは売り込みの人員が足りないことから神部達開発チームも特販ルートの開拓を手伝うことになります。

神部はこの決定に納得していない様子でしたが、会社の命令だからしかたないと開発チームと一緒に売り込みに行くことにしました。

納得いかない神部、萬平への不満を語る

帰宅した萬平は特販ルートについて福子に話します。

それを聞いた鈴も世良のように規模が小さすぎて商売にならないのではと心配しました。

萬平は地道にやっていくしかないと話しますが、鈴はそんなに長く自分は生きられないから見届けられないと言い始めます。

咲にあの世に誘われた夢を見てから自分の死期を悟り始めた鈴は繰り返し不吉な話しをするのでした。

タカは神部が深夜まで営業で働くことに不満を言います。

しかし、神部自身も萬平の決定に不満を持っている事を知りました。

それでもやれることはやると言って営業に出かけていく神部をタカは不安そうな表情で見送ります。

福子はどうやったらまんぷくヌードルが売れるのか自宅で考えていました。

そして、開発をしていた頃に歩きながらでも食べられるラーメンだから画期的と言っていたことを思い出します。

福子は萬平たちのためにと覚悟を決めて、まんぷくヌードルを食べながらご近所の主婦に話しかけますが、明らかに冷たい視線を向けられてしまいました。

恥ずかしくなってしまった福子はそのまま家に帰っていきます。

まんぷくヌードルを必要としてくれる人たち

新規開拓は順調にいっているように見えましたが、小売店やスーパーで取り扱わなくなったことから売り上げはさらに落ち込みます。

しかし萬平は物珍しさからではなく、本当に必要としてくれる人が買ってくれているのだからこの数字には意味があるのだと話しました。

それでも岡は現状では在庫がたまりすぎているため、製造ラインをとめるべきと萬平に伝えます。

特別販売ルートの開拓のために毎日夜まで働くようになった源を鈴は心配していました。

萬平は自分がもっと若かったら一緒に営業をするのにと話します。

そこに幸がアルバイトをして買った派手なピンクのコートを来て帰ってきました。

その姿に驚いた萬平は遊び呆けていると幸を責めケンカになりかけます。

その晩、萬平は幸の自由すぎる生活ぶりに不満をもらしていましたが、福子はあと1年で大学も卒業だからとなだめていました。

その時、営業に出かけていた源から萬平に電話がかかってきます。

源は売り込みに行ったタクシー会社でまんぷくヌードルが50ケースもまとめて売れたと嬉しそうに報告しました。

萬平は本当に必要な人が買ってくれたのだと喜び、源と一緒にいた神部もようやく萬平の考えを理解したと話します。

『まんぷく』147話の見逃し動画を安全に見る方法

ここでは連続テレビ小説「まんぷく」を見逃してしまったという方に、ネットを利用してドラマを視聴する方法をご案内しています。

最初に登録をすませれば見たい時に自由に視聴が可能ですので大変便利なサービスですよ。

NHKオンデマンドで視聴可能

NHKオンデマンドでは連続テレビ小説「まんぷく」はもちろんのこと、情報番組や大河ドラマまで視聴可能です。
>> NHKオンデマンドの公式サイトを見てみる

まず、NHKオンデマンドには単品で1話ずつ購入する方法以外に、2つの見放題パックがあることを知っておいて下さい。

2つの見放題パック
  • 放送から2週間以内のドラマを視聴したい方には「見逃し見放題パック」
  • 放送から2週間以内のドラマを視聴したい方には「見逃し見放題パック」

どちらも料金は税込みで972円になっています。

過去の連続テレビ小説も視聴したい方は特選見放題パックを、今日見逃した分を視聴したい方には単品購入がおすすめです。

U-NEXTでも視聴できる

U-NEXTでも連続テレビ小説「まんぷく」が視聴可能です。

初回登録の方なら600円分のポイントがついてくる無料トライアルが利用できます。

獲得したポイントを使ってNHKオンデマンドで「まんぷく」を視聴すれば大変お得に視聴することが可能です。

無料トライアル期間内に解約をすれば一切お金をかけずにサービスを楽しむことができますので、ぜひ検討してみて下さい。

>> U-NEXTの公式サイトを見てみる

『まんぷく』第147話を観た感想

今回は画期的な商品であることを知ってもらおうと福子が近所で食べ歩きを披露しますが失敗に終わります。

かなりドン引きした主婦たちと不自然な福子とのやり取りが面白いシーンでしたが、これを近所でやる福子の勇気にも驚かされました。

そして、この時福子に声をかけた若者の言葉からまんぷくヌードルの本当の購買層が見えたような気がします。

今回は地道に売っていく特販ルートに力を注いでいた萬平でしたが、爆発的に売れ始めるキッカケはいつになったら見つかるのでしょうか。

そして、画期的なカップ麺自販機はいつになったら出てくるのかも楽しみですね。

今はコンビニでお湯をもらえるので需要がなくなりましたが、お湯まで注いでくれる自販機は確かに画期的でした。

まんぷく第147話のネットでの反応や評価・評判

ここでは実際に「まんぷく」第147話を視聴になった方たちの感想をTwitterからまとめてみました。

面白すぎる福子の販売戦略

近所でこの販売戦略を実行するとはかなり勇気が必要だったことでしょう。

不自然すぎて面白いシーンでしたが、見ている方も少し恥ずかしくなりました。

岡命名“特販ルート”

萬平の無理やり気味な命令に対してしっかり仕事をする岡が印象的でした。

しかし自信たっぷりに特別販売ルートの略語まで発表したのはちょっとおかしかったですね。

視聴者それぞれの注目ポイント

忠犬でしかなかった神部が萬平に対して不満を言うシーンは印象的でした。

そして幸の若者的考え方や生活習慣は今後の萬平に突破口を与えそうな予感がします。

まんぷくの放送時間帯

連続テレビ小説「まんぷく」は1日に2回放送がされているので、朝を見逃したという方もお昼の再放送を確認して視聴することができます。

地上波放送【NHK総合】
  • 8:00~8:15
  • 12:45~13:00(再)
BS放送【BSプレミアム】
  • 月~土 7:30~7:45
  • 月~土 23:30~23:45(再)
  • 土曜 9:30~11:00(1週間分)
ダイジェスト放送「まんぷく一週間」(20分)
  • 日曜 11:00~11:20
5分で『まんぷく』
  • 日曜 5:45~5:50/17:55~18:00

週末に放送される20分でストーリーがつかめるダイジェスト版も忙しい方にはおすすめの視聴方法です。

まとめ

「まんぷく」第147話はいかがでしたでしょうか?

今回は萬平の命令で営業や開発チームが新しい販売ルートを模索し始めます。

売り上げは大きく落ち込むものの、萬平は本当に必要な人が購入してくれていることに手応えを感じていました。

福子は歩きながらでも食べられるまんぷくヌードルを宣伝しようと、近所で実演しますが恥をかいただけで終わってしまいます。

タクシー会社に売り込みに行った神部たちは一気に50箱を売ることに成功し、まんぷくヌードルの可能性を改めて感じることになりました。

もう一度ドラマを動画で視聴する方法を確認したい方は、下記をクリックすると戻れます。

「まんぷく」の配信サービス一覧を見る