コスメの中でも、コンシーラー選びは難しく感じる人も多いですよね。

「コンシーラーの選び方が難しい」
「時間が経てば必ずコンシーラーだけ浮いちゃう」

など、実際に悩んでいる方もいます。

そこで今回はコンシーラーのおすすめ商品について詳しく紹介していきます。

この記事を読むことで自分にぴったりの商品に出会えるので、ぜひ参考にしてください。

コンシーラー選びって難しい

コンシーラーは、一度使ってしまうと手放せなくコスメの1つです。

ですがコンシーラーはファンデーションやリップのように試供品が無いため、実際の使用感は購入しなければ分かりませんよね。

百貨店等であれば、ハイブランドのコスメショップで気になる商品を使って店員さんがメイクしてくれますが、そこでメイクをして貰うのって、恥ずかしくて出来ない方が多いのではないでしょうか。

しっかりカバーできるコンシーラーを求める

コンシーラーは気になるシミやそばかす、くすみや傷の跡、何かしらの肌トラブルを隠すために使用するアイテムです。

そのためコンシーラーは、しっかりカバー出来るものを探している方も多いでしょう。

しかしカバー力だけで探してしまうと、しっかり隠すためには、どうしても厚塗り感が出てしまいます。

出来れば薄く濡れて、しっかりカバー出来るものがいいですよね。

時間が経つと浮いてしまう

基本的にカバーのコンシーラーは、時間が経つとベタッとなってしまいます。

そのため部分的に浮いてしまい、朝だけはしっかりカバー出来ていても、午後からはコンシーラーの部分だけはっきり色が変わることも。

何度も何度も化粧直しをすると、さらに厚塗り感が出てしまい悪循環になります。

そのためコンシーラーを選ぶときには上記のような悩みを解決できる商品を選ぶように心がけましょう。

使い心地抜群のおすすめコンシーラー3選

ここからは以下3つの観点から、おすすめのコンシーラーを紹介していきましょう。

  • しっかりカバーできる
  • 長時間の使用にも耐えられる
  • 肌を綺麗にみせる

自分に合ったコンシーラーになかなか出会えない女性は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1. IPSA(イプサ)/クリエイティブコンシーラー EX

「自分でさえ、隠し場所を忘れるを」をコンセプトに開発されたIPSAのクリエイティブコンシーラー EX。

カバーするという感覚より、肌に溶け込むという考えのコンシーラーで、しっかり肌に密着し時間が経っても、自然さをキープできます。

そのためコンシーラーを塗っているように見えず、厚塗り感もゼロです。

またコンシーラーは肌色3色をブレンドすることができるので、自分に合った色を作ることができますよ。

コンシーラー特有の乾燥もないので、ヨレやひび割れも少ないおすすめです。

利用者の口コミ

なめらかなテクスチャでよれたり 浮いたりしないのが嬉しい


クリームファンデーションのような柔らかいテクスチャーです


ナチュラルなのにカバー力の高いマルチコンシーラー︎


2. NARS(ナーズ)/ラディアントクリーミーコンシーラー

ナチュラルなのにしっかりとしたカバー力を期待できるNARSのラディアントクリーミーコンシーラーです。

しっとりクリーミーなテクスチャーなので、肌馴染みがよく付け心地も抜群です。

気になる部分をカバーしながら、肌に立体感まで演出できます。

そのカラーバリエーションも豊富で、自分の肌にあったコンシーラー色を選べるのがオススメです。

シミには濃いめのコンシーラーを、赤みやクスミには明るめのコンシーラーで肌と馴染ませるなど、初心者から上級者の方までおすすめできる商品でしょう。

利用者の口コミ

腕に塗ってみるとちょっと濃そうに見えるけど、目のクマのところに塗るとうまく馴染みます


テクスチャーが固くもなく、緩くもなくちょうどいい感じでとても塗りやすいです


乾燥しにくいところもすごいと思う


3. イヴ・サンローラン・ボーテ/コンシーラー ラディアントタッチ

気になる肌の凹凸も自然にカバーできるイヴ・サンローラン・ボーテのコンシーラー ラディアント タッチ。

クマやくすみ、色むらやシワ、全ての肌悩みにこれ1本で十分すぎるほど、しっかりカバー出来るコンシーラーです。

また目の下からこめかみに向けて1本線を引くと、驚きのリフトアップ効果も生まれる優れものです。

ハイライターといえど、自然な仕上がりでナチュラルメイクにもオススメですよ。

「やっぱりコンシーラーだけでは、限度がある…」と諦めていた方も是利用してみてくださいね。

利用者の口コミ


筆タイプでサッと馴染んで自然な仕上がりになる


赤みやくすみを飛ばし、 パッと明るいお肌へ導いてくれる


ヨレやテカリ、時間の経ったくすみも 重ねると消しゴムのように消してくれ、 お化粧直しにももってこい


まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、カバー力のある付け心地抜群のコンシーラーについて紹介しました。

最後にもう一度記事の要点をおさらいすると、

  • カバー力のあるものを選ぶ
  • 厚塗り感のない自然カバー力を意識する
  • 長時間付けてもべた付きがないものがおすすめ

「しっかりカバーするのは限度がある」と感じている人は、ぜひご紹介したコンシーラーを試して、自分にあったアイテムを見てけてくださいね。