髪の悩みを抱えている男性にとって便利なアイテムがへアアイロンです。

ですが、様々な商品があり、商品選びに悩んでいる方もいるでしょう。

「メンズヘアアイロンの選び方を知りたい」
「人気の商品はどれ?」

といった悩みを抱えている方のために、メンズへアアイロンを選びのポイントや基本の使い方、おすすめランキングなどについてご紹介します。

この記事を読むことによって自分にぴったりのへアアイロンを見つけられるようになるので、参考にしてみてくださいね。

男性がへアアイロンでできること

へアアイロンといえば、女性が使うものといったイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

男性のへアアイロン所持率はまだまだ高いとはいえません。

ですが、おしゃれ男子の所持率は非常に高いといえるでしょう。

へアアイロンは髪の毛をまっすぐに伸ばすものと考えている方が多いですが、男性のヘアスタイルを作る際に大活躍してくれます。

例えば次の3つはすべてへアアイロンでできるのです。

  • ハネさせる
  • ボリュームを抑える
  • ふんわりとしたボリュームを作る

ワックスやブラシだけでこれらのことをやろうとすると大変ですよね。

へアアイロンを活用することにより思い通りのヘアスタイルが作れるだけでなく、それを長時間キープすることが可能です。

おすすめメンズ向けへアアイロンランキングBEST5!

へアアイロン選びに悩んでいる方のために、次の3つの観点からおすすめのヘアアイロンをピックアップしました。

  • 使いやすい
  • 10,000円以下で購入できる
  • 温度調整機能が優れている

5つご紹介するので、気になるものを探してみてくださいね。

1.Areti(アレティ) ストレートカール ヘアアイロン i628BK/5,480円(税込)

ストレートヘアだけでなく、15mmプレートで細かいカールも作れる2WAYモデルのヘアアイロンです。

ほんの30秒で170℃に到達するだけでなく、200℃まで設定ができるので忙しい朝もすぐに使い始めることができます。

温度設定が非常に細かくできるのも特徴で、80℃~200℃まで5℃ずつ調整することが可能です。

高密度マイナスイオンのチタニウムコーティングでサラサラ髪を目指せます。

ストレートもカールも1本で済ませたい人に最適ですね。

2.アデツヤ「ヘアーアイロン」/3,080円(税込)

小さなタイプのヘッドを採用し、細かい部分もセットしやすいへアアイロンです。

コードが265cmと長めなので、コンセントから鏡が遠い人でも安心。

最高で230度まで温度調整できるのがポイントで、これにより、一般的なへアアイロンに多い200℃ではうまくヘアスタイルが決まらない剛毛タイプの方でもセットしやすくなります。

癖の強い髪の毛に悩んでいる方におすすめです。

3.SALONIA「ストレートヒートブラシ」/4,298円(税込)

できるだけ簡単にストレートなヘアスタイルにしたいという方から選ばれている商品で、ブラシでとかすだけでナチュラルなストレートヘアになります。

外にハネたスタイルを作る際にも、最初にストレートにしたほうがやりやすい方も多いです。

挟んで使うタイプのストレートヘアーアイロンが苦手な方にもぴったりでしょう。

4.SALONIA「ストレートアイロン」/3,218円(税込)

これまでにシリーズ累計3,000,000本以上も売れている人気のへアアイロンです。

最高温度は230℃となっていて、最短約30秒で最低設定温度120℃に到達するので、すぐに使えるのが魅力ですね。

30分後に自動で電源が切れる設定になっているので、万が一電源を入れっ放しにして出かけてしまった時でも安心です。

錆びにくく、清潔さを保つ抗菌仕様となっているので、長く使い続けられるへアアイロンを購入したいという方にもうってつけでしょう。

5.SALONMOON「ストレート ヘアアイロン」/9,980円(税込)

120℃~230℃まで設定が可能となっていて、ダブルイオンの効果でキューティクルを整えて美しい髪が作れます。

360度コードが回転するので、絡まったりするストレスもありません。

電源をつけてから30分後に自動で電源が切れる仕様となっています。

耐熱性のシリコンケースがついてくるので、家で使った後、そのまますぐに持ち歩きたいという方にも向いているでしょう。

へアアイロンを使う前におさえておきたい5つのポイント

気になるへアアイロンを購入したら、早速使ってみましょう。

ですが、使い方を間違えると髪の毛を傷めてしまったり、ケガをする可能性もあるので気をつけておかなければなりません。

次の5つのポイントをおさえた上で使い始めてみてくださいね。

濡れた髪の毛に使わない

シャンプーをしてタオルドライをした後、ドライヤーであまり乾かさない状態でへアアイロンを使っている人もいます。

濡れたままの状態でセットした方が何となくうまく決まるように感じているようですが、やめておきましょう。

濡れた状態から突然熱された髪の毛はとても傷みやすいので注意しなければなりません。

ただ、商品によっては濡れた髪の毛に使えるものもあるので、そういったものなら髪が傷む心配も少ないです。

挟む髪の毛の量は少量

うまくセットが決まらない人の多くが、大量の髪の毛を一度にセットしようとしています。

そうではなく、少量の髪の毛をとってアイロンをかけるといったポイント使いすることで細かい表現をしやすくなるのです。

長時間同じ場所に当てない

なかなか思い通りにならないからといって長時間へアアイロンを当て続けないようにしましょう。

髪の主成分はタンパク質です。

タンパク質は熱に弱い特徴を持っているので、焼け焦げてしまうことがあります。

下手をすると髪の毛がちりちりになって戻らなくなることもあるので注意が必要です。

長時間当てないと思い通りにならない場合はムースやスプレー、ワックスなども組み合わせて使うと良いでしょう。

火傷に注意

特にへアアイロンを使い始めてまだ間もない人は、誤って鉄板部分が皮膚や指に触れてしまい、火傷をしてしまうことがあります。

また、慣れて適当に使った時にも火傷をしやすいので気をつけましょう。

万が一肌に触れてしまった場合はすぐに氷水に浸したタオルなどでしっかり冷やすことが大切です。

鏡を見ずに使ったりすると火傷しやすくなるので注意しましょう。

ポイントによって使い分ける

へアアイロンも購入したとしても、うまく使いこなせずに悩んでしまう方も多いようです。

簡単でオシャレに見える使い方と言われているのが、前髪ともみあげをへアアイロンでふんわり内側に向けたストレートにし、トップなどはワックスを使って無造作に散らすスタイルなので、試してみてくださいね。

慣れてきたら低温のへアアイロンでトップに動きを持たせるのがおすすめです。

また、襟足部分も軽くへアアイロンで外ハネを作ると全体の印象がまとまりやすくなります。

動画配信サイトなどでもへアアイロンの使い方が多数紹介されているので、そういったものを参考にしてみるのも良いですね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

メンズヘアアイロンを探している方のためにおすすめの商品や、使用する前の注意点などについてご紹介しました。

記事の内容をおさらいすると、ポイントは次の3つです。

  • 男性のヘアセットにもへアアイロンがおすすめ
  • 商品によって使いやすさや設定できる温度が異なる
  • 正しい使用方法で安全に使うことが大切

「髪の毛の悩みを解決するためにもへアアイロンも使ってみたい」と考えている男性が、この記事の内容を参考にして自分に最適な商品探しをしてみてくださいね。