ニキビのやっかいなポイントは、悪化すると跡になって残るということです。

しかもその跡がなかなか消えず、肌が汚く見えてしまうことがあります。

男性はニキビができやすい肌質なので、頑固なニキビ跡が残ってしまうことも多いです。

「ニキビは治ったけど跡が残ってしまった」
「ニキビ跡をきれいに治す方法について知りたい」

そう考えている方のためにニキビ跡改善のために効果的なメンズコスメや、ニキビが跡になるのを防ぐためのポイントなどについてご紹介します。

この記事を読むことによってニキビを抑える方法や、ニキビ跡改善に取り入れたいスキンケアアイテムが分かるので参考にしてみてくださいね。

ニキビ跡に悩む男性におすすめ!スキンケアアイテム7選

できてしまったニキビ跡は放置していてもなかなか治りません。

そこで、少しでも治りを早めるために効果的な美容アイテムを取り入れてみましょう。

ポイントは、肌の状態を整えていくということです。

乾燥していたり、オイリー肌の状態だとニキビ跡も治りにくくなるので、スキンケアアイテムを取り入れて肌状態を整えましょう。

人気のアイテムについて7つみていきます。

ピカイチ「リプロスキン」

100ml/5,600円(税抜)

男性だけでなく女性からも人気の高い商品で、大きな特徴ともいえるのがニキビ跡に悩んでいる方のために開発された商品だということ。

これまでに販売6万本突破の実績もあり、満足度は96.1%と非常に高いです。

様々なメディアでも取り上げられているだけでなく、柔軟性のある肌を作ることにより健康的な肌を目指します。

抜群の浸透力が魅力です。

ビーグレン「QuSomeローション」

120ml/5,400円(税込)

ニキビに悩んでいる方向けの商品を多数開発しているのビーグレンが販売している商品です。

高機能化粧水となっていて、肌のヨレや透明感、毛穴、乾燥、ハリなどに働きかけてくれます。

4つの美容成分が配合されていて、肌のバランスを取るのにも役立ってくれるでしょう。

美容液やクリームといったものを使う場合には、それらの効果を高める働きを持っています。

NOV「ACアクティブフェイスローション」

135ml/3,240円(税込)

シリーズ累計で100万個をタップする販売実績を持っています。

ニキビを予防・改善するためには肌の古い角質を取り除くことが大切なのですが、こちらの商品には角質を洗い流しのに効果的なピーリング成分が含まれているのが魅力。

特20代、30代で大人ニキビに悩んでいる方から選ばれている商品で、ツルツルの肌を作るのに役立ってくれます。

総健美舎「薬用アクレケア」

30ml/8,000円(税込)

合成香料や着色料、鉱物油、シリコンなどは無添加です。

肌に優しい成分で作られていて、デコボコしているニキビ肌用の美容液となります。

リピート率は驚きの99.5%とのことなので、多くの方から選ばれていることがわかります。

肌をなめらかにする月下香や、透明肌を作るカムカム、卵肌作りに役立つ卵殻膜などを含んだ商品です。

レオナビューティー「スクリーノ」

55g/8,290円(税抜)

モンドセレクション金賞を受賞した実績もあるニキビケアジェルです。

ニキビができるとすぐに悪化しがちな方にも向いている商品だといえるでしょう。

ニキビ跡を改善するのに効果的なビタミンC誘導体も含まれていて、満足度も高い商品です。

美肌作りに役立ててみてはどうでしょうか。

シーボディー「VCシリーズ」

150ml/8,640円(税込)

高濃度のビタミンC誘導体を含んでいます。

効率よくニキビに働きかけてくれるでしょう。

ニキビ跡の改善だけでなく、ニキビの予防効果も期待できます。

また、肌の再生を促すコラーゲンを再生するのにもビタミンCは欠かせないので、弾力のある肌を作るためにも取り入れてみてはどうでしょうか。

あいび「ベルブラン」

30ml/7,280円(税別)

なかなか隠しきれないニキビ跡に悩んでいる方から選ばれている商品で、リピート率は90.6%を誇ります。

無添加なので、肌に優しいものを選択したいと考えている方にもおすすめ。

モンドセレクションでは4年連続金賞を受賞する実績も持っています。

肌のバリア機能を助ける成分のほか、ヒアルロン酸やコラーゲンなどを、保水・保湿効果のある成分もたくさん含まれています。

ニキビ肌になってしまう原因と対策は?

男性がニキビ肌になる大きな原因は、皮脂の分泌量が多いことにあります。

男性は女性に比べると肌の油分である皮脂量が多く、それが原因で肌のバランスが乱れたり、汚れが付きやすくなってしまうのです。

ここではニキビ跡を作らないために効果的なポイントを5つご紹介します。

ニキビを作らない

ニキビ跡というのは、その名の通りニキビがあった場所にできる跡です。

しかし、すべてのニキビがニキビ跡になるわけではありません。

ポイントは、どこまで悪化したのか?ということ。

初期の段階で治せればニキビ跡になることはほとんどないのですが、ニキビが膿を持って化膿したり、炎症が大きくなってから治ると周囲の組織が傷つき、ニキビ自体が治っても跡になって残ってしまうことがあります。

そのため、まずはニキビを作らないことが重要になってくるのです。

洗顔方法を見直す

日常的にニキビができている方の多くは、洗顔方法を見直してみましょう。

例えば、肌がベタついていることが原因と考えて、とにかく念入りに洗顔をしている方も多いのではないでしょうか。

洗浄力が強い洗顔料を使い、ベタつきを防ぐために化粧水なども避けている方も多いようです。

しかし、洗顔で皮脂を落とし過ぎると体が乾燥から肌を守るためにさらなる皮脂を分泌しようとします。

そのため、しっかり洗顔するのは良いのですが、その後は化粧水なのできちんとケアをし、肌に潤いを与えることが重要です。

生活習慣の見直し

スキンケアにいくら力を入れていても生活習慣が乱れていては美肌には繋がりません。

例えば、寝る時間が遅かったり睡眠時間が足りていないということはないでしょうか。

日中の疲れは寝ている間に癒されるので、睡眠時間が不足していると肌の疲れを癒やし切ることができず、ニキビの原因にも繋がってしまいます。

特に次の5つはニキビができる大きな原因です。

該当するものがあれば取り除いていきましょう。

  • 睡眠不足
  • ストレス
  • 過労
  • 不規則な生活習慣
  • 肌の乾燥

食生活の見直し

美しい肌を作るためにはたくさんの栄養素が必要です。

中でも美容のための栄養素といわれているのがビタミン類なので、しっかり取り入れられるようにしてみてくださいね。

適当なコンビニのお弁当だけで済ませてしまったりすると、どうしても栄養素の偏りが起きやすくなります。

野菜や果物類も取り入れるように心がけましょう。

あまり気にしすぎない

ニキビができると気になって触ってしまう方も多いです。

ですが、手にはたくさんの雑菌がついていて、その手でニキビを触ると悪化してしまうことがあるのです。

気になったとしても触らないようにしましょう。

また、髪が触れたりすると髪についている汚れがニキビに移ってしまうので、極力髪も触れないように注意が必要です。

まとめ

いかがでしたか?

ニキビ跡に悩んでいる男性にチェックして欲しい入りスキンケアアイテムとニキビ対策などについてご紹介しました。

記事の内容のうち、特におさえておきたいのが次の3つです。

  • 肌状態を整えることが大事なのでスキンケアアイテムを使おう
  • 悪化する前に治療すればニキビ跡になる可能性は低い
  • 生活習慣を整えることがニキビの予防に繋がる

「ニキビ跡を治すのに効果的な商品や対策を知りたい」と考えている方は、この記事を参考にニキビ跡改善を目指してみてくださいね。