男性も女性も、スキンケアアイテムの基本は化粧水です。

ですが、メンズ化粧水はいろいろ出ているけれど、どれが自分に向いているのかわからないという方も多いでしょう。

「自分に合っているのはどのメンズ化粧水?」
「人気のある商品が知りたい」

そういった方のために、メンズ化粧水の選び方や多くの方から評価されているメンズ化粧水の情報などについて紹介します。

この記事を読むことによってメンズ化粧水の製品ごとの特徴や、おすすめの化粧水がわかるので参考にしてみてくださいね。

男に化粧水は必要ない?男性こそ使ってほしい理由がある

水を浴びる男性

男性の中には、「男が化粧水を使う必要ある?」と疑問に感じる人もいるでしょう。

しかし男性だからこそ、化粧水を使ってほしい理由があります。

その理由を理解するために、まず男性の肌は下記3つの特徴を持っています。

  • 肌の水分量が少ない
  • 水分が少ないので乾燥を防ぐための皮脂が多い
  • 髭剃りなどのダメージに晒されている

上記の特徴を持った男性の肌は、ニキビなどの肌荒れを起こしやすいです。

こうした肌トラブルを改善には、第一に肌に潤いを与えること。

そこで登場するのが、「化粧水」なんです。

化粧水で肌を保湿することで、男性特有の肌質を整えることができるため、肌荒れ・ニキビ・べた付きなども改善することができしょう。

【注目】特におすすめなのはオールインワンタイプ!

ここまで保湿をするときは、化粧水大切だと説明しました。

しかし化粧水で吸収した保湿成分を逃さないためには、「乳液・クリーム」といったステップも重要なポイントと言えます。

そこで注目してほしいのが、オールインワンタイプ。

このオールインワンとは、

  • 化粧水
  • 乳液
  • クリーム

など、3つの要素はすべて一つになったスキンケア用品になります。

スキンケアに馴染みのない男性にとって、女性のようにいくつもの液体を顔を塗るという工程は、少し面倒に感じてしまいますよね。

オールインワンタイプなら1つで3つの役割を果たすので、手軽に利用できます。

スキンケアは継続することが何よりも大切なので、その手軽さ・使いやすさもポイントです。

化粧水の使い方間違ってない?正しい使い方をチェックしよう

肌を触る男性

はじめて化粧水に挑戦する男性の中には、どうやって使うのかよく分からない人も多いでしょう。

そこで間違った使い方をすると、思うように効果を発揮できません。

ここでは男性の化粧で「正しい方法・間違った方法」について、下記の表で簡単に確認してみましょう。

正しい方法 間違った方法
  • 洗顔する
  • 顔の中心から外側に向けて塗る
  • 手のひらで両頬を覆い浸透させる
  • 力を込めて塗り込む
  • 顔をこする
  • 叩いて浸透させる

このように化粧水を使用するときは、「優しく・丁寧に」を意識すること。

顔の皮膚は、薄くデリケートなので、刺激を与えないように心がけることが大切です。

「擦る・叩く」といった方法は肌に刺激を与えてしまい、化粧水の効果を失ってしまうので注意しましょう。

また量が多ければ多いほど、浸透力がアップするわけでもありません。

2~3適を手にとって優しく塗りこみ、足りないと感じ時のみ、追加するようにしてみてください。

メンズ化粧水の選び方を3つのタイプごとに徹底解説!

一口にメンズ化粧水といっても、その種類はさまざま。

また男性によっても、オイリー肌・乾燥肌・混合肌など、タイプが分かれるでしょう。

そこで自分に合った化粧水を選ぶために、3つのタイプに分けてベストな選び方を見ていきます。

オイリー肌は皮脂をおさえて保湿する「さっぱりタイプ」

みずみずしい化粧水

皮脂が多く、一日中顔がべたべたしてしまう人は、オイリー肌にカウントされます。

そんなオイリー肌の男性は、サラサラしたテクスチャーの「さっぱりタイプ」を選んでみましょう。

そして脂性の分泌を改善するためには

  • C導入体
  • セラミド
  • ヒアルロン酸

など、皮脂の分泌を抑える成分と保湿成分が配合されているものを選びましょう。

一見、オイリー肌なのに保湿が必要なの?と感じる人いると思います。

しかし冒頭で説明のように、皮脂が増えるということは肌本来の水分量が不足していること。

これ以上皮脂を増やさないためには、保湿で水分を与えることが大切です。

乾燥肌は敏感肌にも対応できる「とろみタイプ」

とろみのある化粧水

洗顔後に肌がつっぱる、冬なると粉を吹いてしまう、といった肌質の男性は乾燥肌になります。

乾燥肌の男性は、「とろみタイプ」を選びましょう。

そして保湿力を高めるために注目したい成分としては、以下のものがあげられます。

  • ヒアルロン酸
  • セラミド
  • コラーゲン

上記のように高保湿成分が配合されているものを選ぶことで、気になる乾燥も改善させるでしょう。

また乾燥肌は、ちょっとした刺激で荒れてしまうことも。

「アルコール・レチノール・ハイドロキン」など、強い成分が含まれる化粧水は、なるべく避けましょう。

そして乾燥肌の人は、化粧水を使用した後に必ず乳液でフタすることが大切です。

化粧水のみで保湿に頼るのは難しいため、オールインワンタイプや乳液なども合わせて検討してみてください。

混合肌は保湿力を意識した「しっとりタイプ」

化粧水

おでこ・鼻・アゴなど、いわゆるTゾーンの皮脂が気になる人は混合肌と呼ばれます。

混合肌の男性は「さっぱりタイプ」ではなく、保湿に力を入れた「しっとりタイプ」の化粧水を選んでください。

混合肌の場合、皮脂が気になる原因は乾燥によるものなので、

  • ヒアルロン酸
  • セラミド
  • コラーゲン

など、乾燥肌同じような成分が含まれている化粧水をチョイスしてみてください。

さっぱりタイプの化粧水を選んでしまうと、エタノールなどの成分を多く含んでいるので、かえって乾燥を悪化させてしまう恐れも。

すると皮脂が増える原因になってしまうので、しっかり水分を与えてあげましょう。

男性からの評価が高い!メンズ化粧水のおすすめ16選

ここからは、以下3つの観点からおすすめのメンズ化粧水を紹介します。

  • 男性特有の肌トラブルを改善できる
  • 肌のハリ・ツヤがUPする
  • それぞれの肌質に合わせられる

オールインワンタイプも合わせて紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

1. 【オールインワン】アクアモイス「オールインワン美容液」

アクアモイス

価格 5,184円(税抜)
容量 150ml
肌質 混合肌

大人の男性向けに開発されたアクアモイスの「オールインワン美容液」。

たった1つで、化粧水・乳液・美容液・クリームの4役をこなす、優れたオールインワンタイプの美容液になります。

しっかりと保湿を維持しながら、べた付きのない使い心地が魅力です。

スキンケアに力を入れたいけど「化粧水・乳液などライン使いは面倒」と感じる男性に、ぴったりの商品でしょう。

2. 【オールインワン】ZIGEN「オールインワンジェル」

ZIGEN

価格 ▼単品価格
 3,990円
▼フェイスウォッシュセット
 5,660円
容量 100g
肌質 乾燥肌
※表示価格はすべて税込

贅沢配合の成分で、みずみずしい肌を演出できるZIGENの「オールインワンジェル」。

5種類のヒト型セラミド導入により、肌の保湿力をしっかりキープできます。

ジェルタイプのテクスチャーですが、気になるベタ付きもなく、みずみずしい仕上がりの肌になれるでしょう。

アルコールフリーなので、刺激の少ない商品を求めている男性にもおすすめです。

3. 【オールインワン】母の適「シルバーエッセンス」

母の適

価格 2,700円(税抜)
容量 100ml
肌質 オイリー肌

スーパープラセンタを配合した保湿力を持つ母の適の「シルバーエッセンス」。

その他にも、銀の力を借りた抗菌・防臭作用のあるシルバーナノコロイドを配合しています。

低刺激でありながら、気になる皮脂をしっかり抑制して、スッキリとした仕上がりになるのが特徴です。

肌のベタ付きが気になる男性は、ぜひシルバーエッセンスを利用してみましょう。

4. 【オールインワン】MONOVO「オールインワンジェル」

MONOVO

価格 ▼通常価格
 3,200円
▼定期コース特別価格
 2,900円
容量 100ml
肌質
  • オイリー肌
  • 混合肌
※表示価格はすべて税抜

次世代のメンズコスメとして注目を浴びるMONOVO「オールインワンジェル」。

こちらは、保湿・浸透・肌トラブル改善などに効果的な23種類の成分をたっぷり配合したオールインンジェルになっています。

メンソールを配合のさっぱりとした使用感なので、気になる皮脂へしっかりアプローチできるでしょう。

面倒なスキンケアが続けられないという方にもぴったりの商品となっています。

5. 【オールインワン】GALLEIDO「プレミアム・オールインワン」

ガレイド

価格 ▼通常価格
 5,000円
▼定期コース 初回限定
 2,480円(50%off)
容量 100ml
肌質 オイリー肌
※表示価格はすべて税抜

大人の年齢肌に悩まされる男性に向けて作られたガレイドの「プレミアム・オールインワン」。

紫外線・皮脂・髭剃りなど、生活の中に潜むダメージに晒された肌をしっかりと労わるオールインワン化粧水です。

また女性を惹きつけるオスフェロモン配合で、男性としての印象アップにも効果的でしょう。

顔だけでなく全身に使用できるので、ワンランク上の男を演出したい方におすすめのオールインワン商品です。

6.  【オールインワン】オルビス「メンズスキンケアMr.シリーズ」

オルビスMr.シリーズ

価格 1,728円(税込)
容量 150ml
肌質 オイリー肌

数あるスキンケア商品を開発するオルビスの「メンズスキンケアMr.シリーズ」。

こちらは、ベタ付きやすのに内側は乾燥している男性の肌を考えたオールインワン化粧水になります。

べた付きの他にも、髭剃り後のスキンケアにも効果的な商品です。

無着色・無香料・メントール不使用など、弱酸性の肌に優しい成分なので、はじめてのスキンケアに不安を感じる男性でも気軽に試せるでしょう。

7.  【オイリー肌】クリニーク「オイルコントロール エクスフォリエーティング トニック」

[wpap service=”with” type=”image-text-v” id=”B00C65P5PC” title=”CLINIQUE FOR MEN オイル コントロール エクスフォリエーティング トニック 200ml”]
 

価格 3,672円(税込)
容量 200ml
肌質
  • オイリー肌
  • 混合肌

角質ケアにも効果的なクリニークの「オイルコントロール エクスフォリエーティング トニック」。

皮脂が気になる、おでこ・鼻・あごのTゾーンもすっきりと清潔に仕上げられます。

また角質ケアを行うことで、肌をなめらかな状態に整えて、清潔な素肌へと導いてくれるでしょう。

毛穴の汚れが気になる男性にもおすすめの商品です。

8.  【オイリー肌】無印良品「クリアケア化粧水」

[wpap service=”with” type=”image-text-v” id=”B07CJV5G4Z” title=”無印良品 クリアケア化粧水(大容量) 400ml”]
 

価格 2,590円(税込)
容量 400ml
肌質 オイリー肌

岩手県産の天然水が使用された無印良品の「クリアケア化粧水」。

フルーツ酸やヒアルロン酸をたっぷり配合しているため、毛穴の黒ずみを除去しながら、キメの細かい肌に整えることができるでしょう。

とろみのある高保湿タイプテクスチャーですが、使い心地はサッパリとしています。

毛穴の黒ずみ・ニキビの改善にも効果的なので、肌の調子を整えたい方にぴったりの化粧水です。

9.  【オイリー肌】ナチュリエ「ハトムギ化粧水」

[wpap service=”with” type=”image-text-v” id=”B000FQP2YS” title=”ナチュリエ スキンコンディショナー 500ml”]
 

価格 650円(税込)
容量 500ml
肌質
  • オイリー肌
  • 混合肌

コスパ抜群のスキンケアとして女性からも人気の高いナチュリエの「ハトムギ化粧水」。

添加物など、余計なものを一切配合していないので、どんな方でも幅広く試せる化粧水として注目されています。

さらっとした使用感なので、皮脂が目立つ男性の肌もスッキリと仕上がりになるでしょう。

はじめて化粧水に挑戦する男性でも、抵抗なくスタートできる商品となっています。

10.  【乾燥肌】バルクオム「THE TONER(化粧水)」

バルクオム

価格 ▼単品価格
 3,000円
▼洗顔料とセット価格
 500円(91%OFF)
容量 200ml
肌質 乾燥肌

窪塚洋介さんがブランドアドバイザーを務めるバルクオムの「THE TONER(化粧水)」。

こちらは根本的な肌トラブルに着目して、7種類の天然成分を配合したベーシックスキンケアとなります。

紫外線や乾燥などのダメージから肌を守りながら、低下したバリア機能を回復。

今なら洗顔料セットで500円からはじめられるので、敏感肌の男性はぜひ試してみましょう。

11.  【乾燥肌】アベンヌ「アベンヌウォーター」

[wpap service=”with” type=”image-text-v” id=”B00858729Q” title=”アベンヌウォーター 300ml”]
 

価格 2,190円(税込)
容量 300ml
肌質
  • オイリー肌
  • 乾燥肌
  • 混合肌

スプレータイプで手軽にスキンケアできるアベンヌの「アベンヌウォーター」。

大地のミネラルをたっぷり含んだアベンヌ温泉水100%使用しており、どんな肌質の方でも利用できる化粧水です。

また髭剃り後のダメージ肌にも、問題なく使用できるほど、優しい成分となっています。

化粧水を使う習慣がない人でも、毎日手軽に続けられるスキンケアでしょう。

12.  【乾燥肌】ニベアメン「アクティブエイジローション」

[wpap service=”with” type=”image-text-v” id=”B000RZA58A” title=”ニベアメン アクティブエイジローション 100ml”]
 

価格 1,404円 (税込)
容量 100ml
肌質 乾燥肌

乾燥や気になるシワ・シミにアプローチできるニベアメンの「アクティブローション」。

大人の男性のエイジングケアとして、保湿成分がたっぷり配合されたローションタイプの化粧水です。

コエンザイムQ10やヒアルロン酸など、肌のキメを整える効果も期待できます。

肌年齢が気になる男性は、ぜひ試してみてください。

14.  【混合肌】資生堂メン「ハイドレーティングローション」

[wpap service=”with” type=”image-text-v” id=”B009HB6QRE” title=”資生堂 メン ハイドレーティングローション 150ml”]
 

価格 3,240円(税込)
容量 150ml
肌質
  • 乾燥肌
  • 混合肌

ベタ付き・乾燥の両方を防いでくれる資生堂メンの「ハイドレーティングローション」。

男性特有の皮脂によるベタ付きを抑えながら、ニキビなどを予防して、肌のキメを整えてくれる商品です。

さっぱりとした使い心地のローションタイプなので、保湿と皮脂の予防に期待できます。

贅沢スキンケアを求める大人の男性は、ぜひ挑戦してみましょう。

15.  【混合肌】ビーグレン「QuSomeローション」

[wpap service=”with” type=”image-text-v” id=”B01N9RCQ8R” title=”b.glen (ビーグレン) QuSome ローション 120ml”]
 

価格 5,400円(税込)
容量 120ml
肌質 混合肌

年齢とともに硬くなった肌を解きほぐすビーグレンの「QuSomeローション」。

こちらの化粧水は17時間の持続保湿効果により、徹底したエイジングケアを望めます。

また乱れがちな肌構造を整えることで、ニキビ対策にも効果的です。

仕事に追われる大人の男性は、ぜひ年齢に応じたケアをはじめてみてください。

16.  【混合肌】キュレル「化粧水I (ややしっとり)」

[wpap service=”with” type=”image-text-v” id=”B001JF0MP8″ title=”キュレル 化粧水 I (ややしっとり) 150ml”]
 

価格 1,800円(税抜)
容量 150ml
肌質 混合肌

乾燥性敏感肌のことを考えて作られたキュレルの「化粧水I(ややしっとり)」。

ユーカリエキスの潤い成分を配合しているため、肌荒れやニキビの原因となる乾燥にアプローチできます。

有効成分には炎症をしずめる消炎剤が含まれているので、いまあるニキビにも効果的です。

皮脂やニキビが気になる方は、利用してみましょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、メンズ化粧水の特徴や人気の商品について紹介しました。

最後にもう一度記事の要点をおさらいすると、

  • 男性こそ化粧水を使うべき
  • オールインワンタイプは手軽で便利
  • 肌質に合わせて化粧水を選ぶ

など、上記3つがあげられます。

「自分に合ったメンズ化粧水を選びたい」と考えている方は、この記事を参考に気になる化粧水を試してみてくださいね。