前回のかなり気になる終わり方からの「ドロ刑第7話」。

気にならないわけがないのですが、

「仕事が忙しくて見られなかった」
「予約していたけど、ちゃんと録画出来ていなかった」

こんなお悩みはありませんか?

そんな方に向けて、この記事ではドロ刑第7話を無料で視聴する方法や見逃し視聴の方法、あらすじなどを紹介していきます。

この記事を読めば、気になるドロ刑第7話を今からでも楽しむことが出来ますよ。

『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第7話のあらすじ・ネタバレ

ここからはドロ刑第7話のあらすじを書いていきます。

ネタバレ要素を多く含んでいますので、これからドロ刑第7話を視聴する方は注意してください。

不穏な心中、新たな事件

煙烏が姿を消してから、班目は少し不安な気持ちを抱えていました。

煙烏が死んでしまうのではないか?というものです。

ある病院では手術が行われていましたが、患者の容体が急変し死亡してしまいます。

そんな状況で、外科部長の安斎は事もなげです。

13係では病院での窃盗事件が頻発している「関東医科大学付属病院」に潜入捜査をすることに。

潜入捜査のプロである宝塚をリーダーに、班目と小平でチームを組むことになりました。

病院などの施設での犯行の場合、内部犯の可能性も否定できないという理由から、潜入捜査に関しては外科部長の安斎と看護部長の鬼塚だけに知らせれました。

班目と小平は看護師として、宝塚は医師として潜入捜査が開始されます。

一方、皇子山は西田こと煙烏を追っています。

西田の部屋を捜査すれば、煙烏との何かしらの関係性が見えてくるはず。

捜査令状の申請をしますが、鯨岡はこれを許可しません。

結局、無許可で西田の部屋に忍び込んだ皇子山。

そこで目にしたものは末期がんや自殺に関連する本と薬でした。

班目、まさかの大手柄!?

病院への潜入捜査は、班目達だけでなく勝手田や左門も行っています。

が、勝手田は血を見たことで驚き頭部を打ち入院、左門も献血の結果から肝臓が悪いことが発覚し、こちらも入院する羽目に。

班目は患者との話の中から、安斎が医療ミスを隠ぺいしているという情報を入手します。

宝塚にこれに対しての対策も打診しますが、業務外だからと取り合ってもらえませんでした。

ドタバタの中で、班目は偶然窃盗の現場に居合わせ、これを逮捕することに。

逮捕したのは病院専門で窃盗を行う「カメレオンの卓」との異名を持つ米田卓三でした。

事件の解決によって病院を後にしようとする班目達を鬼塚が呼び止めます。

内容は安斎の医療ミスの隠ぺいを明らかにしたいというものでした。

正義を胸に

署で皇子山にこの事を話すと「間違いないだろう」という答え。

カメレオンの卓が盗んだパソコンの中に安斎に対する告発文があったからです。

記録魔である安斎は必ずどこかに改ざん前のデータを残しているはず。

しかし、安斎はこれらのデータは全て盗まれてしまった、それだけが事実だと言い張るため、立証のしようがありません。

立証するための手段として安斎本人の自白という形を考える班目達。

手術室の中には子飼いの人間しか入室させないことから安斎は口が軽くなる傾向があることを知り、これを使うことにします。

作戦決行。

したのは良いのですが、早速班目が、次いで鬼塚、宝塚もその存在と思惑がバレてしまい退出させられてしまいます。

勝ち誇ったように饒舌に話をする安斎。

ですが、その音声は全て録音されていました。

手術患者を装い再度入室していた班目の手によって。

今回の作戦は、班目達だけでなく鬼塚の説得に応じた病院の関係者の協力のもとに成功するのでした。

安斎は医療ミスとその隠ぺいで逮捕され、事件は一件落着しました。

垣間見える、それぞれの思い

後日、バーで話をする班目と皇子山。

皇子山によれば煙烏は死んでなどいない、それどころかある病院からデータを盗み出したとのこと。

煙烏が見ているデータには「皇子山真理」という名前が表記されていました。

そして、その病院での自殺の記事を見つめる鯨岡の心中は・・・。

『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第7話の見逃し動画を無料で見る方法

ここからはドロ刑第7話を無料で視聴する方法をご紹介していきます。

Dailymotion・Pandora・miomioでも閲覧可能?

どれも無料で視聴できるサイトの中で有名なものです。

以下の配信状況を参考に利用を検討してみてはいかがでしょうか?

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

無料で視聴できることは大きなメリットですが、予告なくドロ刑第7話の動画が無くなってしまうことなどもありますので、利用する際には注意してください。

『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第7話を配信している主要ビデオオンデマンド(VOD)一覧

公式サービスである主要なビデオオンデマンドでのドロ刑第7話の配信状況は、現在以下の様になっています。

VOD一覧 配信状況
Hulu
U-NEXT ×
ビデオマーケット ×
dTV ×
auビデオパス ×
FODプレミアム ×
Amazonプライムビデオ ×
TSUTAYA TV ×
WOWOW ×
Gyao ×

どれも安心してドロ刑第7話を視聴できるサービスですから、ご自身に合ったサービスを利用するようにしましょう。

『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第7話を観た感想

ここからはドロ刑第7話の私なりの感想を書いていきたいと思います。

あらすじ同様にネタバレの要素も多く含んでいますので、これから視聴する予定の方は注意してください。

煙烏が姿を消してしまい、これからどうなっていくのか気になったドロ刑第7話。

煙烏が班目と関わらないことは少々寂しい感じもしましたが、13係の面々との新しい、確かな信頼関係が構築されてきたようにも感じました。

ここに来て班目にも着実な刑事としての成長を見ることも出来ました。

調子に乗る部分は相変わらずですが。

別行動の煙烏、それに合わせて大きな動きも見え始め、いよいよ物語は核心、クライマックスへと向かっているようです。

ますます目が離せない展開で終わったドロ刑第7話でした。

ドロ刑 -警視庁捜査三課-第7話のネットでの反応や評価・評判

ここからはドロ刑第7話のネット上での反応をいくつか紹介していきます。

ネタバレ要素を含んでいるものがありますので、注意してください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ドロ刑第7話は煙烏が班目の前から姿を消し、新たなチームが発足した回でした。

ネット上でも、煙烏が消えて心配していたが、新たなチームが思いのほか面白かったと評判は上々のようです。

煙烏のこれからの動向と、皇子山や鯨岡との関係性など、クライマックスに向かっていくドロ刑第7話は、この記事で紹介している公式サービスを利用して視聴することをおすすめします。

ドロ刑第7話を見逃してしまい、どうやったら視聴できるかお困りの方、あらすじだけでも知りたいと言う方はこの記事を参考にしてください。

もう一度ドロ刑を見ることのできるVODをチェックしたい方は、こちらから戻ることが出来ます。

「ドロ刑」の配信サービス一覧を見る