教授選をリードするために必要なインパクトファクター。

その対象がスナイプから支援ロボットに移り変わって、ますますその戦いは苛烈に。

渡海と佐伯の関係にも大いに関わる人物も登場し、目の離せないブラックペアン第6話。

そんなブラックペアン第6話を無料で視聴する方法やあらすじを紹介させていただきます。

『ブラックペアン』第6話のあらすじ・ネタバレ

ここからはブラックペアン第6話のあらすじを書いていきます。

ネタバレを含んでいますので、これから視聴する方は注意してください。

その入院は運命か

佐伯は看護師長、藤原にペアンが写ったレントゲン写真のディスクを渡す。

「まだ、ブラックペアンの秘密は守られているようだな。・・・だがくれぐれも慎重に」

と付言して。

渡海のオペ中、渡海の母である渡海春江(倍賞美津子)が東城大を訪ねる。

そこに偶然居合わせた、花房と木下の2人と共にランチをすることに。

食事中、春江は2人に対して渡海の父もまた、東城大の外科医であったことを話した。

バッグの中から写真を取り出そうとした時、春江は突如として苦しみ始める。

東城大に緊急搬送された春江は事なきを得る。

別のオペを行っていた渡海が春江の病室に入ると、そこには佐伯の姿があった。

春江の身を案じ、「無事で良かった」と言う佐伯に対して、「出ていってもらって良いですか」と冷たくあしらう渡海。

病室の外で藤原と佐伯は昔を思い出す。

2人は春江の東城大への入院に対して浅からぬ因縁、運命めいたものを感じるのだった。

とあるパーティーにて、佐伯は厚労省の役人である富沢(福澤朗)におだてられ、日本版のダーウィンである「カエサル」の導入に応じた。

春江のオペは完璧でなく、腫瘍が残っていた。

これに対して渡海は医療過誤、見落としであるとして東城大に対して2千万円を請求する。

これに対して自分が再手術すると言う佐伯だったが、渡海はこれを拒否。

過去の事例から近親者のオペを禁止している東城大ではやりようがない。

渡海は春江の再手術を一旦保留せざるを得ないのだった。

佐伯の教授室で黒崎が声を荒げる。

「自分の父親があんなことをしたのに。逆恨みでしょうか?」

その言葉に対して、佐伯は飾られたブラックペアンを見つめるだけだった。

テクノロジーか、人か

高階に西崎から電話が入る。

カエサルの治験を早急に進めたい西崎と、じっくり進めたいと言う高階の間に思いの違いはあるが、西崎は怒号を飛ばし高階に後がないと脅すのだった。

高階は春江の手術にカエサルの使用を嘆願する。

春江に対する説明の中で、「凡人」というキーワードに反応する春江。

「凡人こそが良い医者になれる」

夫の言葉が脳裏をよぎった春江は、カエサル手術を承諾するのだった。

同じころ、近くの工事現場で事故が起こり、東城大には30名近くも緊急搬送され、外科医総出のオペが行われた。

その後、春江がカエサル手術を承諾したことを知り病室を訪れた渡海だったが、春江に軽くたしなめられてしまう。

高階に詰める渡海に対して、「私はテクノロジーで患者を救う」と言う。

そんなテクノロジーに命を預ける母をバカと言い、「なら失敗したら共々死ね」と吐き捨てる渡海だった。

翌朝、母の口癖を思い出しながら朝食を済ませた渡海。

春江の病室を訪れると、苦悶する春江の姿がそこにあった。

血流障害を起こしている春江のオペを早める必要がある。

しかし先日の事故の処置に大量の輸血を行ったため、輸血のストックはたったの600ccしかない、圧倒的に少ない状況だ。

小さな穴を開けるだけだから問題ない。

高階は自信あり気に言うのだった。

手術を始める高階。

結果的にカエサル手術は上手く行かず、輸血が必要な状態になってしまった。

近くの病院から血液が届くまでの時間は1時間半。

「1時間半・・・遅すぎる」

佐伯がつぶやく。

「私を拒否したのはお前だ、なら自分でやるしかあるまい。」
「当然、責任を取ってもらう必要はあるが、それでも良いなら行け。」

佐伯の言葉に、渡海は無言で席を立つのだった。

「どけ」

カエサルを外しオペを始める渡海だが、いかんせん血液が足りない。
さすがの渡海でもどうしようもないかと思われた時、高階が口を開く。

「自分の血液もRhマイナスのA型だ。いくらでも使ってくれ」

輸血と同時に進行される春江のオペ。

血液量が限界を迎えるかどうかの刹那、他病院からの輸血パックが届きオペは成功するのだった。

それぞれの思い

東城大に近親者のオペを禁じる規定があることを偶然知っていた春江は、自身が本当の窮地に陥った場合は息子にオペを頼む。
という嘆願書を書いていた。

このことにより、渡海は責任の追及を免れるのだった。

「東城大がオペし、帝華大が論文を書く。良い論文が書けそうです」

不敵な笑みと共に、西崎は池永に対して語った。

書類の整理を行っていた花房は、あるものを見つける。

その紙の束は「佐伯と渡海一郎」の共著となっている論文だった。

「あいつは俺の父親を裏切った」

佐伯の執刀を拒んだ理由を問う高階に対して、渡海は言った。

その顔には憎しみを浮かべながら。

『ブラックペアン』第6話の見逃し動画を無料で見る方法

ここからはブラックペアン第6話を無料で視聴する方法をご紹介いたします。

Dailymotion・Pandora・miomioでも閲覧可能?

以下の3つの動画配信サイトを利用すれば、ブラックペアン第6話を無料で視聴することが可能です。

現状の配信状況は以下の様になっています。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

どれも無料で利用できますが、公式の動画配信サービスではないので、安全性には少々注意を払う必要があります。

また、見たい時に必ずブラックペアン第6話が配信されているとも限りません。

『ブラックペアン』第6話を配信している主要ビデオオンデマンド(VOD)一覧

以下はブラックペアン第6話を公式に配信している主要なビデオオンデマンドの一覧です。

VOD一覧 配信状況
Hulu ×
U-NEXT ×
ビデオマーケット ×
dTV
auビデオパス ×
FODプレミアム
Amazonプライムビデオ ×
TSUTAYA TV
WOWOW ×

公式のものですから安心して利用できますし、突然予告も無しに配信が停止されることなどもありませんので、利用しやすいと思います。

『ブラックペアン』第6話を観た感想

ここからはブラックペアン第6話を視聴した感想を書いていきます。

多少のネタバレも含んでいますので、これからブラックペアン第6話を視聴しようと思っている方は注意してください。

ブラックペアン第6話は、渡海とその母を軸にして展開されました。

話の中で端々に感じたのは、渡海と母である春江の間にある「佐伯に対する心情の違い」です。

渡海は佐伯に対する憎しみを多く抱えているが、春江にはそれがない、むしろ応援しているような気概もある。

父の事が佐伯に対する感情を生んでいるのなら、当事者であるこの2人の間にこれだけの意識の齟齬があることは不思議と言わざるを得ないでしょう。

真意はどこにあるのでしょうか。

ブラックペアン第6話のネットでの反応や評価・評判

ここからはブラックペアン第6話のネット上での反応や評価・評判を少しご紹介させていただきます。

まとめ

春江の登場とその言動によって、佐伯と渡海の軋轢の発端がペアンの写ったレントゲン写真という具体的なモノで提示されながらも、一層分かりにくくなり、今後に興味を惹かれる展開を見せたブラックペアン第6話。

話の根幹部分と共に教授選の結末など、気になることが目白押しです。

この記事を参考に、ぜひブラックペアン第6話を視聴されてはいかがでしょうか?

ブラックペアンを視聴できる動画配信サイトを再度チェックしたい方は、以下から戻ることができますよ。

「ブラックペアン」の配信サービス一覧を見る