前回では、ついに死人が出てしまいました。

そしてすみれは真海が暖だと気付きつつあります。

今後の展開がますます気になる『モンテ・クリスト伯~華麗なる復讐~』第6話。

「第6話のストーリーが今すぐ知りたい!!」
「リアルで見たけど、もう一度見たい!!」

と思っている人もいるでしょう。

本記事では、あらすじ・ネタバレ&無料で動画を視聴する方法を紹介していきます。

実際に見た人の感想も紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

『モンテ・クリスト伯~華麗なる復讐~』第6話のあらすじ・ネタバレ

第6話では安堂が実の息子であるという真実を留美は知ることになります。

そして新たな死人も出てしまうようです。

それでは、気になる第6話のストーリーを見ていきましょう。

ネタバレ込みの時系列順に紹介していきます。

『追い詰められる幸男』

香港のダブロイド紙にショーン・リー(ジョー ナカムラ)一家失踪事件がヴァンパにより殺害されたという記事がでました。

これでヴァンパは必ず動き出すとモンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)は読んでいたのです。

江田愛梨(桜井ユキ)はすみれ(山本美月)にも手を出すがいいのか、と真海に確認しますが、真海は表情1つ変えずに何も答えません。

神楽清(新井浩文)の秘書である牛山直紀(久保田悠来)が香港の新聞記事のことと、南条幸男(大倉忠義)がマフィアのヴァンパと繋がりがあったことを報告します。

幸男がリーの付き人をしていたことから、必ず何か関係していると読んだ神楽は、引き続き幸男の過去を調べるよう、牛山に命じます。

幸男はバーで1人で呑みながら、過去のことを思い起こします。

ヴァンパに多額の借金をしていた幸男は、リー一家の留守中にヴァンパを招き入れ、宝飾品などを盗んで借金をチャラにしようと考えていました。

しかし、リー一家と鉢合わせしてしまい、ヴァンパは夫婦を殺してしまいます。

そんなことを思い出していると、幸男は黒い服の男たちに囲まれます。

ヴァンパのボスであるダニー・ウォン(葉山ヒロ)たちです。

香港のダブロイド紙の記事は、幸男が情報をリークしたのではないかとヴァンパは疑っていました。

そして、香港で牛山が幸男の過去を探っていたことを伝え、すぐに止めるように命じ、「お前の家族も同じ目に逢うぞ」と脅されてしまいます。

幸男は神楽のもとを訪れ「こそこそ嗅ぎ回るのはやめてくれ。」と言いましたが、神楽は「調べられてまずいことでもあるのか?」と挑発します。
幸男は「これ以上、首突っ込むな。これは警告だ。」と言い去って行きました。

神楽はすぐに真海のもとを訪ねました。

国有地を手に入れるため、幸男を失墜させたい神楽に、真海はリー一家失踪事件の捜査資料があり、真犯人に繋がる証拠も見つけたと言います。
その資料を貸してほしいとお願いする神楽に「友人を売るような真似は出来ません。」と真海は断りました。

神楽は会社に戻り、先輩の寺角類(渋川清彦)を呼び出します。

100万円の束を投げ付け、真海低に忍び込み、幸男の過去が分かるファイルの写真を撮って来てくれと頼みます。

寺角が真海低に下見に行くと、安堂完治(葉山奬之)が出てくるところを見てしまいます。

寺角は安堂の後を付けて行きました。

安堂はその後、神楽留美(稲森いずみ)と会い、ホテルでいちゃついていると、闇金の天野(柳俊太郎)から電話があり、借金720万円を催促されます。

その直後、安堂は留美に新しい店舗出店のために800万円必要だと話すのでした。

留美と別れた安堂に、付けて来ていた寺角が接触します。

寺角と安堂は、刑務所で知り合った顔見知りだったのです。

寺角は、一緒に真海低に忍び込もうと誘いますが、安堂は断り、去って行きました。

『壊れていく入間家』

入間家では、出口文矢(尾上寛之)が亡くなったことで、出口と未蘭(岸井ゆきの)が結婚した場合、貞吉(伊武雅刀)の遺産が寄付されるという文面が消されることになり、遺言書の書き換えが行われました。

その直後、守屋信一朗(高杉真宙)が入間家を訪れます。

先日、信一朗と病院で知り合った瑛理奈(山口紗弥加)が、魚の配達を頼んでいたのです。

先日のお礼がしたいと、瑛里奈は信一朗を家に招き入れますが、公平(高橋克典)は突然「すいませんが、帰って頂けませんか?」と言い、信一郎は帰っていきました。

入間は未蘭に対し「もう彼には会うな。どうせ彼は未蘭を受け入れない。パパはお前を気付付けたくないだけだ。」と伝えると、未蘭は家を出て行きました。

未蘭は信一朗が務める市場に行き、先輩社員に信一朗のことを教えてほしいと言います。

信一朗の父親が営んでいた守尾漁業という会社で、ちょっとした事件があったことを知り、社員の一人がククメットのテロ組織のメンバーで、15年前の2003年に逮捕されたという。

そこことが原因で会社の信用がガタ落ちし、父親が亡くなったときに会社も畳んだそうです。

未蘭の頭に過ったのは、家に飾られている、入間の賞状に書かれているククメットという文字でした。

『真実を知ってしまう留美』

安堂は天野たちから取り立てにあっていました。

天野は安堂に対し、臓器売買をほのめかします。

追い詰められた安堂は寺角に連絡し、真海低に忍び込む仕事をしたいと言いました。

真海の別荘では、留美が真海に呼び出されていました。

安堂には、盗みや詐欺の前科があり、闇金の返済をするためにお金を集めていたことがわかったのです。

真海は瑠美に頭を下げ、もしお金を渡していたのなら弁済すると言いましたが、瑠美は断ります。

真海は話を続け、安堂はこの近くの電話ボックスに、生まれたままの赤ちゃんの状態で捨てられていたそうですよ、と切り出したのです。

「それは…いつ?」と驚いた表情をしながら聞く留美。

秘書の土屋慈(三浦誠己)が「1996年の4月15日です。」と答えると、留美の目から涙が溢れました。

安堂は、親の愛情を受けられなかったせいで、道を外れた人間になってしまったことが残念だと語る真海。

留美は「彼はただ、一生懸命生きて来ただけなんだと思います。」と泣きながらも笑顔を浮かべて言いました。

そこまで安堂を思う留美に、現在寺角という人物と行動を共にしていることから、刑務所に戻るのも時間の問題だと、忠告してあげたのです。

留美が帰宅すると、真海は「自分の息子と寝ていたと知って、絶望すると思っていたが、あんなに嬉しそうな顔をするとはな。母親というのは偉大だな。

」と土屋に語りました。

『寺角死す』

真海が別荘から出ていくのを確認した寺角と安堂は、真海低に忍び込みます。

寺角は神楽に頼まれていた書類をすぐに見つけ、撮影をし始め、安堂は金目の物を探していました。

そこに留美が突然現れ、「ダメだよこんなことしちゃ!!」と安堂に言うと、「別に関係ねーだろ!!」と安堂は言い返したのです。

「大丈夫。これからは私が守ってあげる。」と安堂に詰め寄る留美に対し、寺角が後ろから襲い掛かりました。

「この女やっちゃっていいよな?」と寺角は安堂に言い、留美に馬乗りになります。

留美は寺角をはねのけ、顔から血を流しながらも、安堂に「帰ろう!!」と説得します。

困惑する安堂に対し、寺角は再度留美に馬乗りになり、首を絞め始めました。

安堂は寺角を突き飛ばし、もみ合いになる中、安堂は寺角を刺してしまいました。

取り乱す安堂を留美はなだめ、「埋めるのよ。こういうときは埋めればいいのよ。」と2人で山中に運び出します。

山中に穴を掘り、寺角を投げ入れ、土を戻そうとしたとき、誰かが近づいて来たため、留美と安堂はその場から逃げ出します。

そこに真海が現れ、半分埋まりかけの寺角は真海に助けを求めたのです。

「随分虫のいい話ですね?神楽とあんたが、母さんを殺したんだよ!!」と真海が言うと、「誰…?」と聞く寺角に対し、「私は柴門暖だ。」と言い、足で寺角の顔に土をかけました。

「これでまず1人…。」と冷酷の表情で真海は呟きました。

神楽のオフィスに、顔に大きなあざを作った留美が現れます。

「何その顔?」と興味なさそうに言う神楽に対し、留美は「お金頂戴。」と切り出します。

神楽は即答で断ると、留美は「じゃあ、あなたが何度もやってきた木島義国(嶋田久作)先生への賄賂、あれバラす。」と言います。

「お前死ぬぞ。」という神楽に対し、「あなたもね。」と留美は言い、私の顔ちゃんと見てくれたの久々だね、と笑うのでした。

南条家では、幸男とすみれが朝食の準備をしていると、チャイムが鳴り、すみれが玄関へ向かいます。

すると、すみれの悲鳴が聞こえ、家に入って来たのは、ヴァンパの人間たちでした。

『モンテ・クリスト伯』第6話の見逃し動画を無料で見る方法

第6話では、幸男の過去子が明かになり、安堂が実の息子であることに気付いた瑠美の様子が描かれていました。

真海の復習のターゲットを、まず1人葬ることができた、とても重要な回になりました。

そんな第6話を見逃してしまった方に、安全に視聴できる動画サービスを紹介していきます。

Pandora・Dailymotion・miomioでモンテ・クリスト伯6話の閲覧は可能?

ここでは無料で動画視聴ができる非公式サイトを紹介します。

有名なのは、

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

の3つです。

みなさんがよく知っている、YouTubeと同等のサービスを提供しているサイトです。

ですが、上記サイトでは第6話は配信されておらず、視聴が出来ません。

もし視聴することが出来たとしても、デメリットやリスクがありますので注意してください。

例えば、あやしい系の広告が多かったり、読み込みが遅くて止まってしまうこともあります。

一番危ないのは、PCやスマホのウイルス感染です。

ですので、個人的には非公式サイトで動画視聴することはおすすめしません。

次に紹介する公式VODでの視聴を検討してみてください。

『モンテ・クリスト伯』第6話を配信している主要ビデオオンデマンド(VOD)一覧

安全でスムーズに動画視聴がしたい方は、こちらで紹介する公式のVODをチェックしてみてください。

第6話を配信しているVODは下記の通りです。

VOD一覧 配信状況
Hulu ×
U-NEXT ×
ビデオマーケット ×
dTV
auビデオパス ×
FODプレミアム
Amazonプライムビデオ ×
TSUTAYA TV
WOWOW ×

VODですと、高画質・高音質で快適に動画視聴が出来ます。

もちろん、ウイルス感染の心配もないので、個人的にはFODがおすすめです。

圧倒的に配信されている動画が多く、海外ドラマや映画も視聴できますよ。

お試し期間もありますので、ぜひ試してみてください。

『モンテ・クリスト伯』第6話を観た感想

ここでは個人的な感想を紹介します。

幸男のせいでリー夫妻がヴァンパに殺されていましたね。

娘が事件を目撃していますが、ヴァンパたちは「売ったら高くつく」と言っていたので、この娘は殺されずに生きていて、たぶん愛梨だと推測できます。

愛梨は幸男の復讐のために、真海と一緒にいるのでしょうか?

真海に明らか好意を持っていますし、すみれのことで嫉妬もしていました。

愛梨の今後の行動も気になりますね。

死んだと思っていた子供が、生きていた事実を知った時の留美の表情。

自分の息子と寝ていたなんてことはどうでもよくて、ただ生きていたという事実が、母親として嬉しかったんだと思います。

真海が求めていた反応とは違う反応をした留美に対し、あっけにとられた表情をする真海が、少し無様に感じました。

『母は偉大なり』

という言葉がありますが、本当にそうだな、と実感しました。

子供の為なら、母はなんだって出来るんですね。

だから顔をあざだらけにして、何を言われようと、神楽に金をせがむ留美は、なぜか生き生きしていましたね。

そして一番怖いのは、瑛理奈です。

また何かを企んでいる様子ですが、家の中を見て回っていた貞吉は、瑛理奈の狂気に感ずいているようですね。

怒涛に動き出した歯車たちの、今後の展開も楽しみです。

モンテ・クリスト伯・第6話のネットでの反応や評価・評判

第6話では、留美が母親としての脅威の行動に驚く声と、寺角類演じる渋川清彦の演技に絶賛ですね。

それでは実際に見た人の感想をいくつか紹介します。

気になる方は、チェックしてみてくださいね。

https://twitter.com/godaimokyuske/status/1000443881266167808

まとめ

『モンテ・クリスト伯~華麗なる復讐~』第6話のあらすじ&ネタバレ、無料で動画を視聴する方法などを紹介しました。

参考にして頂けましたでしょうか?

第6話での要点は3つです。

  • 幸男のせいでリー夫妻がヴァンパに殺されていた
  • 安堂が実の息子であること知ってしまう留美
  • 留美と安堂の手によって殺される寺角

次に葬られてしまうのは誰なのでしょうか?

今後の展開がますます楽しみです。

ぜひみなさんも動画を視聴してみてください。

モンテ・クリスト伯を視聴できる動画配信サイトを再度チェックしたい方は、以下から戻ることができますよ。

「モンテ・クリスト伯」の配信サービス一覧を見る