ドラマ「花のち晴れ〜花男 Next Season〜」7話のあらすじネタバレ・動画を無料で見る方法

めぐりんの登場で神楽木晴と江戸川音の恋愛模様はますます荒れ模様になってきた、花のち晴れ第7話。

お互いにどこかで惹かれあっているのは視聴者の目には歴然なのに、すれ違いっぷりから目を離せない第7話のあらすじを、見逃してしまった方・もう一度見直したい方向けにお話していきます!

『花のち晴れ』第7話のあらすじ・ネタバレ

前回、音は天馬ときちんと向き合うことを決め神楽木晴はキッパリとふられてしまいます。

そもそも2人の間には何も始まっていなかった、そう音に言われてしまってショックを隠し切れない晴は第7話でどんな行動に出てしまうのでしょうか。

気になる第7話のあらすじをお話していきます!

めぐりんからの秘密のラブレター

音の英徳学園での扱われ方を心配して、音の婚約者馳天馬は、自分が生徒会長を務める桃乃園学園に転入してくるように勧めます。

きちんと天馬と付き合っていくことを決め、天馬の気持ちを嬉しく思うと同時に英徳学園のこと、晴のことが脳裏によぎり複雑な心境でいました。

一方音にふられショックを受けた晴は失意の中、今まで心のよりどころにしてきた開運グッズに当たり散らしているところを執事の小林に見られ、めぐりんの置いて行った、晴を励ますためのジクソーパズルを完成させます。

父のように強く、天馬のように完璧だったら音は自分に振り向いてくれたのではないかと、自信をなくしていた晴は、めぐりんからのメッセージに心を動かされていました。

再び始まる庶民狩り

人気モデルであるめぐりんが英徳学園に入学してきた今、英徳学園には編入希望者が殺到してきていました。

音との出会いで改心し庶民狩りを辞めていたはずの晴でしたが、これを機に英徳学園の品位を高いものへと戻していきたいC(コレクト)5のメンバー平海斗に持ち掛けられまた庶民狩りを再開してしまいます。

今回の庶民狩り対象者は、音の以前の友人半田あさみでした。

涙を浮かべてショックを受けているあさみを見て、音は自分がフッたせいで晴が庶民狩りを再開したのだと思い後を追いかけます。

教室を飛び出した所でC5のメンバー成宮一茶と栄美杉丸に会い、音が責任を感じる必要はないと、そもそもの庶民狩りのきっかけを教えてくれます。

庶民狩りを始めたきっかけ

晴たちが高等部に上がってすぐの頃、学園を仕切っていた森口という男性生徒は英徳学園の品位を落とすような蛮行を繰り返していました。

森口は親が財政界の黒幕だという風に周囲に吹聴していたが、実は去年から学費を滞納している事実を晴たちは知ることになる。

英徳学園に既に相応しくない生徒が英徳学園を仕切るのはお門違い、これい以上学園の品格を落とすのであれば英徳学園から退学するように促し、その後英徳学園は華やかさと活気を取り戻していきました。

森口を追放することで英徳学園が以前のように品位のある学園に戻れたことで、生徒たちも庶民狩りこそが正義であり、これからも晴たちに代表として英徳学園を守っていってほしいと懇願し正式にC5結成となったのです。

一茶と杉丸も、金銭的弱者をただ追放するだけの今のやり方が正解ではないことは分かっていました。

けれどやっとめぐりん転入で活気づいてきた英徳学園の様子は、今までC5が望んできた学園そのものになりつつあります。

この勢いで英徳学園を名実共に昔のように品位ある学園へと立て直したい、晴も海斗もそう願っています。

これまで必死に学園のために奔走してきた晴と海斗のことを見守っていてほしいと音に伝えました。

桃乃園学園生徒会・副会長近衛の過去

桃乃園学園に転校することが決まった音は、天馬に連れられ生徒会メンバーに紹介をしてもらいます。

副会長である近衛は、過去にいじめを受けていて自殺をしようとした所を天馬に救われ、生徒会に入れてもらったことでいじめも止まったと音に語ります。

この上ない位天馬に感謝し、崇拝に近い感情を頂いている近衛は桃乃園学園を英徳学園以上の学校にしたい、だから絶対に天馬を悲しませるような、裏切るようなことはしないで欲しいと音に必死に懇願するのでした。

厳と晴の縮まらない親子の距離

父に認められて食事に誘われたのだと浮かれていた晴でしたが、実はめぐりんの父親とビジネス上で良い関係になるために、めぐみを晴の婚約者にしたいとの意図があるものでした。

父に価値の低い男だと言われ落ち込む晴を見て、憤慨するめぐりんは怒りを見せ晴を連れ出し出ていきます。

父の厳に昔から常で完璧であることを求められ、それ以外の結果を認めてもらえなかった晴は自分に自信を持てずにここまで成長してきてしまったのです。

自分はやはり、どこまでも父には認めてもらえない、そう感じた晴はどんどん落ち込んで姿を消してしまいます。

めぐりんや音が心配して晴を探す中、1人道明寺邸の前に立ち尽くし晴は落ち込んでいました。

音が探し当て、2人で言い争いをしていると道明寺の秘書に招かれます。

中に入ると、以前道明寺邸に来た時に話をしたお手伝い・タマが待っていました。

道明寺が幼い頃から武道大会では負け知らずだったことを知り、晴は自分との元々の出来を比べて余計に落ち込んでいきます。

私たち視聴者も知っていますが、道明寺司は決して完璧な人間だったワケではなくて、赤札を貼って多くの間違いを犯してきたことを晴は秘書さん、タマさんから聞くことになります。

晴の憧れの存在である司でも、色んな間違いの果てに晴の憧れる道明寺司になったのだと知り、晴は少し自信を取り戻し、自分がどうあるべきなのかを考え直すことができたのです。

庶民狩りの廃止を決意した晴

晴が自分らしさを取り戻し始めたことを音は喜び、これから自分らしくいてほしいと音が告げた言葉を胸に晴は翌日庶民狩りの廃止を生徒たちに告げました。

音の以前の友人あさみが、庶民狩りのせいで周囲の生徒たちから嫌がらせを受けようとしたのを、音がとっさに庇おうとし、またその音を晴が庇い、もう庶民狩りなんてしなくても英徳学園の品位は取り戻せると皆の前で話します。

生徒たちの中には理解してくれない人もいましたが、晴は自分のやるべきことを考えて、決意を新たにしたのです。

そしてそんな晴を見て、音は天馬に桃乃園学園には行けないことを天馬に告げるのでした。

『花のち晴れ』第7話の見逃し動画を無料で見る方法

『花のち晴れ』7話は、晴が自分らしさを取り戻すまでの過程を見られる、キーポイントの回です。

父に認めてもらえない悔しさ、今の晴の臆病さを作ってきた理由、そこから脱するための決意、すべてが詰まっていると言ってもいいかもしれません。

『花のち晴れ』の隠れたテーマでもある、自分らしく生きていくことについて大切な回を見逃すわけにはいきませんよね。

DVDをレンタルしたり、再放送を待つ以外に方法はないのでしょうか?

Dailymotion・Pandora・miomioでも閲覧可能?

晴の決意の回である『花のち晴れ』7話は、有名な無料動画配信サイトでは取り扱っているのでしょうか?

過去のドラマの映像も結構見かけるパンドラTV。ただ動画の途中で何度も広告が入るのが少々面倒な動画配信サイトです。

Pandora(パンドラ)

パンドラでは、『花のち晴れ』7話は配信されていません。

特集回などの舞台裏の動画はいくつか見かけましたのでそちらもチェックしたいですね。

国内外問わず多くの動画が配信されているサイトです。

Dailymotion(デイリーモーション)

デイリーモーションでも同じく、『花のち晴れ』7話の配信はありません。

削除されました、との表示が多いので過去にUPされていましたが、既に運営側から削除要請があった可能性が高いです。

miomio(ミオミオ)

ミオミオは、2018年4月頃から公式より、動画配信の取りやめを発表しています。

番組情報の提供は続けるとのことですので、気になる方はチェックしてみて下さいね。

『花のち晴れ』第7話は、無料の動画配信サイトでは見ることが難しいようですね。

TV局側からの規制も年々厳しくなっていますし、ジャニーズのタレントさんが出ている番組は余計に削除対象とされやすいのでやはり無理なのでしょうか。

『花のち晴れ』第7話を配信している主要ビデオオンデマンド(VOD)一覧

TV局が正式に認めている公式のビデオオンデマンドであれば、ウイルス感染の心配もなく安全にそして快適に『花のち晴れ』7話の動画を見ることができます。

VOD一覧 配信状況
Hulu ×
U-NEXT
ビデオマーケット
dTV ×
auビデオパス ×
FODプレミアム ×
Amazonプライムビデオ ×
TSUTAYA TV
WOWOW ×

U=NEXTやビデオマーケット、TSUTAYA TVでは現在、『花のち晴れ』7話を含む全話を配信中。

お試し無料期間もあるので早いうちにご覧になることをおすすめします。

『花のち晴れ』第7話を観た感想

『花のち晴れ』7話は、晴と近衛の過去、登場人物たちの辛い気持ちにあふれた回でしたね。

『花のち晴れ』7話を見ながら怒りに打ち震えていた私の感想を、僭越ながら書かせて頂きます。

とにかくまず、晴の父厳がありえないです。

今子どもを持つ母として言わせて頂くと、完璧じゃない子どもを認めないその発言、大きくなっても晴を苦しめ続ける父の言動、もっと責められてもいいものではないかと思います。

子どもはどうしても親にコントロールされながら生きてしまうものですが、音が7話で言っていたように、一生懸命もがいて、自分の容量以上のことを頑張ろうとしている所が晴のいい所です。

英徳学園で行っていた庶民狩りは、都合の悪いものを排除しようという父の考えをどこがで反映してしまったいたのではと思います。

庶民狩りを止めたことで、晴は同時に父の呪縛から少し逃れる術を知ったのだと思います。

また近衛の過去もなかなか重たいものでしたね。

忠犬のように天馬を慕っているなとは思っていましたが、いじめを救われたのならそれも納得です。

ただ近衛は、もし女性だとしたら間違いなくメンヘラ気質な気がします。これから先音の身に何か起こりそうで、次話も見逃せないですね!

花のち晴れ第7話のネットでの反応や評価・評判

『花のち晴れ』7話は晴が自分自身と戦う大切な回でした。ネットでの評判はどうだったのか、少しピックアップして見てみましょう。

https://twitter.com/GachaKaori/status/1027158655232172032

https://twitter.com/shonyan73/status/1001514390342914049

まとめ

晴が自分らしさとは何なのか、音のおかげでようやく分かり始めた『花のち晴れ』第7話のあらすじ・感想をお話してきましたがいかがでしたでしょうか。

庶民狩りは決して褒められたものではありませんが、晴が自分の中にある弱さを自覚するためには必要だったのかもしれません。

『花より男子』の道明寺司にはなかった、いじらしさが晴にはあります。

自分の弱さと向き合うことが出来るようになった晴が、どんな成長を見せてくれるのか、第8話も見逃せませんね!

7話を見る前に、ぜひこの7話の切なさを動画で確認してくださいね。

「花のち晴れ」の配信サービス一覧を見る