スコティッシュフォールドに最適なキャットフードを選びたいと思っても、どのような商品を選べばいいのか迷っている人もいるはずです。

「うちの猫には良質な食事をして健康に長生きしてもらいたい」
「今のキャットフードが実は体に合っていないのかも…」

と少し不安を感じている方もいるはず。

そこで今回は、猫ちゃんの健康のためのキャットフード選びについてのポイント、特にスコティッシュフォールドの特徴に合ったキャットフードの選び方と厳選商品を解説します。

大切な猫ちゃんといつまでもいっしょにいられるように、ぜひ参考にしてみてください。

スコティッシュフォールドの特徴

スコティッシュフォールドの一番の特徴といえば、あの折れ曲がった耳ですよね。

まさに品種名ともなっているフォールドとは、「折れ曲がっている」という意味です。

また、丸い顔にふっくらとしたほっぺ、大きなまんまるの目と幅広の鼻が愛らしく、その特徴的な見た目も、スコティッシュフォールが人気となっている大きな理由です。

遺伝性疾患が報告されている

一方で、スコティッシュフォールドは骨格に障害が出やすいという遺伝性疾患も多く報告されています。

もともとスコティッシュフォールドは品種としての歴史が浅く、近親交配が多くなされてきました。

そのために『遺伝性骨軟骨異形成』と呼ばれる、軟骨に異常を来す疾患が起こりやすいのです。

品種としての歴史の浅さから、骨以外にも、スコティッシュフォールド特有の疾患が出るリスクは捨てきれません。

飼い主さんとしては、大事な猫ちゃんがそのような疾患で元気をなくしていくのはとてもつらいですよね。

いつまでも健康で、長生きしてほしいと願うのは当然のことです。

そこで、しっかり考えてもらいたいのが、猫ちゃんの体をつくる毎日の食事、つまりキャットフードの選択です。

人間と同じく、日々の食事によって、病気に負けない体を作ることは、スコティッシュフォールドの猫ちゃんにとって、健康維持のための基本なのです。

スコティッシュフォールドに向いているキャットフードの選び方

ここでは、スコティッシュフォールドの特徴を踏まえたキャットフードの選び方についてまとめてみました。

選び方の基準として、まずは次の4つのポイントを押さえておくとよいでしょう。

  1. グルコサミン、コンドロイチンが配合していること
  2. 栄養価の高いたんぱく質が含まれていること
  3. 着色料、保存料が入っていないこと
  4. 低炭水化物食であること

では上記のポイントについて詳しく見ていきましょう。

1. グルコサミン、コンドロイチンが配合していること

猫も人間のように年齢を重ねてくると関節を守っている軟骨成分が減少することで関節痛などを起こしてしまうことがわかっています。

関節は普段はゼリー状の軟骨成分に守られているのでその軟骨組織を増やしてあげるサポート成分としてグルコサミンやコンドロイチンという成分が非常に有効なのです。

サプリメントとして単独で摂取させるよりも、キャットフードにこれらの成分があらかじめ配合されているほうが猫も嫌がりません。

また、ストレスをかけずに与えやすいのでおすすめです。

2. 栄養価の高いたんぱく質が含まれていること

キャットフードを選ぶときに、まず意識しておいてほしいのは、「そもそも猫は肉食動物である」ということです。

もちろん、スコティッシュフォールドの猫ちゃんも肉食の特性をもっています。

たんぱく質は、筋力の維持をするために必要な栄養素です。

スコティッシュフォールドは遺伝性による関節の疾患が心配されますが、関節を保護するためにはまわりの筋力を維持することが有効です。

まわりの筋肉を強くすることで、関節への負担を減らしてあげることができるのです。

また、猫ちゃんにとって「おいしい」と感じてもらうこともキャットフードを選ぶときに必要なポイントです。

猫は味覚だけではなく、嗅覚が食べ物の好みを大きく左右します。

肉食である猫は、ヒトや犬と比較してたんぱく質の摂取を多く必要とするので、たんぱく質が多く含まれている食事を好む傾向にあります。

原材料にこだわった良質なたんぱく質が多く含まれているキャットフードを選ぶとよいでしょう。

3. 着色料、保存料が入っていないこと

着色料や保存料などにも気を配ってください。

市販されているキャットフードやおやつなどの多くには、人工的な添加物が多く使われています。

添加物不使用のものが望ましいのは、ヒトが食べるものと一緒ですね。

歴史の浅い品種スコティッシュフォールドにも、どんな影響が出るかわかりません。

人工的な添加物が使われているキャットフードは避けるようにしましょう。

ただ、天然素材由来の保存料も中にはあり、「保存料」だからダメ、と一口に言えるものではありません。

人工的な添加物は不使用であることを、自信をもって謳っている商品を購入しましょう。

今回、こちらでご紹介するキャットフードは、どれも人工的な添加物は入っていないものばかりですのでご安心ください。

4. 低炭水化物食であること

前にも書きましたが、スコティッシュフォールドは肉食動物です。

ヒトとは違って、炭水化物よりもたんぱく質からエネルギーを摂取します。

スコティッシュフォールドの腸は短いため、小麦など穀物主体の炭水化物は消化するのに体に負担をかけてしまいます。

穀物が入っていたほうがいいんじゃないかと、つい飼い主さんは自分に置き換えて考えてしまいそうですが、スコティッシュフォールドにとって望ましいのは、不要な穀物の入っていないキャットフードなのです。

キャットフードを選ぶときは、

「グレインフリー(穀物不使用)」
「グルテンフリー」
「厳選された穀物のみ」

といった記載があるか、しっかり確認しましょう。

おすすめキャットフード12選

これまではスコティッシュフォールドの特徴や、スコティッシュフォールドに合ったキャットフード選びのポイントについて説明をしてきました。

とはいっても、世の中には数えきれないくらいの種類のキャットフードがあふれています。

今回は、そんな中でも特にスコティッシュフォールドの健康を考えて作られている、評価の高いキャットフードを12個ご紹介します。

1. シンプリー

ポイント
  • 魚を中心とした高品質のたんぱく質が73%
  • グレインフリー(穀物不使用)
  • 保存料、着色料などの健康的でない人工添加物は不使用
  • 標準価格1.5kg当り3,960円(税抜)

動物愛護先進国のイギリスで、動物栄養学者と共同開発されたキャットフードです。

サーモン、にしん、マス、白身魚といった魚を主原料としていて、濃厚なサーモンの香りが好評です。

肉よりも魚のほうを好んで食べるスコティッシュフォールドの猫ちゃんにぴったりです。

2. カナガン

ポイント
  • 新鮮な平飼いのチキンを70%使用
  • グレインフリー(穀物不使用)
  • 人口添加物不使用
  • 標準価格1.5kg当り3,960円(税抜)

「すべて人間が食べられる高品質で新鮮な食材を厳選」というように、安全性への追及が徹底しているキャットフードです。

イギリス産の新鮮な平飼いチキンを60%以上使用。

野菜やハーブも配合されているので、健康的でヘルシーです。

肝臓の働きを活発にしたり、中性脂肪を減らしたりする機能があるタウリンが2,200mg/kg配合されています。

安全性や健康へこだわりたいスコティッシュフォールドの飼い主さんにおすすめです。

3. ファインペッツ

ポイント
  • フランス産「アヒル肉」とオランダ産「ニシン肉」を主原料とする肉類割合が85%
  • 化学合成された酸化防止剤や防腐剤等の添加物など一切不使用
  • 標準価格1.5kg当り3,429円(税抜)

「人間が食べることができるレベル」の原材料しか使用していないというほど、品質にこだわっているキャットフードです。

原料や成分表をわかりやすく公表しているので、安心感があります。

アレルギー性が低いという「アヒル肉」と「ニシン肉」を主な原材料としています。

割合も従来の70%から85%にまで高められ、より肉食の猫ちゃんへの負担が少なくなりました。

消化吸収率が87%と、他社商品と比較して倍以上の数値を出しているので、少量のキャットフードで十分な栄養がとれます。

栄養をたくさんあげたいけど、ちょっと肥満が気になるというスコティッシュフォールドに最適です。

4. アカナ

ポイント
  • 地元産の肉や魚など、こだわりの強い原料を使用。割合は75%。
  • 契約農家からの買い付け、自社工場での加工など、安全性や鮮度などへの徹底したこだわり
  • 標準価格1.8kg当り6,264円(税抜)

契約した生産者の原材料を使っているので品質管理がしやすく、より新鮮な肉や魚を原料とすることができています。

「生物学的に適切」を理念としており、スコティッシュフォールドの体質にも合ったキャットフードです。

アカナは

  • ワイルドプレイリーキャット
  • パシフィカキャット
  • グラスランドキャット

と3種類あるので、スコティッシュフォールドの猫ちゃんそれぞれの好みにあったものを選ぶことができます。

少し値段は高めですが、それだけ食材の安全性や自社製造にこだわっているキャットフードです。

かわいいスコティッシュフォールドの猫ちゃんのため、少しぜいたくなキャットフードで喜ばせてみてはいかがでしょうか。

5. ナチュラルバランス

ポイント
  • 鶏肉を主原料とした良質なたんぱく質
  • グルテンフリー
  • 化学保存剤、化学着色料、化学薬品は一切不使用
  • 標準価格1.0kg当り1,550円(税抜)

ナチュラルバランスのキャットフードは、過剰な塩分摂取に配慮して、魚よりも鶏肉がベースの原料となっています。

尿道の疾患に効果のあるクランベリーが配合されているのもありがたいポイントです。

スコティッシュフォールドの体に有害な原料は使われておらず、穀類は、栄養豊富な玄米のみです。

高たんぱくで安全性にこだわりのあるキャットフードとしては、比較的お手頃な価格となっています。

安心できるキャットフードをあげたいけど、ちょっとお金が心配……。

そんな飼い主さんにはうってつけのキャットフードです。

6. モグニャン

ポイント
  • 白身魚を63%使用
  • グレインフリー
  • 着色料、香料不使用。保存料は、自然由来のミックストコフェロール(ビタミンE)。
  • 標準価格1.5kg当り3,960円(税抜)

低脂肪で高たんぱくな白身の魚がたっぷり63%も使われています。

袋をあけたときのおいしそうな香りがよく、猫ちゃんの食いつきがいいと評判のキャットフードです。

ペット先進国イギリスの中でも、特に安全性が保証されている工場で作られています。

とにかく安全なものを食べさせたいというスコティッシュフォールドの飼い主さんにとっては、品質管理の徹底した工場は大きなポイントですね。

白身魚が好みのスコティッシュフォールドの猫ちゃんにも喜ばれる商品です。

7. ロイヤルカナン

ロイヤルカナン FHN インドア 2Kg 猫用

ロイヤルカナン FHN インドア 2Kg 猫用

2,364円(09/22 14:08時点)
Amazonの情報を掲載しています

ロイヤルカナンのキャットフードでグルコサミンとコンドロイチンが配合されているのはインドア7+高齢猫用と、エイジング12老齢猫用の2種類になります。

どちらも関節が弱ってくる年齢の猫たちの関節を守る成分がバランス良く配合されています。

また低リン、低マグネシウムで腎臓機能の保護の効果もあるのでトータルバランスのとれたシニア猫専用食です。

8. コンボ

国産キャットフードブランドのコンボはさまざまなニーズに応じた成分配合のキャットフードを展開しています。

これらのなかで15歳からのコンボキャットシリーズは猫の大好きな魚フレーバーのドライフードにコンドロイチン、グルコサミンを配合しています。

薄型の形状なのでシニア猫も食べやすく食欲増進に繋がります。

9. ブリスミックス

ブリスミックス 猫用 1kg

ブリスミックス 猫用 1kg

2,138円(09/22 14:08時点)
Amazonの情報を掲載しています

冷凍肉や野菜などを使わず全て冷蔵保存された新鮮な素材のみを使用したドライフードです。

猫の消化機能にストレスを与える肉副産物や人工保存料、着色料、さらにトウモロコシや小麦、大豆などの穀物も不使用なので高齢猫の消化吸収に影響を与える素材を一切使用していないのでいつまでも健康な体づくりができます。

10. キャラットミックス

安心の国産キャットフードのキャラットミックスは猫が大好きなささみ味や、まぐろ味、カツオ味などを原材料にして作られた味わい深いフレーバーのフードです。

関節を守るグルコサミンやβグルカン配合なので関節が気になるシニア猫にも安心して与えられます。

また下部尿路疾患予防にも配慮しています。

11. ファーストメイト

カナダ産の厳選された原材料のみを使用して製造されているプレミアムキャットフードです。

放し飼いの鶏をメインの動物タンパク質としてグルコサミンを配合しています。

さらに猫の胃腸などの消化器官に負担をかける穀物を一切使用していないグレインフリーなので下痢や嘔吐の症状の予防にも役立ちます。

12. アイムス

アイムス (IAMS) 成猫用 インドアキャット チキン 1.5kg

アイムス (IAMS) 成猫用 インドアキャット チキン 1.5kg

1,180円(09/22 14:08時点)
Amazonの情報を掲載しています

7歳以上用腎臓と下部尿路の健康ケアやシニア猫 15歳以上用 健康な長生きのためにチキン味などは、いずれもグルコサミン、コンドロイチンを配合してあります。

高齢猫の関節障害に効果を発揮するこれらの成分を毎日の食事で摂取できるので健康な関節維持に役立ちます。

猫の好きなチキン味や魚味なので食いつきも抜群です。

まとめ

いかがでしたか。

今回は、スコティッシュフォールドの体に合ったキャットフードについてご紹介してきました。

最後にもう一度、スコティッシュフォールドのキャットフードの選び方をおさらいしておくと、

ポイント
  • 栄養価の高いたんぱく質が含まれていること
  • 着色料、保存料が入っていないこと
  • 低炭水化物食であること

の3つのポイントがありました。

「うちの猫にはいつまでも健康で長生きしてもらいたい」
「人工的な添加物の入ったキャットフードは食べさせたくない」

スコティッシュフォールドは遺伝性疾患が多く報告されていますので、日ごろから体の基礎となるキャットフードをしっかりと選び、健康を保つ気配りが大切です。

ずっと元気で健康な猫ちゃんと過ごせるように、おいしくて良質なキャットフードで丈夫な体にしてあげてください。